Atonomi(仮想通貨)ICOの特徴や将来性は?日本では話題にならない?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼


【1位】Zaif(ザイフ)コインチェックからの乗り換えするならZaif!
【2位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。


 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

2018年になり仮想通貨のICOがとても増えました。かなり増えたために、いろいろ投資しすぎて「ICO貧乏」という言葉も登場したくらいです。2017年末に大きく稼いだ人はいろいろ投資先を模索している人も多いでしょう。

 

最近のICOの売り方としては、インターネットビジネスで躍進した人たち、特に情報商材系出身の人。インフルエンサーによって広められている案件がとても多いです。そういったICOは、プレセールやプライベートセールの5~10倍くらいの価格で売り出しています。

 

中には、大手上場と言いつつも、それ自体が嘘であったり、、、という詐欺と言っていいセールスの仕方をしている物もありましたね。最近では、ゴールドマンサックを怒らせてしまったという案件もありますからねww嘘はよくない!

 

そういった拡散力が高いICOが表に出てきているために、本当に将来性のあるICO、世界では人気があるけど日本ではごく一部でしか情報が出回らないようなICOもあります。そのひとつとして「Atonomi」という仮想通貨があります。ここでは、「Atonomi」ついて情報をまとめました。

Atonomi(アトノミー)の特徴は?

こちら「Atonomi」は「アトノミー」と読みます。Atonomiですが、どのようなICOなのか?という一番重要なことですが、ホワイトペーパーが公開されています。そちらを元に特徴を書いていきますね。

 

Atonomiは、これから市場規模が莫大に大きくなるIoT(Internet of Things)市場をターゲットとしています。IoTデバイスがデータを商取引の両方に対して信頼できる相互運用性を持つことを可能にするセキュリティプロトコルとインフラストラクチャの提供を目指すものです。

 

・・・・なんのこっちゃ。と思いますよね。。。カンタンにいうと「モノをインターネットに繋げてる技術にブロックチェーン技術を導入すること」です。カンタンにいうんですが、これって「IoT」の意味が分かっていないと理解できないと思います。

IoT(Internet of Things)とは?将来性がある産業!

Internet of Thingsの直訳ですがモノのインターネットです。例えば、スマホとスピーカーをインターネットに繋げておくことで、インターネットを介して音楽を再生することが可能です。PC、モバイル、防犯カメラ、ドア、エアコン、カーテンなどもインターネットに繋げておくことで、スマホ1台あれば、操作可能になることもIoTの一部です。

 

これから、私たちの生活ではあらゆる分野でいろいろなものがインターネットにリンクすることで、その利便性を高めていくことが予想されていますね。IoTの市場規模は、2030年には400兆円になるとも言われていることから、このAtonomiのIoT関連ICOへ投資するのは将来性があることになります。

 

このIoT産業へフォーカスしている仮想通貨としてはIOTAが有名ですね。今では仮想通貨ランキング10位前後に位置しています。

Atonomi(アトノミー)の概要は?

Atonomiの公式サイト

Atonomiのホワイトペーパー

公式テレグラムグループ(英語)

公式テレグラムグループ(お知らせ)

販売期間     2018年6月5日17時(日本時間)
販売終了     詳細未定
総発行枚数    10億枚
販売枚数     5億枚
販売価格     1ATMI=0.06ドル
1ETH=9500ATMI
1ATMI=0.00010526ETH
最低購入数    0.1ETH
最大購入数    初日は1.0ETH
2日目からは2.0ETH
※その後変更される可能性有り
ハードキャップ  2500万ドル
プラットホーム  イーサリアム(ERC20)

サービスプロパイダーとしては、以下の企業が名前を連ねています。とても期待ができるそうですね!

さいごに。

現状ですが、仮想通貨に価値はない。と言っていいです。今ついている価値というのは将来性があり価値が付くであろうという期待から価値が決まっています。

 

あくまでも、期待値という視点で見るといいですね。そのため、ICOに参加するときは『儲かるから』という重いよりは、ホワイトペーパーを読み、理念がしっかりしているのか?プロジェクトが本当に有益なのか?実行性はあるのか?ということを加味しましょう。

 

○○さんが良いっていうから、、、それで買うのはいいかもしれませんが、本当にそのプロジェクトを応援するという気持ちがとても大切だと僕は考えています。そういった面でも「Atonomi」はなかなか良いと思いますが、IOTAと被り気味なのが気になりますね。