仮想通貨を始める前に知っておくべき11のことをまとめてみた!




▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼


【1位】Zaif(ザイフ)コインチェックからの乗り換えするならZaif!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)老舗定番の取引所ならこちらです!
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。


 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

皆さんは仮想通貨をご存知でしょうか?ニュースで見た!友達から聞いた!など、人それぞれ耳にしたところが違うことでしょう。興味をもって仮想通貨ってなに?という人から実際に買ってみようかな!という人が当サイトへいらしていると思います。

 

そこで、今回は仮想通貨で知っておかなければいけない情報について11つポイントを挙げてみました。どれも重要ですが、必要最低限を抑えています。これを知らないのに仮想通貨投資をやるのは危険だと言える情報が沢山ありますので是非最後までご覧ください。

 

無知のまま、何も知らないまま、仮想通貨へ投資を行うのは無謀ですね。賢明な判断ではないので、しっかりと理解して投資することをおすすめします。当サイトが少しでもお役に立てば幸いです。

Contents

そもそも仮想通貨とはなにモノなのか?

まず仮想通貨について紹介をさせていただこうと思いますが、仮想通貨というのはその名の通り「仮想」の通貨となっており実在しません。円、ドル、ユールは実際にお札や貨幣があります。しかい、この仮想通貨にはそういった物体としての価値があるものがありません。しかしながら、世界中で日本円やドルと同じように通貨の一種と認められつつあります。

 

厳密にいうとクリプトカレンシーと英語ではいうのですが、クリプトは暗号という意味です。暗号化された電子通貨と理解しておきましょう。暗号通貨=仮想通貨は同じ通貨だということです。

 

仮想通貨は「データ」の通貨となっているわけですが、なかにはデジタル通貨と呼ぶ人もいるくらいです。その方が想像はしやすいですね。この仮想通貨の特徴はいろいろあるのですが、その中でも「国境」がない通貨ということが言えます。

 

日本では日本円、アメリカではドルといったようなその国によって使える通貨というのは違っています。それぞれの国に行ったらその自国の通貨に両替しなければなりません。この国によって違う通貨、中央集権(日本だと日本銀行)が発行している通貨を「法定通貨(フィアット)」と呼びます。その中央集権が存在しない仮想通貨(クリプト)などは「無国籍通貨」と言っていいでしょう。世界共通で使えるお金ということです。

 

また仮想通貨というのは「ゲーム」などの通貨なども仮想通貨の一種とされています。それ以外にもコンビニなどで使うことが出来る「通貨」などを電子マネーと呼んだりするわけですが、この電子マネーとは違いがあります。

 

違いというのは「電子マネー」などは日本円などと同様に「1ポイント=1円」と言うように価値が固定されています。更に電子マネーにすることで「出金」などをすることが出来ないようになっているようになっています。

 

ですが、仮想通貨というのは1枚のコインに対しての価値が定まっていません。そのため、仮想通貨によって価値というのも違いますし、価格というのも常に変動し続けているというのがあります。要は、日本ドルの為替レートと同じ仕組みでその時の市場の需要と供給で値段が日々変動しています。

 

また、今回紹介させていただくことですが、仮想通貨というのは実際に日本円に両替することができます。皆さんも仮想通貨を知っているのであれば一度は「ビットコイン」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

 

ビットコインは最初に作られた仮想通貨です。皆さんの中には昨年2017年の12月頃に価格が100万円を超え、一時的に200万円を超えた事によってニュースや話題となり、それによって知った方もいらっしゃると思います。「億り人」という言葉もこの時に聞くようになったことでしょう。

 

また、仮想通貨と言う言葉は「コインチェック」で知った方もいらっしゃるのではないでしょうか?コインチェックというのは今年2018年の2月に仮想通貨「NEM」が盗難に遭ったことによって話題になりました。仮想通貨史上、最大級の盗難事件だと言われています。

 

このように様々なニュースによって話題となった仮想通貨ですが、多くの人が「なんだろう?危なそうだな!」と思っていることでしょうね。どうですか?危ないって思いませんか?ですが、本当に危ないのでしょうか?危ないぞ!と言っている人の中で、勉強して「これは危ない!やめておこう!」と考えた人はどれくらいいるでしょうか?

 

仮想通貨について勉強すればするほど、その魅力に気づく人が続出しています。それだけ、将来性がありこれから世の中を変えていく技術だと気づくはずです。世界的にキャッシュレス化が始まっているので、この流れは止まりません。

 

そんなこんなもあり、激動の仮想通貨の市場ですが、ビットコインはパイオニアとして「基軸通貨」となっています。ですが、いろいろと問題は多いと理解しておきましょう。決して危ないモノではありません。しっかりと管理できるかどうか?それだけです。

基軸通貨について理解を深めよう!

