仮想通貨の格付けが発表!影響は微々たるものか?注目銘柄は?




皆さんは仮想通貨の格付けが発表されたのをご存知でしょうか?今回はそんな仮想通貨の格付けについて紹介をさせていただこうと思います。今回発表された格付けによる影響はどうなのか、注目銘柄はあるのかといったことについて紹介をさせていただこうと思いますので是非最後までご覧ください。

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼


【1位】Zaif(ザイフ)コインチェックからの乗り換えするならZaif!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)老舗定番の取引所ならこちらです!
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。


 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨の格付けランクとは?

仮想通貨の格付けランクはAからEランクまでの5段階で表示されるようになっています。今回発表された仮想通貨は全74種類となっていて、Aランクは最高であるということです。Eランクは良くないということなんですが、Aランクはありませんでした。

Aランク

なし

Bランク

EOS(EOS)  Ethereum(ETH)

B−ランク

Cardano(ADA)  NEO(NEO)  Steem(STEEM)

C+ランク

Ark(ARK) Bitcoin(BTC) BitShares(BTS)

Byteball Bytes(GBYTE) Decred(DCR)

Dash(DASH) I/O Coin(IOC) Litecoin(LTC)

NEM(XEM)

Cランク

Aeon(AEON) Asch(XAS) BlackCoin(BLK)

Blocknet(BLOCK) Burst(BURST)

Bytecoin(BCN) Counterparty(XCP)

Dogecoin(DOGE) Ethereum Classic(ETC)

Komodo(KMD) Lisk(LTC)

Monero(XMR) NAV Coin(NAV)

Neblio(NEBL) Nexus(NXS)

Nxt(NXT) Peercoin(PPC)

PIVX(PIVX) Qtum(QTUM)

RailBlocks(XRB) Pipple(XRP)

Shift(SHIFT) SmartCash(SMART)

Stellar(XLM) Stratis(STRAT)

Syscoin(SYS) Verge(XVG)

Vertcoin(VTC) Waves(WAVES)

XTRABYTES(XBY) Zcash(ZEC)

ZCoin(XZC) 

C−ランク

Bitcoin Cash(BCH) CloakCoin(CLOAK)

DigiByte(DGB) DigitalNote(XDN)

Electroneum(ETN) Feathercoin(FTC)

Namecoin(NMC) ReddCoin(RDD)

Skycoin(SKY) Ubiq(UBQ)

Viacoin(VIA) WhiteCoin(XWC)

ZenCash(ZEN) 

D+ランク

Auroracoin(AUR) Bitcoin Gold(BTG)

Einsteinium(EMC2) GameCredits(GAME)

Gulden(NLG) Megacoin(MEC)

Metaverse ETP(ETP) Pura(PURA)

Dランク

Expanse(EXP) Matchpool(GUP)

Novacoin(NVC) PotCoin(POT)

Quark(QRK) Rise(RISE) SaluS(SLS)

Eランク

なし

関連記事

仮想通貨を安全に保管する方法は?レッジャーナノSの購入方法や価格は?

本田圭佑が仮想通貨ICOか?本田コインの販売時期や購入方法は?

仮想通貨の格付けの評価基準とは?

格付けの評価基準は4つの構成となっています。

 

1つ目は「リスク」ですが、一定期間の中でどれだけ暴落したか、暴落するリスクがあるのかといったことを予測してランク付けされています。

 

2つ目に「リワード」です。どれだけ注目されていて、価格が継続的に上昇しているのかといったことを元に評価付けされています・

 

3つ目に「テクノロジー」ですが、仮想通貨に求められる技術であったり、匿名性、安全性、そしてブロックチェーンとの互換性を元に評価付けされています。

 

4つ目に「ファンダメンタル」です。ファンダメンタルというのは決済にかかる時間やネットワークの安全性、そして多くの企業でつかわれることが可能かといったことを元に評価されています。

コインチェックから乗り換えるならZaif

格付けによる影響は微々たるものか?

格付けによる影響は微々たるものかと言われると仮想通貨によると言えます。ビットコインはC+ランクと評価されているわけですが、仮想通貨の中で間違いなく一番知られているのがビットコインです。

 

ですが、そんなビットコインでさえC+となっているわけですが、ビットコインは決済にかかる時間や価格が大変動する、そして送金手数料が高いといった問題があります。

 

このような問題というのは仮想通貨に投資している方であればほとんどの方が知っている情報だと思います。つまり、それだけビットコインがC+ランクだとしてもあまり影響がないといえます。

 

しかし、それ以上のランクであるBなどは、それだけ注目されるのでいい意味で影響を与えるのではないかと私は思います。

注目銘柄について

注目銘柄について紹介をさせていただきますが、日本国内でも知られているビットコインやリップルなどの仮想通貨ではなく、まだ知られていないような仮想通貨の中でも私が注目している銘柄を紹介させていただきます。

 

1つ目に「Stellar(XLM)」です。リップルを基盤として作られている仮想通貨で世界的大手企業と提携を結んだこともあり、個人的にも注目をしている銘柄です。

 

2つ目に「Qtum(QTUM)」です。Qtum(QTUM)はビットコインとイーサリアムの良い部分だけが取り入れられている仮想通貨となっていて、高い機能の仮想通貨なので注目の銘柄です。

 

3つ目に今回の格付けには含まれていませんが「VeChain(VEN)」に注目しています。ブランド品と模倣品を判別することが出来る仮想通貨で、ブロックチェーンの技術を駆使しているプラットフォームとなっていて「VeChain(VEN)」のプロジェクトが成功することで、あらゆる面で使われるようになることから注目の銘柄として紹介をさせていただきました。

まとめ

如何でしたでしょうか?今回は仮想通貨の格付けについて紹介をさせていただきました。今回紹介をさせていただいたようにAランクとEランクはなく、完璧な仮想通貨などは存在していないというのがわかったと思います。また影響というのは悪い点では余り与えずに注目されることもあり良い方に影響を与えると思います。

 

また今回紹介をさせていただいたように注目の銘柄はまだ知られていない仮想通貨が多いと思いますが、期待を込めて購入をしてみても良いと思いますので是非参考にしてみてください。




900倍になったMonaCoin
Zaif(ザイフ)

金融庁から正式に業務を認められた安心取引所!注目のMonaやPEPEが取り扱い中!







Risk上場で盛り上がる!
bitFlyer

日本一の仮想通貨取引所!セキュリティ対策もバッチリ!