ビットコインとは?危険と言われる理由や利便性について調べてみた!









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

今回は「ビットコイン」について紹介をさせて頂きます。最近至るところで仮想通貨として使われている「ビットコイン」ですが、皆さんは利用したことはありますか?危険と言われる理由や利便性について紹介をさせて頂きますので是非ご覧ください。


ビットコインとは?

ビットコインとは簡単に言うと「仮想通貨」です。この「ビットコイン」というのは金融機関などで使われており、最近では「VALU」というアプリなどでも使われています。

 

また「ビットコイン」は現実のお金で使われている「円」や「ドル」などと同じですが唯一違うのがインターネットで使われているということです。現実世界で使われている「円」は「1円」というように表記されたりしますが「ビットコイン」は「1BTC」と数えられます。

 

インターネットで使われていることもあり、現実のお金に換金する時には「ビットコイン」のレートがあるため損失になる可能性もありますが、利益になることの方が多いと言えます。

また「仮想通貨」というのは「ビットコイン」以外にも様々な通貨があり、アプリやサイトなどで使われている「ポイント」なども一種の仮想通貨です。

ビットコインが危険と言われている理由とは?

「ビットコイン」は危険と言われていますが、その理由をご存知でしょうか?まず「危険」だと認知されたのが「マウントゴックス騒動」と言われる事件があったからです。どういったことかというと「マウントゴックス」が「ビットコイン」などを預かっていたのですが消失させてしまい騒動になりました。

 

その時起きた騒動で日本でも周知されるようになり、今現在では仮想通貨である「ビットコイン」を利用する企業などが増加しているということになります。危険性についてですが、上記で紹介した「マウントゴックス騒動」で「ビットコイン消失」となっていますが、実際には盗まれました。

そういったこともありセキュリティに不安が残っていて危険性があります。

 

それ以外にも危険性があります。それが冒頭でも紹介させていただいた「ビットコインのレート幅」の危険性です。これに関しては利益にもなるため一概にも危険性しかないとは言えませんが「ハイリスクハイリターン」であることにはかわりがありません。しかしながら、これかの仮想通貨市場を見ていくと長期的には右肩上がりと言われています。

 

そして、ビットコインは1日に10%以上のレートが変わってしまうこともあり「ビットコイン」などで投資をしている人は一気にレートが上昇してしまったら暴落してしまう可能性もあるので気をつけなければいけません。

 

最後の危険性としては「詐欺」の可能性もあるということです。どういうことかというと、仮想通貨である「ビットコイン」はセキュリティやその他の取引がきちんと出来ていない部分もあるため大手の仮想通貨取引所では取引をしていない場合は詐欺の可能性があるということです。

 

要するにビットコインを持っていた取引所が閉鎖された場合にはどうすることもできないということです。日本では金融庁から正式な許可を取ってあるザイフビットフライヤーで取引することを強くお勧めします。

 

そういった取引が明確にされていないサイトなどを利用してしまったら損失になってしまう可能性があり「危険」だということです。そこさえ気を付ければこれほど便利な通貨はありません。

 

上記が危険性ですが「ハッカー」が「仮想通貨」を狙っていることもありセキュリティがまだ万全ではない企業などが取り扱っている場合は盗まれてしまう可能性があるので気をつけなければいけません。

ビットコインの利便性とは?

ビットコインの利便性についてですが、まず1つ目に「手数料が非常に安く決済が可能」というのが利便性の1番の理由だと言えます。従来の決済では手数料が高いことが多かったのですが「ビットコイン」は独自のネットワーク決済によって手数料が非常に安く済ませることができるということです。

 

2つ目に最近「ビッグカメラ」などで「仮想通貨」での決済を取り入れたことによって、いままでよりも使いやすくなったと言えます。とくに外国人の方はビットコインを持っているため、店舗でも気軽に買い物ができるようになります。

 

3つ目にクレジットカードなどの代わりになるということです。クレジットカードの情報を入力したことによって被害にあっている人も少なくはありません。その被害総額は世界で数億ドルとも言われています。日本円にすると数百億、、、。

 

そういった点では「ビットコイン」は取引相手の「ビットコインアドレス」がわかれば、そこに送金をすることが出来て送金が確認取れ次第、商品が届くというシステムになっているため自分の情報を開示することがなく安心して利用することができるという利便性があります。

 

最後に「ビットコイン」は寄付などにも使用することができて、簡単に使えることもあるため、利便性に優れていると言えます。日本で募金を行っても某〇十字社の場合は、そこから人件費等を差っ引いた金額が寄付されています。その差っ引く人件費必要ですか?

 

たとえば、アフリカに住むある少年が生活が苦しいということをネット上で流したとします。そこにビットコインのウォレットのアドレスがあれば、即座に相手に寄付が直接できるようになります。わざわざ中間マージンを引かれる必要はありません。そんな使い方もできます。

 

こういった利便性が今現在ではありますが、今後は更に利便性が増加して行くことは間違いないでしょう。その理由としては日本で取り入れられている企業などはあまり多くなく、こういった「仮想通貨」を取り入れている企業が増加することによって一般的に使われて行くのは間違いありません。

 

そうなった際に「ビットコイン」の利便性が輝きますし、公共の場で使えるようになるのは便利になることでしょう。これからの普及がとても期待されますね。

おすすめ無料シグナル

泉忠司氏がカンボジアツアー?0円から1億円プロジェクトとは?

2019.04.04

BitHi(ビットハイ)取引所の開設方法は?入出金やトレード方法も!

2019.04.03

ノアシティの場所は?ホライゾンマニラ埋め立て開始?完成はいつになる?

2019.02.19

川越諒太郎(ホワイトハッカー)リブートプロジェクトは詐欺?口コミや評判は?

2019.02.19

暗号資産とは?名称を変更した理由や税制変更の可能性は?

2019.02.17








3 件のコメント

  • […] ビットコインってなに?新しい通貨の概念が登場した? […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です