DEX(分散型取引所)とは?メリット&デメリットや特徴を調査!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼


【1位】Zaif(ザイフ)コインチェックからの乗り換えするならZaif!
【2位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。


 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

皆さんはDEX(分散型取引所)をご存知でしょうか?「DEX(分散型取引所)」について知らない方もいらっしゃると思います。今回はDEX(分散型取引所)について紹介をさせていただこうと思います。

 

DEX(分散型取引所)のメリットやデメリット、特徴などについても紹介をさせて頂こうと思いますので是非最後までご覧ください。

Contents

中央集権型取引所について

まず最初に中央集権型取引所について紹介をさせていただこうと思いますが、そもそも中央集権型取引所というのは何なの分かりますか?中央集権型取引所というのは「取引を管理している」運営が存在してることをいいます。

 

皆さんもご存知だと思いますが、仮想通貨取引所である「コインチェック」や「ビットフライヤー」なども全て中央集権型取引所に含まれています。

 

また、コインチェックは今年2018年の2月にNEMの盗難事件によって話題になりましたが、コインチェックには「コインチェック株式会社」と呼ばれている管理会社が存在していますね。コインチェック内にあるビットコインなどを中央主権的に管理しているということです。

 

ビットフライヤーも同様に管理会社が存在しており、日本国内でもこのような「中央集権型取引所」というのは数多く存在しています。日本国内だけではなく、世界中の仮想通貨取引所でも「中央集権型取引所」の方が多いというのが現状としてあります。主流が殆ど中央集権型ですね。

 

日本国内では「中央集権型取引所」が多い理由としては日本円でも仮想通貨に換金することができて、仮想通貨などの資産を「中央集権型取引所」であるコインチェックやビットフライヤーなどが管理してもらえるため、簡単に利用することができます。

 

一方で「DEX(分散型取引所)」とは何なのかわからない方もいらっしゃると思いますので下記で紹介をさせていただこうと思います。

DEX(分散型取引所)について

「DEX(分散型取引所)」について紹介をさせていただこうと思いますが、上記で紹介させていただいた「中央集権型取引所」とは異なり「取引を管理する」運営が存在していません。そのため「個人間での取引」が行われる形となっています。

 

また、DEX(分散型取引所)の場合は「個人間」であるため、第三者に情報が洩れることがなく、中央集権型取引所などのコインチェックのように盗難やハッキングにあうリスクというのも限りなく低いです。

 

また「中央集権型取引所」の場合は「コインチェック」や「ビットフライヤー」に登録情報として氏名や住所などの個人情報が知られていますが「DEX(分散型取引所)」の場合は「個人情報」が知られる事がなく匿名で取引することが出来ます。

DEX(分散型取引所)の特徴について

では、DEX(分散型取引所)の特徴について紹介させていただきます。まず、中央集権型取引所であるコインチェックなどの事件や事故が相次いでいる現実があります。

 

日本国内ではコインチェックが話題となりましたが、海外ではこのような問題が絶えず起きています。そういった時にDEX(分散型取引所)というのは問題を解決することができるのではないかと言われています。

 

上記で紹介させていただいたようにDEX(分散型取引所)は第三者がおらず、匿名で取引をすることができるというのがあるため、中央集権型取引所のように外部からのハッキングが起きることがありません。

 

その理由としてあるのが「DEX(分散型取引所)」が取り入れているシステムが優れているからです。下記では取り入れているシステムについて紹介をさせて頂こうと思います。

「DEX(分散型取引所)」が取り入れているシステムについて

では「DEX(分散型取引所)」が取り入れているシステムについて紹介をさせていただこうと思いますが、「DEX(分散型取引所)」は「ブロックチェーン」と呼ばれている技術を導入しています。

 

ブロックチェーンについて紹介をさせて頂こうと思いますが、ブロックチェーンというのは「個人間取引」を可能にしているシステムで中央管理者が必要としないため「ハッキング」される危険性というのもありません。

 

また「DEX(分散型取引所)」の場合「ハッキング」をされるとしたら個人間の秘密鍵を含め、全ての鍵を同時にハッキングして解除しなければいけないというのがあります。

 

これは現実的に無理だと言われているため「不可能」だとされておりブロックチェーン技術を取り入れている「DEX(分散型取引所)」は安全性が非常に高いというのがあります。

中央集権型取引所と分散型取引所の問題点について

では、中央集権型取引所と分散型取引所の問題点について紹介します。まずは、中央集権型取引所の問題点について見ていきましょう。

中央集権型取引所の問題点とは?