今回紹介させて頂くように仮想通貨投資をする上で大切なワードとしてあるのが「基軸通貨」です。基軸通貨というのは「中心的な役割」を果たしている通貨です。つまり、世界中の通貨で言うと米ドルです。

 

仮想通貨の世界であれば「ビットコイン」が基軸通貨にあたるのですが、この基軸通貨というのは仮想通貨投資をする上では大切です。どのように大切なのかということについて紹介をさせて頂きます。最近では「イーサリアム」という仮想通貨がその基軸と取って代わるのではないかと言われています。

 

上記で紹介させていただいたように中心的な役割を果たしている「ビットコイン」。それとは別に「アルトコイン」と呼ばれる2種類に仮想通貨は分かれています。イーサリアムやリップルなどです。アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称のことをいいます。現状はビットコインVSアルトコインという構図になっていますね。

 

現状は、仮想通貨投資を行うときに投資する資金は全て「仮想通貨」で行われます。そのため仮想通貨を保有しておかなければ仮想通貨投資を行うことができないのです。そして、仮想通貨投資を行う際に「ICO」という言葉を耳にすることがあると思います。

 

ただ、ビットコインやイーサリアムを保有しているだけでも、資金が2倍、3倍となる可能性は高いため、日本円から仮想通貨へ両替するだけも投資ということが十分に言えますね。ただ、大きく稼ぎたい人はICOへ参加しています。

 

ICOとはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略称です。「ICO」については後々紹介をさせて頂こうと思いますが、投資を行う際に「基軸通貨」であるビットコイン、次に市場規模が大きいイーサリアムで投資を行っていることが殆どのため、仮想通貨を保有しておく必要があります。

 

逆に大きな利益を出したいと考えている方は「基軸通貨」になり得る「将来性」と「特徴」を持っている仮想通貨を探し出す事が大切になります。ビットコインがこのまま基軸であり続けると考えられてはいません。ですが、パイオニアでもあるので利便性は最もいい仮想通貨になります。そのため需要はまだまだあるでしょう。

ブロックチェーンとは?

仮想通貨には「ブロックチェーン」という技術が使われています。このブロックチェーンについて紹介させていただきます。仮想通貨には、取引を行う際に「送金」を記録する技術が備わっています。

 

そして、ブロックチェーンは「不正」が行われないように「中心」に管理している人がいません。どういったことかというと、例えばビットコインを銀行みたいな組織が管理していたとしましょう。その管理者が悪意を持って改ざんしたらどうでしょうか?その人たちの都合のいいようにビットコインの残高が書き換えられます。

 

それを行われないためにも、みんながみんなで取引を監視するという仕組みをこのブロックチェーンという技術が可能にしたということです。これが本当に革新的な技術として注目されています。その仕組み自体は、ここでは割愛しておきます。

 

現状、世界の通貨、つまりフィアットは中央集権で管理されている。だから通貨は危ない!という思想からブロックチェーンは作られています。管理しているのはビットコインを所有しているひとり、ひとりということです。

 

法定通貨は、政府の好きなように刷り増すことができるため、ハイパーインフレを起こしてお札が紙切れ、、、その心配は仮想通貨にはありません。あらかじめ発行枚数が決まっており、その枚数を変えることは不可能です。

 

また、ビットコインは「ブロック」と呼ばれる取引履歴が格納されたデータが、10分毎に新しく作られるようになっています。それが、繋がりあうこと(チェーンのように)から「ブロックチェーン」と呼ばれています。

 

このブロックチェーンの作られる時間によって「送金時間」や「決済」に関係があります。ビットコインは約10分間かかるのですが、上記で紹介させていただいたコインチェックで盗難にあった「NEM」は約1分間でブロックの作成が完了します。仮想通貨によって、そのスピードや格納できる取引の数が異なります。

 

そして、仮想通貨に存在しているブロックには「サイズ」というのが存在しています。ビットコインの場合はブロックサイズが「1MB」とされています。そこに取引履歴などが詰め込まれるわけです。ですが、その処理が追いつかなくなることがありました。それが、2017年末の爆上げしたときですね。

 

PCや携帯などと同様に容量よりも多いデータが記録されてしまうことによって「詰まってしまう」という現象がおきます。送金されないことはないのですが、平気で数時間、場合によっては数日後に送金完了したという話も聞きます。

 

つまり、送金が遅延する現象が起こってしまう可能性があります。仮想通貨のメリットでもある素早い送金できなくなる事態になりました。それがビットコインの問題でもあります。

 

特に、仮想通貨取引所を利用している方であれば取引所内のウォレットから送金先のウォレットに送るまでの時間がかかってしまうことが多いです。*現状は、セグウィット(取引速度を上げる仕組み)などを実施して速度は上がっています。

ブロックチェーンの特徴について

出典:
http://blog.btrax.com/jp/2017/09/15/affected-by-blockchain/

ブロックチェーンの特徴について紹介させていただきますが、上記で一度紹介させていただいたようにブロックチェーンは「不正が出来ないシステム」となっています。

 

ブロックチェーンで不正をするためには「システム上のデータを全て同タイミングで書き換え」を行わなければいけないということもあり「不可能」とされているからこそ安心することができます。

 

要は、ビットコインを持っている人たちがPCの保存しているビットコインのブロックチェーンを書き換える必要があります。そんなことは不可能だということが容易に想像できますね。

 

ただし、量子コンピューターという神話を脅かす存在がいることも事実です。量子コンピュータにより、ブロックが読み解かれて改ざんされてしまうという人もいますが、そうなる前にビットコインも何かしら対応することでしょう。

 

余談にはなりますが、量子コンピュータ耐性をもった仮想通貨あり、その代表格がADA(Cardano)になります。こちらについては、別記事でも書きまとめましたので興味あれば、見てやってください。

ADA(エイダ)将来性は?チャートやカルダノ最新情報を調査!

