IronX Exchange(仮想通貨取引所)ADA創業者とIronFXがTGEか?

bitbankは全ペア取引手数料無料キャンペーン実施中の仮想通貨取引所



▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼


【1位】Zaif(ザイフ)コインチェックからの乗り換えするならZaif!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)老舗定番の取引所ならこちらです!
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。


 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

最近ですが、取引所トークンが大きく飛躍しそうな感じがありますね。BNBがその代表格ですが、他にもHuobi Token、Kyber Networkなどいくつか時価総額ランキングトップ100にも入っています。

 

IBMがサポートするMIDEX、NASDAQがサポートするDX.Exchange。大手が参入していることからも、取引所トークンはとても熱い投資先として注目されつつあります。今回、TGEが行われるのはIronX Exchangeです!

bitbankは全ペア取引手数料無料キャンペーン実施中の仮想通貨取引所

IronX Exchangeの将来性は?

IronX Exchangeですが、FXトレードを行っている人は知っているはずであろうIronFXが関係しています。ネーミングの部分から感づいた人も多いかと思います。

 

今回、IronFXがEmurgoHK(エマーゴ)とジョイントベンチャーとして立ち上げているのがIronX Exchangeです。Emurgoですが、佐々木健二氏が代表取締役社長を務めているADAのマーケティング部門です(たしか、、、)。

 

Emurgoですが、このほかにもFINNEYスマートフォンの開発元であるSIRIN LABSとパートナー提携を組んだことも覚えている人も多いのではないでしょうか?ADAは様々なプロジェクトと共存していくように広がっています。

 

ADAがジョイントベンチャーしていく取引所ということで、ADAファンの僕としてもとても期待が高まりますね。かなり将来が期待できるのではないでしょうか?

bitbankは全ペア取引手数料無料キャンペーン実施中の仮想通貨取引所

IronX Exchangeの特徴とは?

IronX Exchangeの特徴を見ていきましょう。

厳密な規制に準じた運営体制

Binanceに限らず、実質誰でも使用ができる取引所が世界には多くあります。本当であれば、資金決済法で日本で運営するためには日本の法律を順守する必要があります。Binanceにおいては、日本での運営を実質行っていませんが、日本人でも利用することができます。

 

IronX Exchangeですが、ホワイトペーパーを確認したところイギリスのGibraltar regulated Exchange (DLT)ライセンスに沿って運営を行っています。そのため、安心してトレードが行えると考えていいでしょう。

カスタマーサポートが充実している

今、あなたが使用している取引所はサポートが充実しているでしょうか?国内業者であれば充実しているでしょうが、国外取引所は全くですね。そういった時にサポートがあるとどうでしょうか?

 

IronX Exchangeでは、経験豊富な30言語以上のスタッフが対応する用意を整えているようです。それも、24時間いつでも問い合わせできるカスタマーサポート体制があります。海外取引所では、これまでにない充実のサポートですね。

使いやすさと安心を確保している

最近ですが、コインチェック問題があったり、みなし業者が運営を撤退したり、国内でも仮想通貨を取り巻く環境が厳しくなっています。お客さんの資産を安全に運営しているのか?という点は取引所では大きく注目したいところです。セキュリティはいいけど使いにくい画面をしていると誤発注が起きることもあるでしょう。使いやすさもとても大切な要素になります。

 

IronX Exchangeでは、使いやすいインターフェイスを採用していますが、そのフェイスはまだ公開されていません。初心者には使いやすく、上級者にも考慮されたものになるようです。Google2段階認証や、レート制限、同時接続制限や、TLS接続による暗号化、コールドウォレットなどが用意されているとのことです。

法定通貨と両替が可能になる

多くの仮想通貨取引所では、法定通貨を資産として購入することができません。テザーと飛ばれるUSドルの代わりとなるような仮想通貨は存在していますが、、、。

 

IronX Exchangeに関しては、IronFXにて法定通貨を扱うためのノウハウがあります。実際にFXではその作業を行っていますからね。仮想通貨からUSドル、ユーロなどが直接購入できるような取引所になりえます。

上場する仮想通貨には厳格な審査基準を設ける

海外取引所には、草コインがたくさーーーん取り扱っています。取引所側もいくつもあれば、それだけ取引される可能性があるために稼げるチャンスが増えるからです。ですが、IronX Exchangeに関しては、上場する仮想通貨は厳格な上場基準を設けるようです。

 

そのため、信頼性が高い仮想通貨が集まり、信頼性の高い取引所となり人気がでることが期待されますね!合法的で正当性なビジネスをその仮想通貨のプロジェクトで行わているかということを見ていくようです。

bitbankは全ペア取引手数料無料キャンペーン実施中の仮想通貨取引所

IronX ExchangeのトークンIRXについて

もはや取引所には、その取引所に特有のトークンがあるのは当たりまえのことですね。IronX Exchangeに関してはIRXというトークンを発行するようです。取引手数料は0.2%。IRXトークンを手数料の支払いに使えば割安になる仕組みです。BinanceのBNBがまさに同じですね。割引率は以下の通り。

1年目 2年目 3年目以上
仮想通貨-仮想通貨の割引率 50% 30% 10%
仮想通貨-法定通貨の割引率 25% 15% 5%

一定の期間はお得に取引ができるので、Tradeする方にはありがたいですね。取引所のトークンは、相場が下げ相場でも強いことがメリットです。IRXにおいても、その傾向は強いことでしょう。取引所トークンがこれから大きな価値を持つことは確実なので、IRXに事前に投資しておくこと面白いかもしれません。

IronX Exchange 公式サイト

IronX Exchangeのセールに参加するには、事前にサイトに登録が必要です。そこで審査?があり購入できる人も選ばれるかもしれません、、、、、が、登録すればプライベートセールの案内が来ると思われます。ホワイトペーパーもこちらにあります。

IronX Exchangeのホワイトペーパー

是非、ホワイトペーパーを読んでから投資するかしないか判断してみてくださいね。、、、読まずに投資するなんてありえませんから。

さいごに。

IronX Exchangeでは、TRXという取引所トークンを発行する予定です。そのトークンはパブリックセールはありません。取引所トークンということで、今後大きく伸びる可能性を秘めいています。IronFXとEmurgoが本腰を入れて、仮想通貨の取引所を設立するということで期待できそうですね。










バイナンス

海外最大級の取引所
Binance(バイナンス)

世界で最も安心と言っても過言ではない取引所。日本でも人気があり、匿名でも使用できるので超人気!