中央集権型取引所の問題点として挙げられるのがやはり「ハッキングされるリスク」があるということです。

 

中央集権型取引所は上記で開設したように仮想通貨取引所以外にも様々な取引所というのが存在しています。このような取引所というのは利用者である私達から秘密鍵を預かることによって利用者に口座を提供しています。

 

また「秘密鍵」というのは口座から保有している仮想通貨を取り出す時に必要とする暗号かされた鍵です。それを、ハッキングされ仮想通貨取引所が保管している秘密鍵が流出・盗難にあってしまうことによって仮想通貨取引所に預けている仮想通貨が盗まれるリスクがあります。

 

実際にこれによってコインチェックでは「NEM」が盗難に遭いました。NEMを保有している利用者に対して補償を行いましたが、NEMやビットコインなどの仮想通貨というのは「価値」が定まっていません。

 

そのため、一度暴落してしまうと購入時のNEMの価格で補償されるのではなく、当時のレート(1NEM88円程度)で日本円にて補償されました。ですが、ここで利確されたとみなされ、それには税金がかかると金融庁が発表しています。

 

また、それだけではなく「個人情報」が把握されているというのがあります。中央集権型取引所の場合、上記で紹介させていただいたように個人情報を提出しなければ口座を開設することもできませんし、購入することもできません。

 

そのため取引したら情報というのが全て中央集権型取引所の方に残ってしまうというのがあります。

 

それ以外にも「カウンターパーティリスク」というのがあります。この言葉を聞いたことがない方もいらっしゃると思いますが、仮想通貨というのは日本円のように国が保証しているお金ではないため盗まれてしまっても国が返してくれるわけではありません。

 

また、同様に仮想通貨取引所が倒産してしまったり、サーバーダウンによって価格が暴落してしまったとしても仮想通貨取引所が補填する必要もなく、取引に対する制限がかかったとしても何もすることが出来ないというのがあります。

 

倒産してしまうことによって預けている資産というのは返ってこない可能性が高く、返ってこなかったとしても何もすることが出来ないわけです。

分散型取引所の問題点とは?

では分散型取引所の問題点について紹介しますが、上記で紹介した内容を見る限りでは分散型取引所の方が安全性も高く、問題点もないように見えますが、分散型取引所にも問題点というのは存在しています。

 

例えば分散型取引所というのは個人間の取引となっているため、利用者が限られているというのがあります。そのため、中央集権型取引所とは違い、仮想通貨の流動性も低く、仮想通貨の取引もしにくいというのが問題点として存在しています。

 

また分散型取引所の方が中央集権型取引所に比べて手数料が高く、日本円での取引ができなかったりする場合もあります。そのため、ユーザビリティでは中央集権型取引所の方が優れています。

中央集権型取引所のメリット・デメリットについて

まずは「中央集権型取引所」のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

中央集権型取引所のメリットとは?

では中央集権型取引所のメリットについて見ていきます。国内取引所は全て、この中央集権型です。そうしないと金融庁の認定する登録業者として認められませんから。

手数料が安い

まず中央集権型取引所のメリットとして「手数料が安い」というのがあります。仮想通貨取引所によって異なっていますが、中央集権型取引所の場合は仮想通貨の流通量も多いため、手数料が安く済むというのがあります。

 

また仮想通貨によっても違いがありますが、コインチェックなどでは手数料が高い場合もあるため、注意をしなければいけないこともあります。

サポートがある

次にメリットとして紹介させていただくのが「サポートがある」ということです。仮想通貨取引所には中央管理者が存在しているため、サポートセンターというのが存在しています。そのため、問題が発生した場合などにサポートを利用することが出来るというのがメリットとしてあります。

 

仮想通貨をし始めた頃というのは分からないことも沢山あるため、サポートを頼る事もあります。そういった時にDEX(分散型取引所)ではサポートがなく、自分自身でやらなければいけないこともありますが、中央管理者が存在している中央集権型取引所の場合はそういった事がないため安心することが出来るというのがあります。

ユーザー数が多い

次に紹介させて頂くのが「ユーザー数が多い」というメリットです。仮想通貨ではユーザー数が多い方が仮想通貨の価格というのも上昇しやすいというのがあります。

 

それだけユーザー数が多いということは仮想通貨取引所を信頼することが出来るというのがあるため、メリットとして存在しているというのがあります。

流通量が多い

最後に「流通量が多い」というのがメリットとして存在しています。仮想通貨を取引しようと考えたときに流通量が少なければ、購入したい価格で購入することができなかったり、逆に売却することができないことがあります。

 

ですが、流通量が多いことによってそういったことなく、成立する確率というのも高くなるというのがあるためメリットとして存在しているというのがあります。

中央集権型取引所のデメリットとは?