仮想通貨取引所について

次に紹介させていただくのが「仮想通貨取引所」について紹介させていただきますが、日本国内でも様々な仮想通貨取引所があります。それこそコインチェックも同様に取引所の1つです。

 

それ以外にも「ビットフライヤー」「ビットバンク」「GMOコイン」「Zaif」など大手取引所があります。このような仮想通貨取引所では取り扱っている「仮想通貨」に違いがあります。

 

日本国内で一番仮想通貨を取り扱っているのが、今回事件を起こした「コインチェック」です。コインチェックでは他の取引所では取り扱っていない有名の仮想通貨などを取り扱っている事もあるため、多くの人が利用しています。

 

ですが、コインチェックの場合「みなし業者」とされています。みなし業者というのは「金融庁」が認めていない仮想通貨取引所のことを指しています。

 

仮想通貨投資を行うためにはこの「仮想通貨取引所」の選び方にも注意をしなければいけないといえます。*マネックス証券が買収して、経営改善を行い登録業者になる見込みです。

仮想通貨取引所を選ぶポイントについて

仮想通貨取引所を選ぶポイントについて紹介させていただきますが、個人的にもおすすめなのが「ビットフライヤー」です。

 

ビットフライヤーは取引量が多く、仮想通貨投資を始めようと考えている方はビットフライヤーの口座開設は行っておくべきだといえます。日本だけでなくアメリカでも事業を行っているため安心感は強いですね。

 

また、仮想通貨投資を既に行っている方は日本国内だけではなく、海外の仮想通貨取引所に目を向けてみるのも良いといえます。つまり選ぶポイントとしては「仮想通貨投資を行うレベル」によって変えるべきだといえます。

 

慣れている方は海外の仮想通貨取引所でも問題はないといえますが、初心者の方であれば取引量の多いビットフライヤーがおすすめですので是非参考にしてみてください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

仮想通貨のメリットとは?

仮想通貨が持っているメリット・デメリットについて紹介させていただこうと思います。仮想通貨にはメリットが沢山あるわけですが、知っておかなければいけないデメリットというのもあります。まだまだ、これからの技術だということです。ここでは、まず仮想通貨のメリットから見ていきましょう。

 

仮想通貨のメリットについて紹介させていただきますが、仮想通貨のメリットは5つあります。他にもいろいろありますが、ここでは代表的な5つのメリットを挙げます。

送金や決済の手数料が安い

仮想通貨は今回紹介させて頂いているように現実世界には存在していない仮想の通貨です。そしてこの通貨はインターネット上で送金・決済することが出来るというのがあります。

 

また、仮想通貨には上記で紹介させていただいたようにビットコインやイーサリアムなど様々な仮想通貨がありますが、このような仮想通貨でも価値というのが定まっていないこともあるため、ビットコインやイーサリアムといったように有名で価値が高い通貨であれば、決済に使える範囲も広いです。

 

特に最近ではビックカメラやAmazonなど様々な企業で決済することが可能になったり、今後そうなるという企業が増加しています。そういった点でも仮想通貨の需要が高くなっており、送金や決済の手数料が安いというのはメリットだといえます。

 

ビットコインの場合は、渋滞が起きたときは一時1000円以上もかかりましたが、通常であれば数円~数十円で送金ができます。イーサリアムは、ビットコインよりも早く安くできますね。

匿名での送金が可能

仮想通貨のメリットとしてあげられるのが、お互いの個人情報を出さなくてもQRコードで読み取ってもらうだけで送金することが出来たり、送金してもらうことが出来るというのがあります。

 

また上記で紹介させていただいたように日本国内だけではなく、海外でも手数料が変わらないということもありますので、そういった点でもメリットがあります。

仮想通貨投資に向いている

皆さんも今回紹介させていただくように仮想通貨投資をやる上で知っておくべき重要な情報というのを知りたくてみていると思います。

 

その中で仮想通貨というのは常に価格が変動しています。そのため、購入した価格よりも高くなることというのは日常茶飯事ということです。またビットコインで実例を挙げさせていただいたように12月には100万円を超え、一時的に200万円を超えました。

 

現在では70万円弱となっていますが、100万円を超える以前というのは今の価格と同じように60万円から80万円の間を行き来していたわけです。そのため、その価格で購入をして、保有しておくことによって、価格が暴騰した時に売却することによって、利益を出す事が出来るということになります。

 

またこのような価格変動の仕方というのは仮想通貨以外ではありません。株式投資であったり、FXをやっている方というのは似たようなものがあると思っているかもしれませんが、仮想通貨というのはこのように価格変動が常に起こっている事もあるため、どのタイミングで売却すればいいのか感覚をつかみにくいという事があります。

 

ですが、このように価格変動が起きやすいというのは仮想通貨投資に向いているということもありますので、そういった意味でもメリットがあります。

投資金額が「少額」でも大きなリターンがある

仮想通貨は24時間365日投資することが可能となっているわけですが、1万円以上の高額な投資からではなく1000円からでも投資することが可能となっています。ICOに参加すると数十倍になることもあります。別に珍しいことでもありませんね。

 

ただし、最近は本当に詐欺まがいな案件も増えてきて、被害を受けている人も多いようです。このあたりは法設備が追いついて来たら、詐欺は少なくなることでしょうが、それほど法が整ってしまうと大きなリターンも得られることはできないでしょう。

 

現状は、先駆者利益があるために大きく稼げています。詐欺かどうかの判断基準を僕なりに考えてみましたので、ご参考までにこちらの記事にて。

仮想通貨とは?詐欺が横行している!詐欺と見分ける4つのポイントは?

