仮想通貨のウォレットとは?ランキングやおすすめアプリを紹介!




▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼


【1位】Zaif(ザイフ)コインチェックからの乗り換えするならZaif!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)老舗定番の取引所ならこちらです!
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。


 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨が流行ってきている今日この頃。NEMの事件もあって「危ないな」と感じている人も多いことでしょう。そこで大切なのがウォレットです。あまり良く分からない人も多いと思います。

 

ここでは、ウォレットってなに?ということから、おすすめウォレットを紹介していきます。まだまだこれから成熟していく業界なので、しっかりと自衛することが大切ですね。

仮想通貨のウォレットとは?

仮想通貨のウォレットとは、みなさんはなにを想像しますか?ウォレットなので、財布。ということでデジタルの世界に財布があるのだと想像すると思います。基本的にはそれで正解です。

 

ただ、勘違いして欲しくないのは取引所、販売所に仮想通貨をウォレット代わりに使うのはあまり良いことではないと理解しておきましょう。コインチェックの事件のようになるリスクがあります。

 

基本的には、ビットコインにはビットコイン専用のウォレット、イーサリアムにはイーサリアム用のウォレットのように、その仮想通貨が推奨するウォレットが存在しています。

 

ですが、ひとつひとつの専用ウォレットを作っていくと、数が多くなり管理が大変という事態になります。そのため、基本的には自分が保有する軸となる仮想通貨を1~3種としておき、その専用ウォレットで保管してく方がいいでしょう。

 

また、ウォレットと一言で言っても、オフラインで管理するウォレットやオンラインで管理するウォレットがあります。複数種類を管理できるウォレットもあります。

 

それぞれメリット・デメリットがあるので、そのあたりも解説しながらおすすめランキングを見ていきましょう!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめウォレットのランキング【オンライン】

おすすめと言ってもどの仮想通貨を保有するかによって使用できるできないがあるために一概に言えないのが悩ましいところですが、ビットコインやイーサリアムなど主要な仮想通貨にフォーカスして見ていきます。

 

まず、オンラインウォレットのメリットですが、それは素早い取引が可能です。すぐさま、その場でアプリから送金できたりするためにとても利便性が良いことが特徴です。

 

逆にデメリットは、常にオンライン上にあるためにハッキングに遇う可能性が0ではないということです。ハッキングされて、ウォレット内の仮想通貨を全て持っていかれた!という事件も発生しています。

3.ビットコインコア(PC上)

ビットコイン専用のウォレットとしては、やはりビットコインコアが一番おすすめです。これまでのブロックチェーンの記録を全てPCに取り込み、自身のビットコインもそのブロックチェーン上に刻みます。

これは、いまのところハッキングしようがないために、もっとも安全と考えてOKです。ただし、これまでのデータを取り込むためにかなり大きな容量が必要になるのが問題ですが。

⇒ビットコインコアをダウンロード

2.blockchain.info(スマホ)

このblockchain.infoですが、スマホでも利用できるウォレットとなっています。こちらのウォレットはブロックチェーン技術を活用したウォレットとなっているために、パスワード管理、2段階認証、生体認証などを取り込めばかなり強固なウォレットになります。

ビットコインコアと比べると断然におすすめできます。簡単に操作できるために、比較的初心者にも使いやすいです。現状は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3種類の仮想通貨を保管することが可能になっています。

⇒blockchain.infoをダウンロード

1.MyEtherWallet(PC)

このMyEtherWallet(以下MEW)ですが、イーサリアム含めたイーサリアムトークンを保管できるウォレットになっています。世の中に出回っている仮想通貨はイーサリアムをベースに作られた仮想通貨が多く存在しています。そのため、イーサリアムベースで作られた仮想通貨は専用ウォレットがなくても、このMEWで受け取ることが可能になっています。

初心者にはちょっと取り扱い方が分かりにくい部分がありますが、慣れのもんだいですので、こちらもしっかりと使えるようになることをおすすめします。

⇒MEWをダウンロード

おすすめウォレットのランキング【オフライン】

オフラインで仮想通貨を保管しておくということですが、オンラインしているからハッキングに合うわけです。それを物理上不可能にしてしまうという考えで作られたウォレットがあります。それを、ハードウォレットもしくはコールドウォレットといいます。

 

ちなみにですが、ハードウォレットの中に仮想通貨が入っていると思っている人がいますが、そうではありません。そのハードウォレットの中には『秘密鍵』が格納されていると理解しておきましょう。この秘密鍵を知る人のみが、そのウォレットにアクセスできます。物理上、秘密鍵を盗まれることを不可能にするのです。

1.レジャーナノS

このレジャーナノSは、最近最も売れているハードウォレットではないでしょうか。とても見た目がかっこよくて(個人的にw)使いやすさが評判です。このハードウォレットを用いて保存された仮想通貨は、レジャーナノSの端末にの操作がなければ、他へ送金することが不可能となっています。

*注意事項

オフラインのハードウォレットに対しては、ここで注意事項を挙げておきます。基本的にはハードウォレットは公式サイトより購入してください。絶対にです。

 

ある人がAmazonで売られているレジャーナノSを購入して仮想通貨を保管しました。ですが、ウォレットの数字を見てみると0になっていたんだとか。何が起きたかというと、そのレジャーナノSの販売者があらかじめ、その中に仮想通貨を送金する仕組みを埋め込んでいたようです。そのため、秘密鍵を安全に保管したつもりが他のウォレットへ転送されたという悲劇が起きています。

 

この場合は、泣き寝入りするしかありません。Amazonで転売したこともあるので分かりますが、販売者はどこの誰だか分からなくすることも可能です。販売者がたとえ分かったとしても、レジャーナノSにトラップを仕組んだ証拠が見つかることはないでしょう。そのため、当サイトではこちらの公式サイトより購入を強くすすめています。

まとめると。

仮想通貨のウォレットは何が良いのか?というよりも先に自分がこれから保有しておく仮想通貨を決めることが必要です。多くても3種かなと。理由は、それぞれのウォレットを作ると数が多すぎるためにです。

 

私の場合は、ADAを軸に保有しているため専用ウォレットのダイダロス(現状ADAのみ格納)、あとはMEW(イーサリアムベースToken)、blockchain.info(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ)を使用して仮想通貨を保有しています。基本的には、MEWとblockchain.infoがあれば早々困ることはありません。

 

ICOに参加していくとNEOのウォレットであったり、Qtumのウォレットが必要だったりしますが、その時が来れば作成していけばいいでしょう。使う予定のない仮想通貨はウォレットに保管しておく事でより安全に管理することができます。










バイナンス

海外最大級の取引所
Binance(バイナンス)

世界で最も安心と言っても過言ではない取引所。日本でも人気があり、匿名でも使用できるので超人気!