次に紹介させていただくのが「中央集権型取引所のデメリット」について見ていきましょう。

ハッキングされる可能性がある

中央集権型取引所のデメリットとして「ハッキングされる可能性がある」というのがあります。これに関しては上記で見てきたように問題点として存在しています。コインチェックなどの仮想通貨取引所がハッキングされ、秘密鍵が取られてしまう事によって「仮想通貨」が流出してしまう可能性というのがあるわけです。

 

そのような場合に仮想通貨取引所によっては補償する所もありますが、そういった補償をしない仮想通貨取引所というのも数多く存在しているというのがあるわけです。

 

そのため、仮想通貨取引所を利用する際に大切なこととして「補償があるのか」ということをきちんと把握しておかなければいけないというのがあります。

 

そして、仮想通貨取引所を利用する際に「セキュリティ」が高い仮想通貨取引所でなければ、仮想通貨を預けることは危険だといえます。その理由としては資産を預けているわけですのでコインチェックのように一度ハッキングされ、流出されてしまうと信頼を戻すのは厳しくなります。

 

問題点として紹介させていただいたように仮想通貨は価格変動が常に起こっていて、価値が定まっているわけではないため、一度暴落してしまうと価格は戻らないこともあります。そういった意味でもデメリットとして存在しているというのがあります。

個人情報が漏洩する可能性がある

次に紹介させて頂くのが「個人情報が漏洩する可能性がある」ということですが、これに関しても同様に仮想通貨取引所に口座を作る際に個人情報を預けているわけです。

 

だからこそ、仮想通貨取引所がハッキングされてしまうことによって個人情報が漏洩する可能性があるため、注意をしなければいけません。

取引や入金・出金する時間が決まっている

次に「取引や入金・出金する時間が決まっている」というのがあります。仮想通貨取引所というのは中央管理者が存在しているため、時間外であったり、週末というのは入金や出金することができないというのがあります。

 

また取引なども時間が決まっている場合もあり、購入したいタイミングで購入することが出来ないこともあります。その場合は入金されてから購入しなければいけないということもあるため、デメリットとなっています。

サーバーダウンする

最後に「サーバーダウン」をしてしまう可能性というのが存在しています。仮想通貨取引所によってサーバーの強さというのは異なっています。そのため、仮想通貨取引所のユーザー数や取引数に対して、サーバーの負荷が耐えきれなかったらサーバーダウンをしてしまう事があるわけです。

 

そうなってしまうと復旧するまでに時間が掛かってしまい、取引が完全に停止してしまうため仮想通貨取引所を利用している人は復旧を待たなければいけないというデメリットがあります。

 

このように中央集権型取引所にはメリット・デメリットが沢山あるため、十分に注意をしなければいけないということがあります。

DEX(分散型取引所)のメリット・デメリットについて

では、次に「DEX(分散型取引所)」のメリット・デメリットについてみていきましょう。いろいろと難しい話になるかもしれません。

DEX(分散型取引所)のメリットとは?

まずはDEX(分散型取引所)のメリットについて紹介をさせていただこうと思いますが、上記で紹介させていただいたことも含まれています。

ハッキングされる可能性が限りなく低い

1つ目に「ハッキングされる可能性が限りなく低い」というメリットです。DEX(分散型取引所)の場合は全て匿名となっており、ブロックチェーン技術などを取り入れているのでハッキングされる恐れというのが限りなく低く資産が盗まれることもありません。

 

またDEX(分散型取引所)の場合は「オフライン上」でウォレットを保有しており、個人間で取引を行うためハッキングの恐れがないというのがあります。

手数料に無駄がない

2つ目に「手数料に無駄がない」というのがあります。DEX(分散型取引所)の場合、システムを運営している人達がいないため、人件費などの経費に対して手数料を高めていることがあります。

