PAI(パイ)コインの最新情報や上場取引所は?特徴や将来性を調査!









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

皆さんは「PAI(パイ)コイン」をご存知でしょうか?今回はPAIコインについて紹介をさせていただこうと思います。皆さんも是非今回紹介をさせていただくようにPAIコインの特徴や最新情報、将来性など様々な事について触れていこうと思いますので是非最後までご覧下さい。


PAI(パイ)コインとは?

PAIコインについて紹介をさせていただこうと思いますが、PAIコインは「プロジェクトPAI」と呼ばれているICOで利用される仮想通貨です。このプロジェクトでは人工知能AIを使ってオンライン上で行動をするデジタルプロファイルから「アバター」を作り出そうとしています。

 

AI技術というのはここ数年間で発展して、私たちの生活でも利用されるようになってきました。また最近では将棋でもAI戦が行われて、日本でも屈指の棋士に勝利したり、自動車でも自動運転技術を取り入れようとしています。それだけではなくAmazonではAI技術を利用して物流システムを効率化させて管理をしているというのがあります。

 

つまりAI技術を使うことによって、自分の思考のように考えて行動をするというのがあります。そういったAI技術を取り込んでいるのが「プロジェクトPAI」となっています。またこのプロジェクトの開発チームというのは全員が自分の化身であるアバターを持ち行動をすることが出来るようにするべきだと考えているわけです。

 

そこで使われるのがPAIコインとなっており、PAIコインの独自のプラットフォームを利用することによって「AI」と「ブロックチェーン」の「共有ブロックチェーンプロトコル」を展開しようとしています。

PAIについて

PAIについて紹介をさせていただきますが、PAIというのは「パーソナルインテリジェンス」の略称とされています。上記で紹介をさせていただいたように自分自身の化身を作り上げることが可能となっています。

 

またAIというのは自動的に学ぶというのがあるため、利用すれば自分自身の思考を理解して行動をするようになります。そのためネットワーク上に自分の分身を置くことが出来るというのがあるわけです。

PAIコインの特徴について

 

PAIコインの特徴について紹介をさせていただきますが、上記で紹介をさせていただいたように「ブロックチェーン」を利用して「AI技術を取り入れたアバター」を作成することが可能というのが特徴としてあります。

 

また「共有ブロックチェーンプロトコル」と紹介をさせていただきましたが「認証」「知能ネットワーク」「データ保存」で構成をされています。この3つで構成をされているプロトコルシステムというのは使用者に対してサービスを提供することが出来ます。

PAIコインプロジェクトの開発チームについて

開発チームというのはアメリカのロサンゼルスに本社をおいている「ObEN.com」のチームがPAIコインプロジェクトのICOをしています。またこの企業というのは「Softbank」や「SMエンターテイメント」などの大手企業による共同出資により創立されています。

 

「ObEN.com」は音声や写真、3Dスキャンや行動データなどを利用してインターネット上でアバターを使用することが可能となっています。

PAIプロジェクトは大注目されている!

 

PAIプロジェクトは大注目されており、現段階でもICOには資金調達はかなり行われています。ICOについて軽く紹介をさせていただきますが、ICOは企業が仮想通貨をブロックチェーンで発行して、投資家にPR活動を行い、投資をしたお金というのが資金となります。

 

またこのPAIプロジェクトは上記で紹介をさせていただいたように既に成功をしている企業というのが新しい事業をしているわけです。だからこそ大注目されているというのがあるわけなんです。

PAIコインの上場取引所とは?

PAIコインの上場取引所は10箇所以上になると見込まれており、現段階では具体的に決まっているのが8社の仮想通貨取引所となっています。最初に上場する仮想通貨取引所が3月27日に予定されており、上場まで直ぐそこまで来ているというのがあります。また下記では上場する仮想通貨取引所について紹介をさせていただきます。

  • okex
  • huobi
  • bitrex
  • upBit
  • Binance
  • coin way
  • coin nest
  • bithumb

以上の仮想通貨取引所が具体的に上場することが決定されています。特に「bitrex」や「Binance」「bithumb」に関しては超大手取引所でもあるため、それだけ価格と言うのは暴騰すると予想されています。

PAIの作り方について

PAIの作り方について紹介をさせていただこうと思いますが、PAIは容姿や声などもアバターとして取り入れるため、スマートフォンで自分自身を撮影、声を録音、そして身分証明書などを写真に取り込み作成をすることが出来るというのがあります。


PAIコインの将来性について

PAIコインの将来性について紹介をさせていただこうと思いますが、この仮想通貨が実装されることによって、疑似のアバターを作り上げることが出来ます。

 

またPAIのブロックチェーンというのは、様々な情報を取り入れるというのがありますので、身体の状態をアバターと同期することで、体調がすぐれない場合に近くの病院や最適な方法などを探し出して教えてくれるシステムを導入することが出来ます。

 

この話を聞くだけでもPAIプロジェクトが実装されることによって、それだけ便利になるというのがわかって頂けると思います。また、このAI技術というのは現在進行形で進化をしているというのがあるわけです。とても近未来的な話で面白いですね。

 

そのため、この先AI技術というのは更に実用化されると思いますし、注目されていくと思います。そういった場合にPAIコインにも自ずと注目というのは集まり、PAIコインのトークンを購入することも多くなると思います。

 

また皆さんも今回紹介をさせていただいているようにPAIコインというのは今までにはなかったジャンルの仮想通貨となります。だからこそ、成功した時にそれだけか価格というのは上昇すると思いますし、仮想通貨も日々進化をしますのでそういった意味でも将来性のある仮想通貨だといえます。

 

それだけではなくPAIのプラットフォームで仮想通貨(トークン)を発行することによってコストというのは安く済ませることが出来ますし、より幅広く使用されることがあります。そういった意味でも企業にとっても、投資家にとっても期待をすることが出来る仮想通貨です。

PAIコインの最新情報

最後にPAIコインの最新情報について紹介をさせていただこうと思います。先日PAIの開発チームが中国の大企業である「Lippoグループ」とパートナー契約を結びました。Lippoグループについて軽く紹介をさせていただきますが、Lippoグループというのは1980年代に設立された企業です。

 

現在では総資産額2兆円(200億ドル)を超えている世界でもトップクラスのグループ企業となっています。またLippoグループは中国や東南アジアなどの病院を運営している医療系の会社となっています。またPAIの開発チームと提携によって更に幅を広げようとしています。

 

つまり、次世代の医療サービスを展開していこうとしているのがPAIプロジェクトとLippoグループだということになります。またPAIコインが上場前に発表されるということは異例でもあります。

 

中国ではICOが規制されているということもありますので、そういった点でも最新情報が入る事によって、それだけ中国の投資家というのは上場したら購入すると思います。なので今後の最新情報に期待をしておきます。

まとめ

如何でしたでしょうか?今回はPAIコインについて紹介をさせていただきました。皆さんも是非今回紹介をさせていただいたようにPAIコインの特徴や将来性、最新情報などを紹介させていただきましたので是非今回紹介させていただくことを参考にしてみてください。

おすすめ無料トレードシステム

仮想通貨のステーキングにCoboWalletやBinanceウォレットが対応!

2019.08.14

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です