仮想通貨は「インフレ」に対応することが可能

インフレになることによって暴落が起きる可能性というのがありますが、仮想通貨というのはそういった定義がありません。つまり仮想通貨というのは、フィアットが暴落したとしても、価値が落ちずインフレに対応することが可能です。

 

近年では、キプロスという国がインフレを起こし、それが飛び火してギリシャも通貨危機になりましたね。次はスペインと言われていますが、自国の通貨が一瞬にして紙くずとなることが起きえます。日本も他人事とは言えない状態ですね。国の借金が莫大にあります。

 

日本国民の預貯金が負債よりも金額が多きために、まだ保たれていると言われています。が、それが逆転したときにどのような現象が起きるか誰も予想すらできないですね。預金封鎖も起こりえますから。過去に日本は何度か預金封鎖を行っている実績がありますからね。

 

それを考えたら、仮想通貨は全く関係ないところで価値を保存できる手段として、賢い人であればそちらにも資産を動かすことでしょう。これから大手の財閥、企業がどんどん参入することは目に見えていますので、早めのご参加おすすめします。

仮想通貨のデメリットとは?

いいことばかりなのか?というと実はそうでもありません。ここからは、仮想通貨のデメリットについて紹介します。技術的にはつい最近出てきたものなので、まだまだ未熟な部分があることを理解しておきましょう。

 

仮想通貨に新規参戦する人には良いところばかりが見えているかもしれませんが、デメリットもあるのでしっかりと理解してくださいね。

仮想通貨は価格変動が起きやすい

仮想通貨は市場がまだまだ未熟です。そうすると大幅に値が暴落する可能性があります。つまり、仮想通貨投資をしたとしても大損する可能性もあります。

 

2017年末~2018年始頃にビットコインは1BTCが220万円になりました。市場規模も90兆円ほどになっていましたね。ですが、ここから1ヶ月もしない内に1BTCが一時60万円になった瞬間もあります。

 

ですが、仮想通貨というのはいくら暴落したとしても売却するまで損失にならないため、価格が購入した価格よりも高くなった段階で売ることによって利益になります。下手に売らないことが大切ですね。

 

ですが、今回紹介させて頂いているようにビットコインを100万円を超えている段階で購入をした人は暴落によって損益を含んでいると思います。その時に大切なのが「損切」になります。損切をするタイミングを外してしまうと暴落が止まらず、現在の価格である70万円から100万円に戻るまでの30万円を待ち続けなければいけません。

 

ですが、100万円に戻るまでにかなりの時間が掛かってしまうこともあるため、大切になるのがタイミングになります。

仮想通貨というのは国で保証されていない

仮想通貨がどれだけ暴落したとしても自己責任になります。為替でもそうですよね。すべては自己責任でトレードなりICOへ投資など行わなければなりません。

 

仮想通貨によっては詐欺通貨と呼ばれているコインもあります。このような詐欺通貨に引っかかる投資家というのも少なくはないのですが、詐欺にあったとしても自己責任になるため、仮想通貨投資をする方にとってはデメリットになります。

「取引」はキャンセルすることが不可能

仮想通貨の場合、決済や取引などが終わった後にキャンセルをして返金をしてもらうことが出来ず、送金をする際に間違ってしまったとしても戻すことができません。

 

つまり、銀行のように後から送金をキャンセルすることができないということです。そのため、間違わないように送金のアドレスを記入する必要があります。

 

また、送金手数料を決めることができる場合がありますが、安すぎるといつまで経っても送金されない場合もあります。どこかのタイミングで行われますが、それが今日なのか明日なのか不透明になることも。ですが、その取引をキャンセルすることができないのです。

匿名性で強いため詐欺などの犯罪に遭いやすい

上記で紹介させていただいたように詐欺通貨というのもあるわけですが、それ以外にも仮想通貨と使った犯罪というのは多々存在しています。このような犯罪に巻き込まれるのはデメリットとしてあります。

 

まだまだ、法律が整備されていないために詐欺師の温床となっている部分は確かにあります。ですが、そんな時だからこそ、そのリターンは大きいというこは誰もが知るところではないでしょうか?

暗号通貨が盗まれる可能性がある

「仮想通貨取引所で盗難に遭う」可能性というのがあります。先ほど言いましたが、仮想通貨取引所であるコインチェックはNEMが盗難に遭いました。

 

そのため、保障としてNEMが戻ってきたとしても購入した価格より下がってしまい、強制的に売却されることもあります。そういった点ではデメリットとしてありますし、コインチェックでは保障がありましたが、他の仮想通貨取引所では保障がないケースもあります。

 

そのため、自分が保有する顔す通貨をパソコンやスマホのセキュルティの高いウォレットで保管することが大切になります。もう一度いいます。セキュリティを高めて保管するのであれば、各種ウォレットにて保管することをおすすめします。

 

さらにセキュリティ面を強固にしたいのであれば、ハードウォレットという手があります。こちらは、物理的に仮想通貨をオフラインにて管理するということです。詳細は、こちらの記事からご確認ください。

仮想通貨を安全に保管する方法は?レッジャーナノSの購入方法や価格は?