 

これに関しては仮想通貨によって異なっている場合もありますが、そういった無駄な手数料というのがDEX(分散型取引所)の場合はありません。特に中央集権型取引所の中でもコインチェックの手数料は他の仮想通貨取引所に比べても高いというのがありました。

個人情報を記載する必要がない

3つ目に「個人情報を記載する必要がない」というのがあります。DEX(分散型取引所)の場合はログインIDやパスワードなど、本人確認のための個人情報を記入して、渡さなければいけないというのがあります。

 

ですが、DEX(分散型取引所)の場合はそのような個人情報や取引情報を第三者に漏れることがなく、個人間でしか見ることが出来ないため、そういった意味でもメリットとして存在しているというのがあります。

詐欺が起こりにくい

4つ目に「詐欺が起こりにくい」というのがあります。最近では増加しているICOを使った詐欺や「マウントゴックス事件」といったように中央集権型取引所の内部の人間が資産を横領したりすることが限りなく少ないです。

 

また詐欺などが増えることによって「規制」が入りますが、DEX(分散型取引所)の場合はそのような詐欺がは限りなく発生することがないため規制される可能性が低いというのがあります。

24時間365日何時でも取引が可能

5つ目に「24時間365日何時でも取引が可能」というのがあります。DEX(分散型取引所)の場合中央管理者がいないため、仮想通貨の入金や出金、取引が何時でも可能であるというのがあります。

 

中央管理者がいる中央集権型取引所の場合は仮想通貨の取引が出来ない時間が存在していたり、入金の申請を出したとしても土日であれば月曜日の朝に入金されてしまったりすることもあります。

 

ですが、仮想通貨の場合はその時その時によって価格というのが変動していることもあるため、取引の価格なども違っています。だからこそ必要な時に入金することが出来なかったり、取引することが出来ないというのがないためDEX(分散型取引所)はメリットとして存在しています。

DEX(分散型取引所)のデメリットとは?

一方でDEX(分散型取引所)のデメリットというのはどのような事があるのでしょうか?そのことについて下記で紹介させていただきます。

ユーザー数が少ないことによる問題がある

DEX(分散型取引所)のデメリットとして存在しているのが上記でも紹介させていただいたように個人間での取引となっているので、ユーザー数が中央集権型取引所に比べると圧倒的に少ないというのがあります。

 

またそれによって仮想通貨の流動性というのも低く、仮想通貨の取引が成立しにくいというのがあります。またそれだけではなく日本円での取引が出来ないこともありますので、そういった意味でも成立しにくいというのがあります。

サポートがない

DEX(分散型取引所)の場合、中央集権型取引所とは違い中央管理者が存在していないため、サポートなどが存在していません。例えば仮想通貨取引所の場合はオーダーする際に数字を確認したりすることがありますが、そういった確認の画面であったり、一度間違ってしまうと保証してもらうことができないというのがあります。

 

また秘密鍵を間違って漏洩してしまったりすることによって悪用されてしまう可能性がありますが、そういったサポートが一切ないため、資産を自分自身で守るしかないというのがあります。

初心者には設定等が難しい

この中のデメリットでも最も厄介なのがこの項目だと思います。DEXに関しては、設定を自身で行わないといけないのために多少ハードルが高い部分があります。いきなりの初心者が手を出すには向いていない取引所ともいえます。

 

仮想通貨について

次に見ていくことは、仮想通貨についてです。仮想通貨というのは「仮想」の通貨となっているため、実在していない通貨となっています。

 

仮想通貨というのは日本円やドルと同じようにお金の価値がある通貨となっていますが、データとして存在している通貨となっています。また、仮想通貨の特徴として「国(中央集権)」が管理していないことが特徴です。

 

日本には「日本円」といったように国によって使われるお金というのは異なっています。このことを「法定通貨」と呼ぶのですが、仮想通貨というのはこのような国によって違いというのがないため「全世界共通の通貨」「無国籍通貨」とも呼ばれています。

 

また仮想通貨というのは「価値が定まっていない」というのがあるため、常に価格が変動しているというのがあります。仮想通貨によって違いがありますが、皆さんもご存知のようにビットコインなどの仮想通貨というのは1枚に対して100万円程の価値というのがあります。

 

