ビットコインとは?簡単に説明すると電子マネーとは何が違うの?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

「仮想通貨(ビットコイン)」という言葉を聞く機会も最近増えているのではないでしょうか。2017年は「仮想通貨元年」と言われています。

 

その理由は、2017年4月に「仮想通貨法案」が施行され仮想通貨が、貨幣として認められたからです。こうした流れを受けて、仮想通貨の価格は軒並み上昇。

 

いわば時代のトレンドとなった、仮想通貨の代表格であるビットコインについて本記事ではわかりやすく説明します。そして、多くの人が混乱するビットコインと電子マネーの違いを明らかにしたいと想います。


ビットコインとは?

ビットコインは、「仮想通貨」の1つです。「仮想」の「通貨」という文字通り、お札や小銭とは異なり、実体を持たないお金です。つまり、電子的な存在です。それでは、なぜビットコインは価値を持つのでしょうか?

ビットコインの価値

ビットコインが価値を持つ理由は、信頼によるものです。ビットコインを支えるシステムが堅牢で安全であることが世界中の人々の間で共有されているためビットコインは信頼によって通貨としての価値が生まれます。

ビットコインのシステム

ビットコインを支えるシステムは、どのように開発されたのでしょうか?それは、2008年にサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に公開した論文がきっかけでした。

 

中央サーバに情報を集積する金融機関のシステムとは異なりビットコインのシステムでは、情報が分散して保存されています。このことをP2Pやブロックチェーンと呼びます。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンについて、簡単に説明します。ビットコインの取引データがまとめられるハコのようなものをブロックと呼びます。そして、ブロック同士が鎖状につながっています。

 

それは、過去の取引データの集合体でありすべてのノード(端末)間においてネットワーク状に繋がり共有されています。そして、新しいブロックを古いブロックに繋げる作業をマイニング(採掘)と呼びます。このような仕組みで、ビットコインは運営されています。

ビットコインが普及する理由

ビットコインがどのように普及しているかを二つの視点から考えてみましょう。

 

まずは、「投資」としての役割です。ビットコイン相場の値動きは、ボラティリティ(価格変動)が大きいといえるでしょう。そのため、投機的な目的からビットコインを売買する人が増えています。

 

次に「決済」としての役割です。発展途上国など政府の発行する紙幣への信用が低い国ではビットコインは、安全な通貨として認識されていて決済にビットコインを使うパターンが多いです。

ビットコインと電子マネーの違い

この章では、ビットコインと電子マネーの違いについて説明します。一見、両者は電子的に使われるお金という点で共通しておりその違いを見つけることは難しいです。それを見つけるために、いくつかの観点から両者を比較してみましょう。

ビットコイン 電子マネー
発行元 ×
送金 ×
価格 1BTC=(相場により変動) 1ポイント=1円
投資 ×
換金 手数料なし(取引所による) 手数料なし
使用場所 世界中 日本
保管 ウォレット/携帯端末 カード/携帯端末

発行元

ビットコインには発行元がありません。マイニング(採掘)という作業によって、発掘されます。一方、電子マネーの発行元は各企業です。

送金

ビットコインを使えば個人間でお金のやり取りをすることが可能です。電子マネーでは、特定の誰かに送金をすることは、できません。

価格

ビットコインは、1BTCの価格が相場によって変動します。電子マネーの価格は、チャージ(入金)した金額から増減することはありません。

投資

ビットコインの値段は変動するため投資の対象になります。電子マネーは投資を目的に使われることはありません。

換金

基本的にどちらも、手数料はかかりません。ただ、ビットコインの場合、取引所によって、少額の手数料が発生することがあります。

使用場所

ビットコインは、取り扱いのある店舗では世界中どこでも使用することができます。電子マネーは、日本国内でしか使用されません。

保管場所

両者とも携帯端末に保存できます。そして、ビットコインの場合はウォレットに電子マネーの場合はカードに保管できます。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。本記事では、ビットコインについてわかりやすく説明しました。そして、混同されがちな、ビットコインと電子マネーの違いについて表を用いることで比較し、明らかにしました。

 

これからビットコインを投資・決済の手段として使うことを検討している方はぜひともこちらの記事を参考にしてください。ビットコインを入手するのであれば、安全性が高いビットフライヤーをおすすめします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめ無料トレードシステム

仮想通貨のステーキングにCoboWalletやBinanceウォレットが対応!

2019.08.14

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です