価格変動が起きやすい理由について

価格変動が起きやすい理由は一体なんなんでしょうか?どうして仮想通貨は価格変動が常に起きているのでしょうか?その理由としては「需要」と「供給」が関係しています。

 

仮想通貨は管理している人というのが存在していません。そのため、欲しい人が多ければ高くなり、必要なくなり売る人が増えれば価格は下がります。

 

カンタンですね。キャベツが豊作になると値段はどうなりますか?下がりますよね。逆にキャベツが凶作であれば、どうなりますか?高くなりますよね。つまり需要と供給のバランス、市場で金額が決まっています。

 

発行枚数に対して、需要が高ければ、それだけ購入する人も増加するといえます。ですが、保有している枚数が増加することによって1枚に対してのレア度というのは高くなるわけです。

 

ビットコインを例に出させて紹介させていただきますが、ビットコインを保有している人が多く、購入したい人が多いのであれば価格は高くなります。

 

一方で売却したい人が多ければ、価格というのは下がってしまうわけです。そこでビットコインは通貨としての特徴が高く、将来性もあるので保有している人も多く価格というのは高いわけです。

仮想通貨投資について

仮想通貨投資について見ていきます。仮想通貨というのは「投資」をすることによって儲けることができます。それもかなり大きく稼ぐことができます。

 

稼ぐ方法には大きく分けて3つありますが、現実的なのは2つになりますね。それは「売買」をすること、つまりトレードによって利益を出す方法と、投資をすることによって利益を出す方法の2種類があります。

 

そして冒頭に紹介させていただいたように仮想通貨投資には「ICO」というのがあり、このICOについて解説していきます。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは?

ICOについて紹介させていただきますが、ICOというのは「Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)」の略称です。簡単に言ってしまうと仮想通貨を使って資金調達することが可能なシステムだということになります。

 

ICOというのは企業がブロックチェーンを使ってトークンと呼ばれている仮想通貨を発行して、そのトークンを投資家に購入してもらうことによって資金調達することが可能となっています。

 

このトークンは1枚に対して10円にも満たない程安い通貨ですが、上場することによって価格が上昇するので、投資家によって将来性や特徴があることによって投資する価値というのがあります。

 

また、ICOをしている企業というのは事業展開のためにICOをして資金調達することを目的としていたり、資金調達して上場せずに逃亡する企業などもあります。

 

またICOというのは企業だけではなく個人もすることが可能となっており、海外ではICO詐欺なども多発しています。そしてICOの9割は失敗・詐欺ICOと言われているほど投資家にとってリスクがあります。

 

ですが、今では有名なイーサリアムもICOによって作られた仮想通貨となっています。そのため投資家の皆さんにとって大切なこととしては「仮想通貨の将来性」を見極めることです。

 

ICOに関しては、投資したからといってスグに仮想通貨が配布されるワケではありません。基本的には、これから開発していく、もしくは開発中なので投資してください。というオファーだと理解しておきましょう。

 

そのため、思ったように事業が進まずに終了するような案件もたくさんあります。開発が進んでマーケットへ上場したけど、そのあとの流行らすマーケティングが下手くそで値段が地を這うことも良くある話です。

ICOの投資家のメリットについて

ICOの投資家のメリットについて紹介させていただこうと思いますが、ICOをした企業のトークンを通貨として使用することが出来ます。つまり、企業が事業として展開したサービスに保有しているトークンを使用することが出来るというのがメリットとしてあります。

 

また、それ以外にも上記で紹介させていただいたように事業が成功して上場することによって保有しているトークンは大きな利益になり得るといえます。「なり得る」というような言い方をした理由としては上場したとしても価格が上昇しないこともあります。そのため、必ずしもそうではないといえますが、可能性は高いといえます。

 

そして、トークンによっては保有しているだけでサービスを受けることが出来ることもあります。投資したことによって企業の製品を購入することが出来たり、サービスを受けることが出来るというのは大きなメリットですね。

 

ちなみに仮想通貨時価総額ランキング2位のイーサリアムですが、ICO開始時は1イーサリアムあたり25円でした。それが今ではこんな金額になっています。

ICOの投資家のデメリットについて

ICOの投資家のデメリットについても見てみましょう。先ほどからも言及していますが、詐欺ICOがあるため投資した資金だけ持ち逃げされる可能性があります。ICOによっては必ず成功するから投資をしたほうが良いと言われることがありますが、まず詐欺と疑うべきです。

 

絶対に成功することなどありませんので、インターネット上の情報だけではなく、自分自身が調べて信頼することが出来るのであれば投資をすることが大切になります。また詐欺ICOでなかったとしてもプロジェクトが中断されてしまうことがあります。

 

いくらプロジェクトが中断されたとしても投資した資金というのは帰ってくることがありません。そして投資は全て「仮想通貨」のみとなっています。そのため、ビットコインやイーサリアムなどの基軸通貨のウォレットから投資をしたとしても返ってくることはないでしょう。

 