ですが、常に100万円という価値があるのではなく、70万円にもなりますし、逆に200万円にもなり得る通貨として存在しているというのがあります。このように価格が常に変動しているからこそ「仮想通貨投資」をしている投資家も数多く存在しているというのがあります。

ビットコインについて

今回、見てきた「DEX(分散型取引所)」を利用するのであれば、第一に仮想通貨を知っておかなければいけないというのがあります。

 

その中でもビットコインというのは最初につくられた仮想通貨として存在しています。皆さんの中には仮想通貨を知ったのが昨年2017年の12月の方もいらっしゃると思います。その理由としてはビットコインの価格が100万円を超え、一時的に220万円になった事からメディアなどのニュースにも取り上げられましたし、話題となりました。

 

また上記で紹介させていただいたように「コインチェック」のNEM流出事件によって仮想通貨を知った方もいらっしゃると思います。このように問題が発生したコインチェックは「中央管理者が存在している中央集権型取引所」となっているわけです。

仮想通貨を保有するメリット・デメリットについて

仮想通貨を保有することのメリット・デメリットについて紹介をさせて頂こうと思います。仮想通貨を保有することによるメリットは沢山存在していますが、一方でデメリットというのもありますので理解しておきましょう。

仮想通貨のメリットとは?

まず仮想通貨のメリットについてみていきます。

決済や送金の手数料が安く済む

1つ目に「決済や送金の手数料が安く済む」というのがあります。仮想通貨というのはインターネット上で決済したり、送金することが出来るというのがあるわけですが、仮想通貨にはビットコインやイーサリアムなどの「基軸通貨」というのが存在しています。

 

このような基軸通貨というのは仮想通貨の中でも「価値」のある通貨として存在しており、決済などに使うことが出来るというのがあります。また仮想通貨というのは日本国内でも様々な企業が決済などに取り入れており、大手であればビックカメラが既に取り入れています。

 

また今後はAmazonなどの企業も取り入れていくと見られており、仮想通貨の需要と言うのが高いのが現状としてあります。だからこそ決済や送金の手数料が安いというのはメリットとしてあるわけです。

匿名で送金することが出来る

2つ目のメリットとして匿名で送金することが出来るというのがあります。これに関しては「DEX(分散型取引所)」と同様にお互いの個人情報を必要とせずにQRコードのみで送金することができたり、逆に送金してもらうことができます。

 

また仮想通貨は「無国籍通貨」と言ったように日本だけではなく海外でも手数料が変わりません。安定的に安価で支払いが済ませれます。

仮想通貨の変動による利益

3つ目に仮想通貨の価格変動による利益がメリットとして存在しています。皆さんも今回紹介させていただいているように「DEX(分散型取引所)」であったり、中央集権型取引所でも同じようなことが言えますが、「利益」を出すことを目的としてやっている方が多いと思います。

 

そういった時に仮想通貨というのは価格変動が常に起きているというのがあるため、仮想通貨を保有していることによって利益を出すことが出来るというのがメリットとして存在しているというのがあります。

 

また上記で紹介させていただいたようにビットコインは特に価格変動が大きく、暴騰することによって数十万の利益を出すことも可能となっています。

仮想通貨は価値が落ちにくい

4つ目に仮想通貨を保有しておくメリットとしてあるのが「価値が落ちにくい」というのがあります。つまりインフレに対して対応することが可能であるというのが仮想通貨を保有しておくメリットとして存在しています。

 

仮想通貨は他の人にも需要があるからこそ価値がありますが、他の仮想通貨が暴落したとしても関係がないため価値が落ちにくいというのがあるわけです。

仮想通貨のデメリットとは?

一方、仮想通貨を保有しておくデメリットについて紹介をさせていただこうと思います。

大暴落に巻き込まれる可能性がある

仮想通貨を保有しておく事のデメリットとして「大暴落に巻き込まれる可能性がある」というのがあります。価格変動が起きやすい分、暴騰する可能性というのもありますが、逆に暴落してしまう事があるわけです。

 

仮想通貨というのは利益が出るまでホールドしておくというのがあるわけですが、大暴落に巻き込まれてしまう事によって損切のタイミングを考えなければ、利益が出るまで売却することが出来なくなることもあります。

仮想通貨は保証されていない

仮想通貨を保有しておく事のデメリットとして「仮想通貨は保証されていない」というのがあります。冒頭で紹介させていただいたように仮想通貨というのは国によって保証されているわけではないため、仮想通貨が盗難にあったり、入金する金額を間違ってしまったとしても返ってくる事がありません。

