ICO案件が詐欺の温床になっている?被害状況はいかに?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

仮想通貨がブームになりつつありますね。億り人と呼ばれる人が登場しているなど、相変わらず、にぎやかなニュースが聞かれます。最近、仮想通貨を知るようになった人も多いことでしょう。

 

仮想通貨の投資方法というのはいくつか種類があります。そのひとつとしてICOと呼ばれる投資がります。これは、未上場の仮想通貨を事前に投資できるという案件です。上場すれば何倍にも価値が高まる可能性があります。

 

もちろん、絶対に上がることを保証したものではありませんので、確実性はありませんが、そのリターンの大きさに比べてリスクが小さいために人気がある投資ですね。、、、最近ですが、やっぱりICO案件で詐欺が起きています。


ICO案件で詐欺が起きている?

このICO案件ですが、詐欺行為が乱発しています。かなり被害が出ているので気を付けた方がいいかもしれませんね。その詐欺の方法とは、リアルに存在しているICO案件の名前を出して、集金して、、、ドロン!といった感じです。

 

基本的にはICO案件は、ICOを手掛けている公式ホームページから購入することが多いです。そのため、誰かしらまとめて集金して、後日配布される、、、といった手法はリスクがあるということを理解しておきましょう。

 

ただし、プレプレセールのようなプレセール前のICOや特別なオファーに関しては、胴元が集金して配布するような案件もありますので、一概に詐欺だとは言えません。

 

いま、とても話題になっているICOとしてセントラリティ(センズ)というトークンがあります。6分で着金ベースでハードキャップ(セール上限)の90億円に達した案件があります。これですが、事前に「特別な枠があるから振込んだら確保しとくよ」というオファーが流れていました。

 

・・・・特別な枠なんて結局なかったということなんですが、、、。そのあと、そのグループはどうなったんでしょうか?詳しいこと知っている人はメッセージを頂きたいです!


ICOの名を使って詐欺の温床となっている!

このようなことをする輩に関しては、いつか天罰が下ることは間違いないでしょう。一生そうやった手法でしか稼ぐことができない、クズ以下の存在となるんでしょうね。残念なことに、本当にICO詐欺というか、本来有能なICOの名前を使って詐欺をする人が存在しているために、そのICOの評判が悪くなるということが起きています。

 

その中でも、本当に価値がある仮想通貨を探しだしたときの将来の値上がりは半端ないことになるでしょうね。ICO案件、詐欺ではないか確かめる方法はありません。自分が情報を仕入れている先を信じるか信じないか、その一点に尽きますから。

 

間違ってもTwitterやネット上で広がっているような誰もが知り得る情報で購入するのは危険だと認識した方がいいでしょう。いい情報は、金持ちのところで回っています。そこから、段々と劣化したモノが下へ下へ流れてくるのは確実なことですから。

 

以下にして上流の情報を掴むのか?これけを考えて行動していけばいい情報に辿り着くことでしょう。まあ、でもICO10個に同額を入れ込んだら、勝つことができると思います。それほど、ICO案件の爆発力は大きいですからね!

この記事も読まれています。

酒井公坊PPSのICOクラブ(仮想通貨)評判は?身銭を切って入会してみた!

Amazonがビットコイン決済を導入するのはいつになるのか?

ノアコインが完売!120億円のハードキャップが3分で達成!

おすすめ無料トレードシステム

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16

泉忠司氏がカンボジアツアー?0円から1億円プロジェクトとは?

2019.04.04








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です