つまり、何も保証されない完全自己責任。これが理解できないようであればICOに参加することはおすすめしません。

 

ICOというのは絶対的に信頼することができる情報を得ることが難しいとされています。ICOにはホワイトペーパーと呼ばれているプロジェクトの目的が記載されている紙があります。このホワイトペーパーを見て、曖昧な情報しか記載されていなければ詐欺ICOである可能性というのがあるわけです。

 

ですがホワイトペーパーは、目的が書かれているだけであって、実際に違った資金の使い方がされたとしても文句を言うことができません。株式の場合は「株主」がいるように文句を言ったり、意見することが出来ますが、ICOは意見することもできません。

 

最後のデメリットとして挙げられるのが「資金」が目標金額に達していなければプロジェクトが開始されないこともあります。つまり、10億円の資金が必要だとして9億円しか集まらなかった場合には投資家にお金が戻されることがない場合もあります。大抵は戻ってきませんね。

 

企業のICOによっては目標金額に達しなかった時点で自動的に返金されるシステムを導入していることもありますが、全てのICOがそういったわけではありませんのでデメリットとして存在しています。また合わせて仮想通貨投資のリスクと対処法について紹介させて頂こうと思います。

仮想通貨投資のリスクと対処法について

仮想通貨投資のリスクと対処法について見ていきます。上記で投資家のデメリットについて紹介させていただいた内容なども含まれていますが、それ以外にもリスクというのがあります。

 

そのリスクについて十分に理解をしておく必要というのがありますのでそのことについて紹介させていただこうと思います。

資産を全て失ってしまう可能性がある

まず仮想通貨の投資というのは資産を全て失ってしまう可能性というのがあります。仮想通貨に資産をつぎ込んでしまい、盗難や詐欺にあってしまった方も少なくはありません。資産を全て失ってしまった方の中には「自殺」をしてしまった方というのもいます。

 

そのように投資をすること自体にリスクというのがあります。そのため、そういったリスクというのを十分に理解しておく必要というのがあります。あくまでも、余剰資金で行いましょう。

ハッキングの脅威

ハッキングによる脅威というのがあります。仮想通貨取引所にハッキングさせることによって、盗難にあう可能性がありますが、仮想通貨取引所に口座を作っている方はメールアドレスとパスワードのみでログインをしていると思います。

 

ですが、これだけだとアカウント自体を盗まれてしまう可能性というのがあるわけです。また、二段階認証などもありますが、ハッカーにとって容易く入り込むことも可能となっていることもありますので十分にリスクがあります。

 

対処法としてはビットコインを始めとした仮想通貨には「ハードウェアウォレット」と呼ばれている仮想通貨の保管場所があります

 

ハードウェアウォレットの場合はオンライン上に仮想通貨をおいているのではなくオフライン上にあるため、仮想通貨を盗まれる可能性というのが限りなく低いです。

 

ですが、ハードウェアウォレットによるリスクというのがあります。そのリスクとして挙げられるのがハードウェアウォレットは現実の物として存在しています。そのため、破損や紛失によって仮想通貨が取り出せなくなってしまったりすることもあります。

 

またハードウェアウォレットに保管をしておくのであれば、安全に保管することが出来る場所に保管しておく必要というのがあります。勿論その際に秘密鍵なども一緒に保管しておくことが大切になります。

フィッシング詐欺

次にあり得るのは、フィッシング詐欺のリスクです。これは詐欺師が似たサイトを作ることによって、アカウントにログインする際にログインIDとパスワードを入力することによってアカウントを盗まれるリスクです。

 

そんな詐欺に引っかかるわけないと思っている方も多いと思いますが、このような詐欺に引っかかっている人は少なくはないため十分に注意をしなければいけないというのがあります。

 

またフィッシング詐欺の場合は一度ログインIDやパスワードを入力してしまうと相手に情報が漏れてしまっているので気付くまでの間に盗まれてしまっている事もあります。ハッキングとは違い、個人を狙った詐欺ですのでなおさら注意をしなければいけません。

 

また対処法としては「二段階認証」や「サイトをブックマークしておく」と言ったことがあります。二段階認証が面倒だと思っている方もいらっしゃると思いますが、仮想通貨は資産です。

 

資産を容易く盗まれてしまう可能性がありますので、そういった事をしておくことによって出来るだけ盗まれないようにすることがことます。盗まれたとしても自己責任となってしまうこともありますのでそういった点でも気を付ける必要があります。

 

フィッシング詐欺に関しては、PCのウイルス対策ソフトを導入すれば、その脅威は格段に低くなることでしょう。僕は、「カスペルスキー セキュリティ」という老舗ソフトを利用しています。

24時間価格変動による損失がある

仮想通貨は24時間365日価格が変動し続けています。株は時間が決まっています。為替に関しては、土日は基本的に市場が閉まっています。そのため、仮想通貨の投資の場合は、24時間どんな市場の動きをするのか分かりません。

 

中には寝る間も惜しんでトレードしている人がいるようですね。そんな生活をしている事によって身体に負担がかかりますし、中にはそのような生活をすることができない人が殆どでしょう。

 

値動きが小さければあまり気にならないのですが、仮想通貨の場合は数時間で10万円以上変動してしまうことも少なくはありません。そういった点でもリスクが高いのが仮想通貨投資です。

 

