ビットコインの今後の予想は300万円に到達する!その理由は?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

ビットコインの取引が開始された当初は、1Bit=数円程度の価値しかなく、世間的にもまだまだ認知されていない状態でした。リリース直後は日本円で約0.07円程度。

 

しかし、ビットコインは年々知名度を上げていき、値上がり値下がりを繰り返しながらも、2017年1月時点で1Bit=8万円ほどの価値になっており、2017年9月現在では1Bit=50万円を一時的に超えた価値になっています。2017年12月には200万円を超える熱狂ぶりです!

 

この1年の間でビットコインの価値は25倍以上に跳ね上がっています。今後もビットコインの高騰は続き、やがて1Bit=100万円を超える日がやってくるのではないかと予想する人もいるほどです。

 

なぜこれほどまでにビットコインは価値を上げ続けているのでしょうか?


画期的な新しい通貨のため

ビットコインの今後の予想

ビットコインの運営システムはこれまでの通貨のシステムと比較しても非常に斬新なものでした。台帳を分散して管理するブロックチェーン技術などは高く評価され、ビットコイン以外の仮想通貨にも応用され、仮想通貨以外の分野にも活かされようとしています。

 

ビットコインの存在、運営技術はこれまでになかったものですので、物珍しさから参入する人もたくさん増えているのです。参入者が増えれば取引の回数やビットコインの購入者も増えるので、価値がどんどん上がっていきます。

スマートフォンの普及

ビットコインの今後の予想

ビットコインは形のない仮想通貨であるため、スマートフォンでコインの受け渡しが可能です。スマートフォンを持っていれば財布を持ち歩く必要がなく防犯上も安全です。

 

スマートフォンは現状、先進国で普及している嗜好品の一つでもあります。しかし近年、従来の価格より低い価格で利用可能なスマホも登場していますので、発展途上国にも次第に普及されていくことでしょう。

 

発展途上国では、国の金融機関が紙幣発行に規制をかけたり、戦争などの問題で銀行が稼働しなくなったりしてしまう事態も多く見られます。金融機関にお金を預けていても安心とは限らないのです。

 

そこでビットコインのような仮想通貨で管理していた方が、国の金融機関に預けるよりも安全だと考える人々も多いようです。スマートフォンの普及によって、国の情勢からビットコインを使いたいと考える発展途上国の人たちも参入し、取引が盛んになればビットコインの価格も膨れがあることでしょう。

 

日本でも、スマートフォンの普及率は70%ほど。より普及することでビットコインを新たに利用する人も増えると見込まれす。ビットコインでの支払いに対応しているお店も増えているので、参入者も拡大するでしょう。

取引所の増加

ビットコインの今後の予想

ビットコインなどの仮想通貨は「取引所」と呼ばれるところで取引したり、預けておいたりすることができます。近年この取引所が数多く設立されており、よりビットコインの取引に拍車をかけていると言えます。

 

今、国内でビットコインを含む仮想通貨を購入するにはコインチェック、ビットフライヤーがおすすめですね。国内でも金融庁の許可を得ているのために、とても安全に取り扱うことで可能です。区らしくはこちらで解説しているのでご参考までに。

 

以前は、大手取引所のマウントゴックスが、預かっていたビットコインの盗難を理由に取引停止の状態に陥るなど、取引所自体の信頼も希薄な状態でした。

 

しかし、改めて大手の取引所がそう言ったセキュリティ面での対策を進めており、以前より強固なシステムでの運営を行っています。ビットコインの取引を行う上での安全面や利便性などがより整ったことで、ビットコイン参入者が増え、取引も盛んになると見込まれています。

ビットコインに付随したサービスの出現

ビットコインの今後の予想

先述の通り、ビットコインでの支払いに対応するお店など、ビットコインに付随したサービスを展開している企業などが増えています。

 

これによりビットコインを持っていた方がお得だと考えた人々が、ビットコインの購入に乗り出しています。最近だと日本では「VALU」というサービスが登場し、ビットコイン参入者を増やしています。

 

VALUとは、簡単に言うと「個人を上場させることができる」サービスです。

 

自分の株式(VA)を投資家たちに買ってもらうことで、資金調達が可能になります。本来は上場企業が行っていることを個人レベルでできるのがVALUというサービスです。

 

自分の株の価値は投資家達(VALUERと呼ばれます)がVAの取引を行ってくれることで上昇してきます。より人気の人ほどのVAの価値が上がりやすいので、保有したいと考える人も多くなります。

 

単純に応援したい人のVAを購入することで、直接その人の活動資金にしてもらいたいと考える人も利用しています。個人事業などを行う人、それを応援する人を直接繋げるようなサービスです。この「VALU」のサービス内で行われる取引に使用されるのは全てビットコインです。

 

自分が応援したい人が「VALU」を利用しているので、初めてビットコインを購入したという人も多いと思われます。「VALU」には堀江貴文さんなど各業界の著名人が参加しているため、今後もそういった人々を支援したいと感じ、ビットコインの購入を始める投資家も増えていくことでしょう。

 

「VALU」のようなビットコインを使ったサービスが今後も増えていくと思われます。「VALU」をプラットフォームにし、サービス内容を追加したものが登場するのもそう遠くないはずです。

 

こういったサービスが増えることで、新たにビットコインの購入者が増え、ビットコインの価値が上がることでしょう。1Bit=300万円も決してありえない数字ではないと思われます。2018年末には300万円位になるのでは?といわれていますからね。

おすすめ無料トレードシステム

仮想通貨のステーキングにCoboWalletやBinanceウォレットが対応!

2019.08.14

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です