仮想通貨の今後の展開は?5年後に生き残る銘柄はどれ?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

仮想通貨ってたくさーーーーんの種類があるの知っていますか?どれくらいかといわれていると1500~3000種類とも言われています。・・・・・要は、正確な数値は誰も把握していません。

 

プログラマーであれば、多少の知識を学ぶことで制作できてしまうということです。そのコインが流行るか価値を持つかというのは、全く別次元の問題ですけどね。

 

ということで、仮想通貨の今後の展開を考えてみました!今後といっても5年後に生き残っている銘柄という視点でまとめてみました。僕の思いっきり主観がですのでご参考程度に。


仮想通貨の今後の展開は?5年後に生き残る銘柄はどれ?

5年後ということで近未来!日本は東京オリンピック後に経済が傾きかけていっているころではないでしょうか?会社給料だけでは生きていけない、、、そんな時代になっていることでしょう。そのころには、日本円の現金取引は少なくなり、電子決済が主流となっていると思います。

 

その決済の中でも仮想通貨における割合はとても大きなものとなっているはずです。コンビニにでは、ビットコイン、イーサリアム、リップルなど主要な暗号通貨での決済は当たり前。そんな時代でしょうね。

 

インターネットが世界中で広まったように、それよりも早いスピードで仮想通貨が世界中で使われることは確実視されています。これから世界を変えていくそれは必然だと感じています。

 

という感じで、5年後のTOP5の仮想通貨ランキングを考えてみました!生き残る仮想通貨はなんとなく想像すれば見えてきますね!

5th-ADA(Cardano)

カルダノのADAですが、こちら個人的にもとっても期待してる仮想通貨になります。このカルダノプラットフォームにて開発されていることがすべて搭載された暁には、他の暗号通貨は技術で勝ることは、まず不可能ではないでしょうか?

 

ただし、5年後では、カルダノが高機能すぎてそこまで浸透していない可能性があります。それならイーサリアムで大丈夫だよね。というようなことが起きるなんとなく考えています。ですが、年々価値が高まる期待できる仮想通貨です。

 

10年後とかになると、、、面白いことになっていると僕は考えています。たぶん、1位になるんじゃないかな?ってくらいに期待しています。それこそ、プレ組は最低購入額でも10億円も夢じゃないかもしれませんね!

4th-Bitcoin

ビットコインは、先駆者として生き残る可能性は大いにあるでしょう。なんせ、一番初めに使われて、基軸にもなり、インフラも最初に整ってきた仮想通貨ですから、必要性が高いことは誰もが知ることろです。

 

インフラなどほかの仮想通貨の利便性が上がればビットコインの価値は他と比べるとそれほど上昇しないことが考えられます。ですが、5年後であれば、まだまだ需要がある仮想通貨だということが考えられますね。

3th-Ripple

リップルは、アンチ派も多いですが手堅く生き残っていくことが考えられます。ほかの仮想通貨とはことなり、中央集権に近い形で運用されています。リップル社が管理しているようなイメージです(厳密にいうと違うけど)。

 

そのため、責任の所在がはっきりしているなど、銀行系の手堅い商売ではリップルを導入するなど、リップルベースの仮想通貨を銀行が独自で制作するなど開発が色々と進んでいます。

 

そうなると、5年後であれば十分に生き残ることが考えられますね。銀行が絡んでくるとやっぱり強いですね!スタバでも使用できるようになるとも噂もチラリ。

Second ー Bitcoin Cash

恐らくですが、ビットコインキャッシュは上位に来ます。2,3位に位置するのではないでしょうか?ビットコインのブロックサイズを大きくして処理できる取引を多くしました。ビットコインの送金詰まり、手数料高を解決しているビットコインキャッシュは利用者も魅力的です。

 

ビットコインですが、現状は500~1000円も送金手数料がかかることがあります。一時期3000円とか、、、仮想通貨の利便性が全くないwwwちなみに、ビットコインキャッシュは5円とかで送金できますからね、2018年3月現在ね。

 

ただし、所詮はブロックサイズを大きくしただけのため、将来的に取引が増えていくと、、、、また同じようなことになる可能性があるといえます。が、まあ、5年先であればまだまだ大丈夫といったところでしょう。

First ー Ethereum

これは、誰もが認めるところでしょう。イーサリアムは、今後ビットコインを抜いて1位になると言われている仮想通貨ですから間違いないですね。現状、イーサリアムのスマートコントラクトの機能を利用して決済手段としている企業もう増えているとのこと。

 

それを考えるとイーサリアムが手堅く1位になるとだれもが予想できることではないでしょうか?ADAにもスマートコントラクトがありますが、イーサリアムの方が先にその市場を食いに行っているので先駆者利益がありますから、やっぱり強いですよね。

 

ですが、イーサリアムももっと長い目で見るとその座を明け渡すことは何となくわかります。ADAのような次世代を担う仮想通貨が出てきたときにはスペックが劣っているために切り替えられる場合もありますから。

 

サイドチェーンの開発も進んでいるし、将来的にはイーサリアムがどうにような仕様になるかによってその価値が全く異なるものになると思います。イーサリアムの開発具合もとても気になるニュースではありますね。

さいごに。

このランキングは、僕が妄想したモノなので全くあてにならないと思ってくださいwですが、ここで挙げた暗号通貨はTOP10は確実に5年後もランクインしていることでしょう。

 

ここにNoahCoinがランクインする可能性を個人的には感じています。爆弾ICOでしたからねwセントラリティの上を行ってしまうとは考えられませんでした。

 

日本でもICOが規制されていく話(無許可じゃNG)が出てきているので、海外の有望なICOに投資できなくなるので、今の内がチャンスですね!しっかりと有望株に投資することをおすすめします!

この記事も読まれています。

シータ(Xtheta)取引所にADA上場か?登録方法や取引所の特徴は?

SBIホールディングスがICOを実施を発表!販売時期や購入方法は?

Unizon(暗号通貨)将来性や特徴は?タダでトークが貰える!

おすすめ無料トレードシステム

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16

泉忠司氏がカンボジアツアー?0円から1億円プロジェクトとは?

2019.04.04








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です