仮想通貨のマイニングとは?分かりやすく解説!採掘できる種類は?

おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

皆さんは仮想通貨のマイニングをご存知でしょうか?今回はそんな仮想通貨のマイニングについてわかりやすく解説をしたいと思います。発掘できる仮想通貨の種類についても紹介をさせていただこうと思いますので是非最後までご覧ください。


仮想通貨のマイニングについて

まず最初に仮想通貨のマイニングについて紹介をさせていただこうと思います。仮想通貨のマイニングというのは「採掘」という意味を持っています。つまり仮想通貨を採掘することによって仮想通貨を入手することが出来るというのがあるわけです。

 

このマイニングの仕組みについて紹介します。マイニングとは仮想通貨の取引履歴の記録システムに参加することです。私たちがビットコインを送金したり、受け取ったりできるのは、このマイニングがあるからです。

 

「ビットコイン」や「イーサリアム」などの仮想通貨の取引を演算して暗号化することで安全に使用することができます。これまで、ビットコインはそのデータを改ざんされたことはありません。

 

ハッシュ関数と呼ばれる不可逆性な数値を演算に利用するために、その計算結果を改ざんするのは難しいと言われています。

 

ビットコインなどの仮想通貨は取引をする際に「承認(コンセンサス)」が必要となります。この承認作業を行うことをマイニングといいます。

 

この承認をマイナー(マイニングをする人)が行うことで新しいブロックというのを生成します。そして、その報酬としてビットコインと貰うことができます。

 

ですが、このようなマイニングをするためには「PCを常に起動し続けなければいけない」というのがあります。

 

つまりマイニングをする人が全員プラスになるというわけではなく、電気代よりもプラスでなければ報酬として貰ったとしても結果的にはマイナスになってしまうというのがあります。またビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨というのは発行枚数に上限というのがあります。

 

また仮想通貨の投資をするためには必ずマイニングに参加をしなければいけないということではありません。仮想通貨には「取引所」というのがあり、マイニングなどで資金を調達するのではなく、投資などを行って資金調達をする人にとっては「マイニング」をする必要というのはありません。

マイニングをする理由とは?

マイニングをする理由について紹介をさせていただこうと思いますが、上記で紹介をさせていただいたようにマイニングをする際に仮想通貨というのは発行枚数に上限があるということを紹介させていただきました。

 

ビットコインであれば発行上限が2100万BTCがあるわけなんですが、これら全ての仮想通貨というのが出回っているわけではありません。今ではビットコインというのは仮想通貨をやっている方であれば殆どの方が知っていると思いますし、2017年の10月以降というのは仮想通貨ブームが起き、ビットコインの価格が100万円を超えるということもありました。

 

これによってビットコインなどのマイニングというのも沢山行われ、取引などで使われているというのがあるわけです。ですが、その中でもビットコインの全てが出回っているわけではなくビットコインを報酬として手に入れるチャンスというのもあります。

 

つまり、このような出回っていない仮想通貨を手に入れることが出来るというのがマイニングをする理由としてあるわけなんです。

マイニングをしている人は限られている?

上記でマイニングをする理由について紹介をさせていただきましたが、マイニングをしている人というのは限られているというのがあります。上記で紹介をさせていただきましたが、仮想通貨のマイニングをすることによって仮想通貨を報酬としてもらうことができます。

 

ですが、電気代であったり、PCのスペックによって出来ない人というのもあるため限られているというのがあります。マイニングをしている人というのは「高スペックPCを保有している企業」や「PCに詳しい人」などが行っています。ビットコインに関しては個人レベルでは実質現在マイニングが行えません。

 

そのため、仮想通貨に関してあまり詳しくない人からしてみるとマイニングというのは仮想通貨を保有するためには一般的な入手方法ではないというのがあるわけです。

 

日本国内でも仮想通貨を購入することが出来る仮想通貨取引所というのは存在しているということもあるため、マイニングをするためにはマイニングに対して理解をしておく必要があるということになります。

 

また下記ではそんなマイニングの情報について紹介をさせていただこうと思いますので是非最後までご覧ください。

マイニングの方法について

マイニングの方法について紹介をさせていただこうと思いますが、マイニングというのは3つの方法というのがあるため、1つずつ詳しく紹介をさせていただこうと思います。

ソロマイニング

まず最初に紹介をさせていただくのが「ソロマイニング」について小位階をさせていただこうと思います。これに関しては個人で行うマイニングのことを指しているわけなんですが、ソロマイニングを行うためにはマイニングを行うための「ASIC」と「高スペックPC」を使ってマイニングを行うことが出来るというのがあります。

 

ソロマイニングをやっている人のメリット・デメリットについて紹介をさせていただこうと思いますが、メリットとしては個人でマイニングをすることが出来るということがあるため、目を付けた競合がないようなアルトコインなどをマイニングすることで、後々価格が上昇した時に売る事が出来るということがあるため、黒字にすることが出来るというのがあります。

 

ですが、デメリットというのがあります。デメリットとしてはマイニングをするために個人でやっている人というのは少ないというのがあるわけです。その理由としては上記で紹介させていただいたように電気代に対してマイニングの報酬で得たコインの方が価格が高くなければ赤字になってしまうということがあります。

 

また、それだけではなく個人でやっているということはマイニングに対して知識を持っていなければいけないということもあります。更にマイニングを行った時に将来性のあるアルトコインをマイニングしたとしても結局値上がりせずに赤字になってしまうということもあります。

 

そういったリスクというのもあるため、ソロマイニングというのは非常に難易度が高くやっている人が少ないというのがあります。

クラウドマイニング

2つ目に紹介をさせていただくのが「クラウドマイニング」です。クラウドマイニングというのはマイニングに必要な高性能の機材というのを揃えている企業と契約をして、マイニングを行い報酬を貰うシステムとなっています。