 

また仮想通貨というのは取引をキャンセルすることが出来ないというのがあるため、個人間で取引を行った後に間違った金額を入金してしまったとしても返金してもらうことはできません。

匿名性だからこそ詐欺に注意

仮想通貨というのは匿名性で取引することができるというのがあるため、詐欺に注意をしなければいけないというのがあります。

 

今回、見てきた「DEX(分散型取引所)」というのは詐欺に遭う可能性が少ないと紹介させていただきましたが、それでも詐欺の可能性というのはゼロではありません。そのため十分に注意をしなければいけないというのがあります。

 

また「DEX(分散型取引所)」を利用していたとしても、もしかしたら中央集権型取引所であったり、ICOなどに参加をする方もいらっしゃると思いますが詐欺ICOや詐欺仮想通貨が存在しているというのがあるため、そういった意味でも注意をしなければいけません。

DEX(分散型取引所)の一覧を紹介!

EtherDelta(イーサデルタ)

まず「EtherDelta(イーサデルタ)」にいて紹介させていただこうと思いますが、このDEX(分散型取引所)はイーサリアムプラットフォームをベースとして構築されています。またイーサリアムの取引に特化しており、安全性が非常に高いという特徴を持っています。ですが「取引」などの全ての行為に対して手数料がかかってしまうため、注意をしなければいけないというのがあります。

 

Openledger(オープンレッジャー)

次に紹介させていただくのが「Openledger(オープンレッジャー)」について紹介させていただきますが、これは「デンマーク」の会社である「CCEDK」と「BitShares」の共同によって出来たDEX(分散型取引所)となっています。

 

また世界で初めて出来たDEX(分散型取引所)となっており、価格なども固定された仮想通貨で取引を行うことが出来るのが特徴として存在しています。

 

Kyber Network(カイバーネットワーク)

次に紹介させていただくのが「Kyber Network(カイバーネットワーク)」ですが、イーサリアムの技術にも含まれているスマートコントラクトで管理されており、セキュリティ面では優位性のあるDEX(分散型取引所)となっています。

 

取引のスピードも早く「API(Application Programming Interface)」という機能が付いているため、イーサリアム以外の仮想通貨でも自動的に支払いが可能です。また取引所よりは販売所に近い形態となっている取引所です。

 

Waves Lite Client(ウェイブスライトクライアント)

次に紹介させて頂くのが「Waves Lite Client(ウェイブスライトクライアント)」ですが、利用者が簡単に使用することが出来るようにウォレット内に「DEX」が備わっています。そのためダウンロードするだけで簡単に使用することが出来て、ドルやユーロなどで取引することも可能な取引所となっています。

 

0x(ゼロエックス)

次に紹介させて頂くのが「0x(ゼロエックス)」ですが、これは「Kyber Network(カイバーネットワーク)」と同様にスマートコントラクトを導入している取引所となっています。また取引のオーダーをブロックチェーンから離れた所でやっているため、手数料が低く、処理が速いというのが特徴的な取引所となっています。

 

AirSwap(エアースワップ)

次に紹介させて頂くのが「AirSwap(エアースワップ)」ですが、これに関しては「DEX(分散型取引所)」の中でも変わっている取引所だと言えます。ICOにも参加している「AirSwap(エアースワップ)」のプロジェクトは「独自のトークン」を個人間で取引出来る取引所となっているわけです。そのため、他の取引所とは役割や内容が異なっている取引所となっています。

 

Loopring(ループリング)

次に紹介させていただくのが「Loopring(ループリング)」と呼ばれている取引所です。この取引所は上記で紹介させていただいた「Kyber Network(カイバーネットワーク)」などと役割や内容が異なっており、自分で価格を設定してオーダーを出します。

 

名前の由来の通り、要望に合うように価格を何度も調整して回り続ける事からループリングという名前となっています。

 

Bancor(バンコール)

最後に「Bancor(バンコール)」について紹介させていただきますが、この取引所は「スマートコントラクト」を使ってトークン同士の取引を可能としているプロトコルです。DEXは売買が成立しないことが多いのですが、この問題を取り除くことが出来るのが「Bancor(バンコール)」の魅力としてあります。

