ChiliZ(チリーズ)上場日やエアドロップは?特徴や取引所も調査!









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

仮想通貨の市場が冷え込んでから、もう1年近く経過していますね(2018.11)。ですが、先日には大きなファンダメンタルズがありました。それは、スイスのAmun社によって提供される「Amun Crypto Basket Index (HODL5)」をETP認可したというニュースです。これで大口が本格的に参入するきっかけとなる気がしています。

 

また年末に向けて良い傾向になるとみています。そこで上向きになることを見込してか、上場をあえて遅らせていたICOが上場する動きを見せています。その中でも、注目すべきは『ChiliZ(チリーズ)』ですね。

 

このChiliZ(チリーズ)が、なにやら宣伝を兼ねて『エアドロップ』を始めているようです。ここでは、そのエアドロップでチリーズを無料で受け取る方法、そもそもチリーズとは?など気になることをまとめました!

ChiliZ(チリーズ)の特徴は?

ChiliZはどういった仮想通貨なのか?ということですが、若者を中心に熱狂的なファンが多いeスポーツに関係します。日本でeスポーツと聞くとまだまだマイナーなイメージがありますが、世界中でとても広まっています。

 

日本でもプロ大会がありましたね。2024年オリンピック種目にも追加されるのではないかとも言われています。日本はeスポーツ後進国ですが、きっかけさえあればかなり人気が出ることでしょう。

 

その人気あるeスポーツのチームをマネジメントするプロジェクトに参加するときに使用される仮想通貨となります。

ChiliZ(チリーズ)はeスポーツファンのためのプロジェクトで、直接好きなチームに声や意見を届けることができうプラットフォームです。従来のサッカーなどのスポーツはオーナーが選手の獲得などを決める権限があります。

 

つまり、選手の取捨選択におていはファンの声は一切届きません。ファンがいてことのクラブチームなのに。しかし、このChiliZ(チリーズ)というプラットフォームにおていは、そのメンバースカウト・運営方針などの決定にファンとして関わることができる画期的な仕組みです。

 

このプロジェクトを使用することで、ファンはさらにクラブに愛着を持ちます。経営者側もファンの満足度が上がることでサッカーであれば来場者が増える、ユニフォームが売れるなど、大きな効果があるでしょう。その稼いだ資金で、またファンと選手のスカウトであったり相談できるわけです。

eスポーツの可能性とは?

ですが、やっぱり成長産業において投資していかないと稼ぐことができません。そこで、eスポーツがどれくらい成長していくのか見てみましょう!本当に凄いですからね!

 

プロプレーヤーはまだまだ一握りですが、オーディエンスは3億3,500万人以上いるとされています。巨大なマーケットがそこにあることが分かりますよね?

 

市場は2018年にはおよそ1,000億円以上、オリンピックの開催される2020年にはおよそ1,500億円以上の市場規模と算出されています。2022年には3,300億円規模。ちなみに、2017年の世界市場規模は700億円です。

 

これらの数値は、 アメリカに本社を置く証券会社ゴールドマンサックスは、eスポーツ産業に関する報告書に掲載されていた数値になります。どれだけ、成長産業なのか分かったかと思います。

ChiliZ(チリーズ)上場日や上場先は?

そこで気になるのは、ChiliZ(チリーズ)の上場日や上場取引所ですよね?これについては憶測となります。絶対にそうなるというわけではないのでご了承ください。

 

ChiliZ(チリーズ)上場日ですが2018年12月18日~年末に向けてだと予想されています。そして上場する取引所は『Binance(バイナンス)』の可能性が高いとみています。

 

まず、上場する取引所がなぜBinance(バイナンス)なのか?ということですが、これはChiliZ(チリーズ)の事務所とBinance(バイナンス)の事務所がマルタ島の同じビル内にあることです。そして現にBinanceはChiliZに出資していますからね。

 

そして、上場日ですがこれはエアドロップの締め切りが12月17日ということです。そうなんです!ChiliZ(チリーズ)がエアドロップしています!これから、そのエアドロップでChiliZ(チリーズ)を入手する方法をまとめますね!

ChiliZ(チリーズ)でエアドロップをゲット!

そうなんですよね、ChiliZ(チリーズ)エアドロップ!と聞いたときに個人的にはマジか、、、、(;´∀`)と思いました。基本的にはエアドロップは価格の暴落を起こすことが多いです。エアドロップされた仮想通貨は売られるため、買い手が付かずさらに売りを呼んで大幅下落。

 

ですが、ChiliZ(チリーズ)の場合においては2700万円程度。ChiliZ(チリーズ)が欲しいという人の多さなどから考えるとエアドロップされたトークンはHODLされる可能性が高いと思います。売られても買い足す人の方が多いでしょう。

 

それではエアドロップでChiliZ(チリーズ)を受取る方法を順に見ていきます!ざっとはじめに手順を確認しておきましょう。

  1. ChiliZ(チリーズ)公式WEBへアクセス
  2. フォームで必要項目を記入
  3. ミッションをクリアしてエアドロップを増やす

1.ChiliZ(チリーズ)公式WEBへアクセス

まずは、ChiliZ(チリーズ)公式WEBへアクセスしてください。リンクはこちらに掲載しておきますね。下記よりアクセスしてください。

アクセスするとこの画面になりましたでしょうか?こちらより登録作業へ入っていきます。『Compete Now!』をクリックしましょう。

2.フォームで必要項目を記入

『Compete Now!』をクリックすると下記のフォームが出現します。こちらを入力していきましょう。

必要事項を入力していきましょう。マイイーサウォレットのアドレスですが、こちらにChiliZ(チリーズ)を受け取ることになるので、間違えないようにしてくださいね。

「マイイーサウォレットのアドレス」ってなんですか?という人はコチラをご参照ください。ここまでが、ChiliZ(チリーズ)への登録作業です。これだけでも多少のChiliZ(チリーズ)が配布されますが、さらに欲しい人は下記をごらんください。

3.ミッションをクリアしてエアドロップを増やす

今回のエアドロップですがChiliZを多くの人に知ってもらいたいというマーケティング目的で行われています。そのため、広く広める手伝いしてくれた人にはさらにChiliZはエアドロップしますよ!ということになっています。

 

誰でもできる方法もあれば、ちょっと難しいミッションまであるので、できる範囲でやってみるのもいいですね!先ほど、登録したさいにこの画面になったと思います。

このミッションをクリアすると書いてある数値のChiliZを受け取ることができるようです。エアドロップの量が決まっているので早いモノ勝ちかもしれませんね。ちょっと確認とれていませんが。

 

最初のミッションは公式テレグラムに参加するだけ、という誰でもできることなので、しっかりと登録しておきましょう!ちょっとの違いが大きな違いになることは、仮想通貨業界ではよくある話ですからね!

さいごに。

ChiliZ(チリーズ)ですが、個人的にはかなり期待している仮想通貨になります。パリ・サンジェルマンFCと提携したニュースには衝撃が走りました!世界でも名立たるサッカーのビッククラブですからね。ネイマール、エムバペ、カバーニなど世界最高峰の選手しかいないクラブですw

 

そして、Binance(バイナンス)とも、とても良好な関係を築いていることを考えると今後の発展に期待せずにはいられませんね。eスポーツ銘柄ともいえる仮想通貨は他にもありますが、オリンピックに採用される仮想通貨が出てくるとなるとChiliZ(チリーズ)に期待したいところですね!

おすすめ無料トレードシステム

仮想通貨のステーキングにCoboWalletやBinanceウォレットが対応!

2019.08.14

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です