このような価格変動による損失というのは少なくはありません。そういった時の対処法としては「分散投資」です。今回紹介させて頂いているビットコインにだけ投資をしている方というのは暴落したことによって損失をした方もいらっしゃると思います。

 

ですが、それ以外にも様々な仮想通貨というのがありますので、そのような仮想通貨に投資をしている方というのは一方が下がったとしても一方が高くなっていることによって利益を出すことができるわけです。

 

また分散投資の場合は片方が損失を出していたとしても売却するまでは損失と確定するわけではないため、もう片方の投資に利益が出ていることによってプラスになります。

 

そのため将来性のある仮想通貨に投資をするのであれば分散投資の方が利益を出すことが出来るのでおすすめな対処法です。

 

とは言いたいですが、現状の市場はビットコインの根の変動に比例して動くことが大半です。仮想通貨の基軸が揺れると周りのアルトコインたちも軒並み揺れ動きます。

 

そういったときには、テザーといわれる仮想通貨へ両替しておくことおすすめします。ドル=1テザーというほぼ固定レートのため、ビットコインなどが値下がる前に変えておけば、価値がそのままの状態で保てます。

 

ということは、ビットコインの根が下がれば、たくさん値下がる前と比べて買えてしまう!ということになりますね。このように下落から逃げる方法もうあるので、暴落を過敏に感じなくてもいいでしょう。

詐欺コイン・詐欺ICOのリスク

これまで散々言及した詐欺コインや詐欺ICOによるリスクというのがあります。これは仮想通貨に投資をしている方というのは絶対にまとわりつくリスクです。

 

詐欺コインというのは実際には存在していない仮想通貨、もしくは嘘の情報で塗り固められた仮想通貨というのがあります。このような仮想通貨に投資をしている方もいるというのがあります。

 

詐欺ICOの場合は上記で紹介させていただいたようにホワイトペーパーの信頼性によって注意をする必要というのがあります。

 

ですが、投資家にとって利益が出る!といったような内容が多く書いていることによって簡単に投資をしてしまって詐欺に遭っているというのが現実としてあります。

 

ホワイトペーパーがあるから安心!というワケではなりませんからね。そこのところを勘違いしている人がたまにいるので。ホワイトペーパーはあくまで事業計画書ですから。事業がそのようにならないことも多々あります。

 

ホワイトペーパーには目的を書いていたりするのですが、何を書いても良いということもありますので投資家の皆さんはその情報が正しいのかということをきちんと把握しておく必要というのがあります。

 

ホワイトペーパーに書かれている情報がどれだけ良かったとしても実際にそうならなければ上場するわけもなく意味もありません。

 

対処法としては「関わっている人物」に注目をすることが大切になります。仮想通貨のICOというのは関わっている人物によって有望性というのが変わってきます。例えば成功している事業の人物が新しい事業をしようとしているというのであれば信頼性がありますよね。

 

このようにどのような実績を持っている人物が関わっていて、その仮想通貨にはどのような将来性があるのかをきちんと調べることが大切になります。またインターネットの情報だけに流されないようにしてください。

 

仮想通貨によっては検索してみると「○○ 詐欺」と出てくる事があります。ですが、実際には詐欺コインではないことも多々あります。そのような情報に流されずに自分で調べることが最大の対処法になります。

 

またそれ以外にも仮想通貨の内容が理解できないのであれば投資することはやめておいた方が良いです。仮想通貨によってはこのようなことが出来る!と書かれている事があります。

 

しかしながら、どのようなことが出来るのかわからず、他の人が期待しているから投資をしようと思うような気持ちで投資をしてしまうと危険だといえます。

 

仮想通貨というのは一般人に使われるからこそ需要が高くなるといえます。そのため、自分自身が理解できない仮想通貨というのは普及するわけもありません。自分が理解出来てこそ、それだけその仮想通貨に価値があるのかが初めてわかると思います。

 

またホワイトペーパーに記載されている情報が日本語で書かれていたとして理解することができないのであれば、企業のプレゼンが下手だと言うことです。知ってもらって、伝わることに意味がありますから。

 

プレゼンが下手であることによって、どれだけ優れていたとしても仮想通貨の価値というのは高くなりにくいということもあります。そういった点でも投資する必要はありません。

仮想通貨の投資で出た利益や税金について

「仮想通貨の投資で出た利益」については、確実に抑えておきましょう!今年2018年の2月頃から確定申告が行われましたが、仮想通貨の投資というのはどのように税金を納めるのかわからない方もいらっしゃると思います。

 

これも仮想通貨投資を行う上では知っておかなければいけない情報なので紹介させていただきます。

 

まず、仮想通貨の投資で出た利益というのは「雑所得」に分類されています。仮想通貨も他と同様に利益が20万円を超えた時点で確定申告を必要あります。

 

「所得」というのは雑所得以外にも9種類に分類されているわけですが、サラリーマンなどが働いている会社から渡される給与というのは給与所得に含まれます。また、仮想通貨などはこのような所得の中でもどれにも当てはまらないため、雑所得に分類されています。

 

確定申告をしたことがない方も多いと思いますが、仮想通貨の雑所得の税金はどのように計算をすればいいのかわかりますでしょうか?その事について紹介させていただこうと思います。

 