 

またクラウドマイニングをする際に企業と契約を結ぶと言いましたが、企業によって契約内容や期間というのは全て異なっているため、確認をしなければいけないということもあります。また契約を行うことが出来る期間というのもあるため、その期間が過ぎてしまっていると契約をすることが出来ないというのがあります。

 

メリット・デメリットについて紹介をさせていただきますが、メリットとしてはマイニングに必要な機材というのを自分で集める必要がないというのがあります。企業が持っている機材というのを借りるシステムとなっているため契約料を支払うだけで良いというのがあるわけです。

 

また期間によって異なっていますが1年間での契約の場合にマイニングの価格が契約を行った時よりも価格が上昇していることによって利益というのは大きいというのがあるわけです。そして契約で支払った分のお金というのを短期間で回収することが出来るというのもメリットとしてあります。

 

しかしデメリットというのもあり、契約をした時よりも価格が下落しているとその分、損益になってしまうということもあるため注意をしなければいけないというのがあります。

プールマイニング

3つ目に紹介をさせていただくのが「プールマイニング」です。プールマイニングというのは自分が所有しているPCなどをネット経由で提供をすることが出来るというのがあります。そして所有しているPCのスペック次第によって報酬が異なりますが、報酬をもらうことが出来るというのがあるわけです。

 

またプールマイニングには「マイナーゲート」と「ナイスハッシュ」といったような2つの種類があり、マイナーゲートであれば将来が有望な仮想通貨を報酬としてもらうことが出来るというのがあります。

 

一方でナイスハッシュは報酬がビットコインで支払われるというのがあるため、価格というのが変動しにくく安定した報酬をもらうことが出来るというのがあるわけです。

 

プールマイニングのメリット・デメリットについて紹介をさせていただこうと思いますが、メリットとしてはわざわざ機材を揃える必要というのがなく、クラウドマイニングのように契約料を支払って契約をする必要というのがありません。

 

PCを所有していればマイニングに必要なソフトをインストールして、入金に必要なウォレットのアドレスを入力して、簡単に始めることができるというのが最大の魅力でもあり、メリットとしてあるわけです。

 

デメリットとしてはPCによって報酬が異なっているというのがあるため、PCのスペックが低ければそれだけ貰える報酬というのが異なるというのがあるわけです。また電気代よりも利益が少なければそれだけ赤字になってしまうというのがあるため、そういった点でも注意をしなければいけないというのがあるわけです。

マイニングできる種類について

マイニングできる種類について紹介をさせていただこうと思いますが、マイニングをするのであれあればサイトなどを確認することが大切になります。

 

マイニングをすることが出来る仮想通貨というのも異なっているということもありますので、マイニングを行うのであれば「Cryptocurrency Market Capitalizations」を確認することによってマイニングが出来るかどうかということを確認することが出来ます。

 

このサイトのランキングの一番下に行くと「* Not Mineable」というのがあります。これは「流通量」の部分アスタリスクが付いているとマイニングをすることが出来ない仮想通貨であるということがわかります。

 

また「MINER GATE」というソフトをダウンロードしてアカウントを作成することによってマイニングを行うことが出来るというのがあります。このソフトの便利なポイントについて紹介をさせていただこうと思いますが、MINER GATEでは「SMART MINER」をクリックすることによって作業効率の良い仮想通貨を自動的に選んでくれるというのがあるわけです。

 

そしてMINER GATEで行うことが出来るマイニングの種類というのも多く、そういった仮想通貨を自分で選択することが出来るというのがあるわけです。そういった意味でもおすすめなポイントというのがあります。

マイニングに役立つ情報サイトについて

最後に紹介をさせていただくのがマイニングに役立つ情報サイトについて紹介をさせていただこうと思います。

WHAT TO MINE

マイニングに役立つ情報サイトとしては「WHAT TO MINE」というのがあります。これはマイニングを行う際にどれが一番利益を稼ぐ事が出来るというのかをランキングで表示をしてくれます。

Coinwarz

この「Coinwarz」はマイニングのシミュレーションサイトとなっています。シミュレーションを行うことによって利益をどれだけ出すことが出来るというのかを事前に把握することが出来るというのがあるわけです。具体的には紹介をさせていただきませんが、このサイトを使うことによって効率的に稼ぐことが出来るというのがあるため、おすすめなサイトとして紹介をさせていただきました。

まとめ

如何でしたでしょうか?今回は仮想通貨のマイニングについて紹介をさせていただきました。マイニングをすることが出来る方法というのは複数あるわけなんです。今回紹介させていただいたマイニングの手段で出来ると思ったのであれば参加をしてみるのも良いと思います。

 

また役立つ情報サイトというのも紹介をさせていただいたわけですが、今回紹介させていた情報だけではなく、実際に調べながらやってみた方が良いと思いますので是非今回紹介させていただいたことを参考にして頂きながら自分でやってみてください。

 

・・・・ですが、最も稼いでいるのはマイニング機材を生産販売している企業ということは、、、、ここだけの話です(笑)

中国がブロックチェーンを認める!事実上、仮想通貨を認可か?

2019.02.15

有村ノブアキ(わらしべ長者)詐欺?注意点は?評判はいかに?

2019.02.15

仮想通貨バンク(泉忠司案件)運用益は?解約方法や評判は?

2019.02.15

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)仕様変更!使い方は?

2019.02.14

GGT・GGC(仮想通貨)上場取引所は?金本位制で爆上げ?将来性は?

2019.02.13








1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です