仮想通貨の調整とは?暴落から免れる方法や損切りタイミングは?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼


【1位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
【2位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。


 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

皆さんは仮想通貨の調整をご存知でしょうか?今回紹介をさせていただくのはそんな仮想通貨の調整と暴落から免れる方法、そして損切りのタイミングについて紹介をさせていただこうと思います。皆さんも今回紹介をさせていただくように調整に飲まれてしまわないようにするための情報を紹介させていただきますので是非最後までご覧ください。

仮想通貨の調整とは?

仮想通貨の調整について紹介をさせていただきますが、仮想通貨というのは買い手と売り手がいて初めて成り立ちます。また上昇している時に下落をすることを調整と呼び、過去のチャートではどれだけの幅で調整が行われているのかということを確認することが出来ます。

「調整」には法則がある!

 

調整には法則があるということを紹介させていただきます。仮想通貨の相場の言葉として「3割押し・5割押し・7割押し・フィボナッチの押し」といった言葉があるわけなんですが「押し」というのは戻りという意味です。

 

つまり、3割押しは3割戻しということです。仮想通貨の価格が100円だとして100%上昇したら200円になります。そこから3割押しをすることで30%分下落するということになります。またこれと同様に5割押し、7割押しというのがあり、仮想通貨は上げ下げを繰り返して、価値を上昇するということがあります。

 

勿論、価値が一気に暴騰して、そのまま上がりきることもありますが、ほとんどの場合は上げ下げを繰り返すということです。

 

またフィボナッチの押しについて紹介をさせていただきますが、フィボナッチというのはイタリアの数学者の名前でもある「レオナルド・フィボナッチ」から取られた名前となっていて、38.2%・50%・61.8%の数字があるわけなんですが、100%上がった後に38%や50%、62%下がることもあるということです。

仮想通貨は調整が必ず起きる

 

仮想通貨は調整が必ず起きるわけなんですが、上昇トレンドに入ることで必ず上昇します。しかし、安い時に仮想通貨を購入している人は売ってしまったりするわけです。

 

そして買い手と売り手がバランスを保ちながら、上昇を下落を繰り返して、徐々に価格が変動していくわけです。仮想通貨では売買が常に行われているため、買いが多ければ上昇して、売りが多ければ価値が下落するということがあります。

仮想通貨の上昇トレンドが大切!

 

仮想通貨にある上昇トレンドというのはとても大切になってきます。上昇トレンドに入ると言うことはそれだけ期待されているということもあり、多くの投資家が上昇トレンド入りしている仮想通貨を買うわけです。

 

そして、その上昇トレンドがどれだけ長く続くかによって勝敗が決まるというのがあります。また仮想通貨取引所内のコメントでも相場が大きく変動することもあり、コメントの真偽が本当になることで上昇を続けたり、大暴落をしたりすることもあります。

暴落から免れる方法とは?

 

暴落から免れる方法について紹介をさせていただきますが、暴落から免れるためには新しい情報を取り入れたり、チャートの動きを予想することが大切です。

 

実際に今年2018年に入り、リップルが大暴騰をした直後に大暴落をしてしまいました。この時には最高価格が400円を超え、そして次の日から大暴落が起きて一週間後には225円、現在では100円まで下がっています。

 

これによって、投資家によっては損切することもできていないことがあるわけなんですが、このような暴落から免れるためには、チャートの動きがどうなっているのかを確かめることが大切で、チャートを見て頂ければわかりますが、同じような動きをしている箇所が何ヵ所かあると思います。

 

そういった箇所に目を付けて、チャートがどのような上がり方をしているのか、どういった時に下がっているのかと言ったことを確かめることが分かりやすいと思います。

 

また仮想通貨は価値が高まっている時に買ってはいけないというのがあります。チャートを見て、絶対にこの価格は超えると絶対的自信があるのであれば買っていいと思いますが、価値が微妙に高まっている時に購入をしてしまうと暴落に巻き込まれる可能性が高いです。そのため、仮想通貨は価値が下がっている時に買って、高まるのを待つということが大切になります。

損切のタイミングとは?

損切のタイミングについて紹介をさせていただきますが、上記でも紹介をさせていただいたように調整というのは必ずあります。そのため、暴落をしてしまったとしても、元々決めていた価格より下がったのであれば損切をするということが大切です。

 

仮想通貨には「支持線と抵抗線」というのがあり、仮想通貨が110円と90円の間でチャートが動いている時に、一番価格が下がっている箇所を何ヵ所か点をして、結んでみると1つの横線ができると思います。

 

その価格よりも多少高く手も良いのですが「最小限の損失である」と言うことが大切になってきます。損切をせずにホールドをすることも良いのですが、今回のリップルの大暴落のように直ぐに損切をせずにホールドすることで、最高価値から300円も暴落してしまい、売ることもできない状態となってしまうことがあります。

 

なので、そうならないために仮想通貨を買った時の価値で損失になったとしても最小限で済ませることが出来るラインを作っておくことが大切になります。そうすることによって、損切りするタイミングを見つけることが出来るといえます。

まとめ

如何でしたでしょうか?今回は仮想通貨の調整について紹介をさせていただきました。今回紹介をさせていただいたように仮想通貨というのは絶対に調整が起きます。そして暴落をすることもあるため気を付けなければいけないということです。そしてその中で今回は暴落から逃れる方法であったり、損切をするタイミングについて紹介をさせていただきました。

 

仮想通貨というのは期待をして、損切をせずに利益になるときまでホールドしておくのも良いのですが、こまめに損切りをして、また価値が上昇している時に売るということも大切になります。なので是非今回紹介をさせていただいたことを参考にしてみてください。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です