まず仮想通貨の投資によって得た雑所得というのは下記のような割合で税率が変わってきます。

所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円以上330万円以下 10% 97,500円
330万円以上695万円以下 20% 427,500円
695万円以上900万円以下 23% 636,000円
900万円以上1800円以下 33% 153,6000円
1800万円以上4000万円以下 40% 279,6000円
4000万円以上 45% 4,796,000円

このように税率というのも所得金額によって違いが出てきます。ここに記載されている税率に加えて各県の住民税が加算され、総合課税となります。

 

仮想通貨は給与所得+雑所得での税率になりますので、例えば給与所得と仮想通貨の投資による雑所得の合計が330万円であれば控除額である427,500円を「(330万円-427,500円)×20%=納税になります。

 

また確定申告は「所得」を得た時点で納税しなければいけないため、仮想通貨を換金せずに保有しているのであれば確定申告を出す必要というのはありません。

確定申告の罰について

仮想通貨投資をやる方にとって確定申告の罰というのは把握しておく必要というのがあります。確定申告は毎年2月16日から3月15日までに出す必要があります。

 

また確定申告の書類が間に合わなければ「無申告加算税」という税金が発生します。この無申告加算税というのは追加で15%の税金を支払わなければいけません。更に延滞税という税金が追加で発生します。

 

これに関しては延滞することによって多くの税金を支払わなければいけないというのがあり、期限によって違いがあります。少し遅れた場合にはその年に2.6%の追加税を支払わなければいけません。

 

期限が過ぎてから2か月後に申告を出した場合には8.9%の追加税を支払う義務が発生します。更に確定申告というのは自己申告をした場合にはこのような税が追加で支払う必要がありますが、場合によっては税務署から連絡が来て支払わなければいけないというのがあります。

 

これに関しては更に追加税を支払わなければいけないというのがあり、20%の税金を追加で支払わなければいけないというのがあるわけです。そしてここに加えて延滞税が最大8.0%支払わなければいけないこともあるため、最大30%程支払う義務が発生してしまいます。

 

またこのように連絡がきたのにも関わらず支払わ無かった場合には逮捕される可能性というのもあります。仮想通貨投資を行おうと考えている皆さんは確定申告のことを考えてお金というのを動かす必要があります。

 

また仮想通貨投資をするのであればこのような確定申告などの知識を持っておく必要というのもありますので十分に注意をするようにしてください。

確定申告をするならソフトを使う!

今回紹介させて頂いているように確定申告をするのであれば、税理士に頼んだりすることも良いといえます。一番危険なのが自分でやることですが、その中でもソフトを使うことによって簡単に確定申告の書類を作る事が出来るおちうのがあります。

 

確定申告の書類を作る際にソフト「弥生会計オンライン」は凄くおすすめです。確定申告の書類を作成して提出、そして納税といったような流れになります。

 

ですが、確定申告を初めてやる方にとっては知識もないというのがあります。また仮想通貨の場合は取引をして利益を出た部分のすべてを記載して計算する必要というのがあります。

 

ですが、このソフトを使うことによって自動的に損益を計算してくれるので簡単に確定申告の書類を作る事が可能ということになります。

仮想通貨の投資は「下落時」こそチャンス

最後に紹介させていただくのが仮想通貨の投資をする上で利益を出すのであれば下落時に目を向けてみてください。

 

仮想通貨というのは下落したとしても下落する前の価格には一度はなっているということになります。そのため、価格がいずれ上がるとわかっているのであれば下落時に購入をするのも良いといえます。

 

勿論下落している途中で投資するよりも、し終わった段階で投資をしたほうが利益を出すことが出来るということもありますので仮想通貨投資をする前にチャートがどのように動いているのか把握をしておいた方が良いといえます。そのため、是非今回紹介させていただいたことを参考にしてみてください。

まとめ

如何でしたでしょうか?今回は仮想通貨投資をする上で重要な情報についてまとめました。まだまだ詳細なことはありますが、必要最低限の知識となります。

 

本当であれば、仮想通貨の投資をする前に頭に入れておかなければいけない知識というのも沢山あります。それは実際に仮想通貨を持ってみてから勉強するのでいいでしょう。その方が興味が湧きますからね。

 

無知でやるよりもある程度知識を持っておいた方が、利益を出すことが出来ますし、仮想通貨やICOの投資に対しても価値を見出すことが出来るというのがあります。そういった点でも今回紹介させていただいたようにインターネットの情報だけではなく、自分自身で調べて理解をすることも大切になります。

 

仮想通貨の投資をするタイミングや仮想通貨取引所なども大切になりますのでそういった意味でも、是非参考にしていただけるのではないでしょうか?

 

仮想通貨投資には大切な情報は他にもありますが、第一に今回したことを理解して頂けると仮想通貨投資はできます。これをきっかけに暗号通貨の世界に飛び込んで、大きな富を得ることを心より願っています。明るい将来が待っているはずです。

 

当ブログよりも、さらに技術的なことを網羅したい場合には、こちらに登録して動画をご覧ください。難しいかもしれませんが、かなり勉強になる動画になります。この記事をここまで読んでいただいたあなたには、本当におすすめです。










バイナンス

海外最大級の取引所
Binance(バイナンス)

世界で最も安心と言っても過言ではない取引所。日本でも人気があり、匿名でも使用できるので超人気!