BLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)ウォレット作成や使い方を解説!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼


【1位】Zaif(ザイフ)コインチェックからの乗り換えするならZaif!
【2位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。


 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨のウォレットはどうしていますか?まさか、取引所におきっぱなしではないですよね?取引所のウォレットですが、基本的にはみんなで共通の財布を使っています。言ってしまえば、ハッキングされた場合は、その財布の中身が持っていかれるということです。

 

コインチェックのNEMが流出した事件も、全ての顧客のNEMを一つの財布にて管理していたから起きた事件でした。別々に管理はされていません。この管理の方法自体は問題ではないのですが、セキュリティの意識が低かったことに問題があります。

 

そういった理不尽なことに巻き込まれないためにも、自分の管理下で仮想通貨を管理することをおすすめします。そのため、ここではBLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)というウォレットについて開設していきます。

BLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)とは?

このブロックチェーンinfoですが、老舗ビットコインウォレットになります。現在、保管できる仮想通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ

BLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)ですが、HDウォレットという種類の仮想通貨のウォレットにあります。このHDウォレットですが、取引毎に新しいアドレスを生成することで匿名性を高めるといった特徴があります。ウォレットのアドレスの使い回しを一切行いません。

 

最近では、Cardano(ADA)のダイダロスウォレットもHDウォレットということで知られるようになりましたね。利用する方は、そのようなことは知らなくても簡単に使うことができるので豆知識程度に。それでは、BLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)でウォレットを作成していきましょう!

BLOCKCHAIN.infoでウォレットを作成!

BLOCKCHAIN.info(ブロックチェーンインフォ)でウォレットを作成するのはとても簡単です。下記の通りに行えば問題なく作成できますので順を追って説明していきます。手順は下記の通りです。

  1. 登録画面で必要事項を入力
  2. 登録したメアドに承認メールが届くのクリック

この手順でウォレットをカンタンに作ることできます。それでは見ていきます!まずは、BLOCKCHAIN.infoにアクセスしましょう。

こちら上から順に入力していきましょう。登録するメールアドレス、任意のパスワードを入力しましょう。パスワードですが、なるべく、他サイトのパスワードなどを使いまわさないようにしてください。セキュリティ上、あまりおすすめできません。

先ほど、登録したメールアドレスにこのようなメールが届いているはずです。「はい、これは私のメールです。」をクリックすれば下記の表示になります。

これにて、BLOCKCHAIN.infoにてウォレットを作成することができました。

BLOCKCHAIN.infoのセキュリティを高める

先ほどの説明でBLOCKCHAIN.infoでウォレットを作成できたと思います。ですが、そのままではセキュリティが弱いと思っていいでしょう。セキュリティも簡単に高めることができるのでぜひ設定しましょう。まずはウォレットにログインします。

BLOCKCHAIN.infoのログイン方法

ログイン画面にて「ウォレットID」「パスワード」を入力します。このウォレットIDですが、ウォレットを作成したときに届いたメールの下部に記載しています。

 

そして、「ウォレットID」「パスワード」が正しければ登録したメールアドレスにメールが届きます。そしてメールより「許可する」を選択するとウォレットにログインできます。

BLOCKCHAIN.infoのセキュリティUP

デフォルトのログイン方法で結構セキュリティが高いのでは?と思うかもしれませんが、これだけだとハッキングに合う可能性があります。現に不正ログインにて損失を出した人も多くいます。自己責任の世界なので泣き寝入りになってしまうので悪しからず。

 

セキュリティを高めるという意味では2種類の考え方があるので、解説していきます。まずは、ウォレットにログインできなくなった場合にどうするのか?ということ。もう一つは、不正にログインされないようにすること。どちらも大切なことなので2つの方法を見ていきましょう。

ウォレットを紛失した場合は、、、

たとえば、BLOCKCHAIN.infoをスマホのみので使っている人がいます。スマホを無くしたらどうしますか?または、PCで使っている人はPCが壊れたらどうしましょうか?

 

というように不慮の出来事によってウォレットを開くことができなくなる場合は少なからずあります。今は大丈夫でもどうなるか分かりませんね。しかしながら、ウォレットというのはインターネット上に公開されているということから復元することが可能です。

 

その際には復元コード・バックアップフレーズ・復活キーなどと呼ばれるモノが発行されます。BLOCKCHAIN.infoの場合は、バックアップフレーズと言います。

「セキュリティセンター」を選択すると「バックアップフレーズ」を選択できます。

ここでは「リカバリーシートを印刷」で印刷を必ず行ってください。そして「次のステップ」をクリックすると12の英単語が出現するので先ほど出力したリカバリーシートに手書きで文字を間違いなく写していきます。

こちらのように12フレーズ出てきます。

このリカバリーシートの12単語を書き留めたら、ランダムの番号の単語を答えるようになります。

そちらが正しければ、その12単語がバックアップフレーズとなり、ウォレットにアクセスしていた端末が無くなった、故障したなどの場合でも、別の端末で復活させることができます。

もちろん、その12単語を書き留めたリカバリーシートは大事に保管してください。それを盗まれるとウォレットの中身を盗られる可能性が高まります。

不正アクセスを防ぐには、、、

次に不正アクセスを防ぐための設定を行います。スマホアプリの場合はありませんが、PCで作業を行う場合にはこちらの設定をおすすめします。2段階認証の設定を進めていきます。

こちらに電話番号を入力するとSMSにて「ウォレット承認コード」とよばれる5文字の英数字が出現します。これをログインするときに入力できないとログインできない仕組みです。つまり、スマホを悪意あって、あなたのウォレットにログインしようとする人が盗まない限りほぼ大丈夫です。

『モバイルがリンク付けされました』という表記がでたら2段階認証の設定を行います。『有効にする』をクリックします。

ここではAuthenticationと携帯電話を利用して2段階認証できますが、携帯電話で行ってみましょう。右側のポツを選択して携帯電話のマークをクリックします。これで2段階認証の設定が完了しました。こちらが実際のログイン画面です。

ウォレットIDとPasswordを入力してOKを押すとこちらの画面に移ります。そうすると先ほど携帯電話で設定したSMSに『SMSコード』が届きます。こちらを入力したログインできます。

BLOCKCHAIN.infoの使い方!送金と入金方法は?

BLOCKCHAIN.infoですが、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュが保管できます。ウォレット開設時に全て使用できるようになっています。使い方は一緒なのでここではビットコインで見ていきます。

ビットコインを受信するには?

BLOCKCHAIN.infoでは、法定通貨で仮想通貨を買うことはできません。あくまで、既に持っていビットコインを保管するためのウォレットになります。まだ、ビットコインを買うための取引所を開設していない人はいないとは思いますが、こちらで取引所を紹介しているのでご参考に。

「受信」というボタンがありますがどれでもいいのでクリックしてください。

こちらに、このウォレットのアドレスが表示されます。こちらを送金元に知らせたりすればOKです。

ビットコインを送信するには?

先ほどと同じように「送信」をクリックするとこちらの画面に移ります。

送り先のアドレスを入力して、送金額を入力します。BTCベースでも、日本円ベースでも簡単に金額を入力できるので使いやすいですね。『続行』をクリックして完了となります。

さいごに。

仮想通貨の世界では自分の資産は自分で管理しないといけません。日本では銀行が管理してくれている日本円。何かあれば銀行や国が保証してくれます。

 

ですが、仮想通貨の世界では何も保証されていません。しっかりと自分で仮想通貨を管理する知識を身に付けるのは必須となります。