DateCoin(デートコイン)上場取引所は?仕組みや買い方は?将来性を調査!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼


【1位】Zaif(ザイフ)コインチェックからの乗り換えするならZaif!
【2位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。


 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

最近は月にICOが200~300個も行われていると言われています。その中には、詐欺的な様相があるものやソフトキャップに達せずに、預けた仮想通貨を持ち逃げされるなど大きな問題となっています。消費者庁にも、仮想通貨での詐欺被害を相談する人が増えているそうですが、そんなところに相談しても何も解決できません。

ソフトキャップとは?

ICOが成功したと言われる下限値。ソフトキャップに達すればトークンが投資家へ配布されます。達しない場合は、払い戻しされます。

そのため、ICOへ投資するときには必ず余剰資金で行うことをおすすめします。生活資金を投入してまで、投資は行うべきではありません。それを理解した上で、必ず投資していきましょう。

 

今回は、巷で話題沸騰中のDateCoin(DTC)についてまとめてみました!個人的には、面白いICOだと思います。もちろん、購入していますので、今後を期待しているICO案件になります。

DateCoin(デートコイン)の将来性は?

まず、デートコインはどんなコインなのか?ということですが、これは出会いマッチングアプリで国際的な出会い系サービスDenimで使われるトークンです。

 

来年には50億ドルに達する市場で、これから成長が著しいと言われているマーケットでもあります。DTCに関しては、とても注目度が高く3月30日にプレセールが開始されましたが、すぐさま、ソフトキャップに達しています。つまり、それだけ投資家達が期待していることが分かります。

 

成長産業ということや出会いという人間であれば誰もが求めるところでのサービス展開なので、このデートコインの考え方が衰退するというこは考えづらいです。そのため、将来性はあるとは思いますが、あとはDTCがいかにして流通することで価値を高めるのか?ということです。

 

そのためには、DTCを使用するDenimというアプリのことを知る必要があります。

DateCoin(DTC)デートコインのサービスDenimとは?

DateCoin(DTC)デートコインは世界的にも有名なDenimというアプリで使用します。世界的には有名ですが、日本では無名と考えていいでしょう。

 

現状は、ロシアを中心に爆発的にユーザー数・売り上げを上げて大きく成長しています。日本でマッチングアプリというとPairsがとても有名ですが会員が500万人を超えています。Denimは、世界で1900万人を目指すと言っています。

 

これが無謀な数値なのかどうかは分かりませんが、そこで使用されるトークンがDTCのため、その価値が上昇する可能性は高いです。現状は、Denimは以下の通りです。

  • ユーザー数:700,000人以上
  • 3年後(2020)のターゲットオーディエンス:1,900万人のユーザー
  • 2017年総収入:$2.5MUSD

国内出会いマッチングアプリ最大手のPairsとの大きな違いは、Denimは国際的にサービスを展開していくことです。世界的には事業を行えば、ターゲットの規模が全く違ってきますよね。

2018年6月に7か国、2020年5月には23か国にてサービスを開始するとのことです。つまり、個人的な意見としては2020年ごろまでは保有した方がいいのかな、と考えています。それか、あるタイミングで売り抜けるのもいいですね。

DateCoin(DTC)デートコインの特徴は?

こちらの動画は日本で行われたDateCoin(DTC)デートコインの投資家向け説明会です。

世界初の出会い系アプリに使用される仮想通貨

この点に関しては、世界初なことは間違いないでしょう。ブロックチェーン技術というと、やはり不動産や金融であったりにフォーカスしてサービスを考えたりしますが、「恋愛」という普遍的なテーマにファーカスした点が特徴です。

使用用途が明確なためにDenimの広がり次第では大きく価値を高めることが容易に想像できます。似たようなプロジェクトが出てきたとしても先駆者として、有利なことま間違いないでしょうね。

ブロックチェーン技術により業者やボット撲滅

現状の出会い系アプリなどでは「業者」と呼ばれる存在がいます。それは、アプリ利用者を別サイトへ誘導することがあります。そのため、ブロックチェーンを使ってしまえば、そういった業者を排除できることになります。

運営側も、ブロックチェーン技術を利用すると、そういった不正を働くユーザーや悪質なユーザーを排除できることからよりクリーンな出会いの場を提供できるようになります。

DateCoin(DTC)デートコインの上場する取引所は?

投資家が最も気になることですが、DTCの上場される取引所はどこなのか?ということです。これに関しては、現状で言われているのは、ビットトレックス、韓国最大のアップビット、世界最大級バイナンスに6・7月に上場される予定です。

 

これって、ADAと同じパターンですよね。ADAといえばICOから800倍となった凄いハイスペックな仮想通貨です。それと同じ道を歩むのか?ということでも注目を浴びています。800倍になったのは2017年末のことなので、あの時は市場がグングン上がっていた時期だったので800倍になるとはないでしょう。

 

しかしながら、かなり大きな取引所に次々に上場することを考えたら数十倍になることが予想されます。特に仮想通貨熱がとても熱い韓国人(米国人も)はICOへ参加することができません。上場した仮想通貨を買うのはOKですね。つまり、アップビットに上場するというのは値上がりすることがかなり期待できるということです。

 

事実、PlayCoinが初めに上場したのがアップビットでしたがICO割れせずに2~3倍程度で値が落ち着いています。ICO割れするICOが85%と言われている中で大健闘ですね。それもアップビットへ初めに上場したという戦略勝ち的な部分が大きいです。個人的には、そこで値が跳ね上がるので売り抜けてもOKだと考えています。元本だけ抜くのもOKですね。

DateCoin(DTC)デートコインの買い方は?

DTCの買い方ですが、サイトからアカウント登録を行って、イーサリアムを送金。その後、サイト内でイーサリアムとデートコインを交換するという作業になります。

トークンを買うをクリックすると下記の画面に移ります。

①支払い通貨をETHまたはBTCを選択
②購入量を入力
③下部でアドレスを生成
④QRもしくはアドレスを利用して入金

入金が完了すればDTCトークンが付与されます。

さいごに。

DTCはとても期待していいICOだと感じています。2年後見るとかなり良い状態になっていることが予想されます。出会いという普遍的産業へ目を付けたのは良い発想だと感じました。今後、DTCがどうなるのか楽しみに待っておきましょう!