ICOについて

ではICOについて紹介をさせていただこうと思いますが、皆さんはICOをご存知だと思いますが、ICOというのは「Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)」の略称となっているわけですが、仮想通貨を使って資金調達することが出来るシステムとして存在しています。

 

ICOというのはブロックチェーンを使ってトークンを発行することが出来るというのがあります。またトークンを投資家に購入してもらうことによって資金調達をすることが出来るのが企業の魅力としてあります。

 

またそんなICOですが、9割のICOが失敗するICO、もしくは詐欺ICOとして存在しています。また今回紹介させて頂いているDEX(分散型取引所)でもICOというのは存在しているというのがあります。

DEX(分散型取引所)の現状について

DEX(分散型取引所)の現状について見てみましょう。今回紹介したDEX(分散型取引所)というのは「中央集権型取引所」に比べるとユーザーが少ないです。だからこそ、取引が成立しにくい

 

また、DEX(分散型取引所)はそれぞれICOを行っています。DEX(分散型取引所)は、ICOを実施し資金調達を行いプラットフォームを改善している段階ではあります。

 

その中でも、DEX(分散型取引所)の現状としてはユーザー数が少なく中央集権型取引所に比べて魅力というのは少ないように感じたりもするかもしれません。ですが、上記で見てきたDEX(分散型取引所)の一覧の中でも有望なICOがいくつかあります。そのプロジェクトを行っているDEX(分散型取引所)についてはこちらです。

  • 「Kyber Network(カイバーネットワーク)」
  • 「AirSwap(エアースワップ)」
  • 「0x(ゼロエックス)」
  • 「Loopring(ループリング)」

この4つの取引所が今後有望なICOプロジェクトをして行くのではないかと予想しています。その理由としては、この4つのICOというのは価格が一気に上昇しており、現在では注目されているトークンだからです。

 

また、これらのDEX(分散型取引所)が有望な理由としては「既に稼働している」というのがあります。これから実績を作っていくICOというのは信頼することが出来ず、ICOの資金がなかなか集まらないことがあります。

 

ですが、今回紹介させて頂いているようなDEX(分散型取引所)というのは既に実績もあり、投資家から信頼されているからこそ注目されているICOとして存在しているわけです。

DEX(分散型取引所)の将来性について

DEX(分散型取引所)の将来性について紹介をさせて頂こうと思いますが、今回紹介させていただいたようにDEX(分散型取引所)というのは中央集権型取引所に比べるとユーザー数が少ないというのが現状として存在しています。

 

ですが中央集権型取引所で起こった事件の中には「コインチェック」など身近な仮想通貨取引所なども含まれているわけです。そのため、DEX(分散型取引所)は技術を向上して取引の安全性を高めようとしているというのがあります。

 

安全性が強く言われ始めて、DEX(分散型取引所)に期待をしているユーザー数も増加しているというのがあるわけです。DEX(分散型取引所)によって仕様などが異なっていますが、取引をブロックチェーンで行い、サイドチェーンやオフチェーンで通信を行うことによってセキュリティを高めたまま手数料のコスト低下であったり、取引量を高めようとしています。

 

今回、見てきた仮想通貨というのは決済として使えるお店というのいも増加していることは間違いないです。それだけ仮想通貨というのは身近な存在になりつつあるため、DEX(分散型取引所)の技術が向上して使いやすくなった時に中央集権型取引所よりもDEX(分散型取引所)の方が便利ということになります。

 

また、現在ではビットコインやイーサリアムなど有名な仮想通貨でしか決済を行うことができません。しかし、今後DEX(分散型取引所)の技術が向上することによって様々な仮想通貨で支払うことが出来る将来が来るのではないかと私は予想をしています。

 

皆さんも今回紹介させていただいたようにDEX(分散型取引所)のメリットやデメリットなどをきちんと理解して今後どうなっていくのか是非期待をして待ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

如何でしたでしょうか?今回はDEX(分散型取引所)について紹介をさせて頂きました。今回紹介させていただいたようにDEX(分散型取引所)というのはメリット・デメリットが存在しています。

 

今の所、デメリットが多く、ユーザー数が少ないということもあるため、利用するためには不便であることがあるわけですが、今回紹介させていただいたようにDEX(分散型取引所)のICOプロジェクトが成功することによって変わってくるのではないかと思っています。皆さんも今回紹介させていただいたように様々なDEX(分散型取引所)がありますので是非参考にしてみてください。