仮想通貨ADA(Cardano)ステーキングはいつから開始?やり方や配当計算は?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

仮想通貨という名称ですが、安倍首相が暗号資産と呼ぶとして国会で発言していましたね。個人的には『資産』という言葉は流動性が低いイメージがあるので、間を取って暗号通貨でいいのでは?と思っています。

 

その暗号資産ですが、時価総額ランキングで10位前後(2019.2)にランキングしているCardano(ADA)に注目していきます。

 

このCardanoについては将来的にいろいろなことが期待されています。そして、近々の注目として「ステーキング」が始まるということです。そのあたりも調べてみました。

仮想通貨Cardanoとは?

Cardano(カルダノ)とありますが、あくまでもこれはプラットフォームの名前になります。そのCardanoのプラットフォーム内で流通する暗号資産をADA(エイダ)と呼ばれています。日本(カルダノ)で流通している通貨は円(エイダ)といった感じです。

 

このカルダノプラットフォームにはさまざまな目的があるのですが、開発者のチャールズ・ホスキンソン氏が目指すところは銀行口座すらもてない、市場経済にアクセスできない人を取り込むプラットフォームの形成です。

 

貧しい国、近代化が進んでいない国においては銀行口座を持っている人が多くありません。そういった人たちにを世界の経済圏にアクセスできるとみんなが豊かになることができるでしょう。

 

そのため、最近のカルダノ財団の動きとしてアフリカへ赴くことも報告されています。これは、カルダノプラットフォームが目指すことのほんの一部です。その可能性はとても大きなものを感じさせますね。


仮想通貨ADA(Cardano)ステーキングはやり方や配当計算は?

まず、このステーキングというコンセンサスアルゴリズムですが、ADA保有量、保有期間によって配当を分配するということです。配当を受け取るには、取引所に置いていても良いのか?ということですが、これはカルダノのウォレットでもあるダイダロスに保管していないともらえません。

 

詳細なことはまだ公開されていませんが、ダイダロス内に「ステークプール」ができて、そこにエイダを保管しておく必要があります。

 

ロードマップを見るとグループになってステーキングできるとの記述もあるため、共同してステーキングすることも可能になるようです。しかしながら、1プール(ステーキングする団体や個人)の配当されるエイダには上限が設けられるとも書かれています。

 

そのため、特別に何か難しいことをやらないといけないのか?というと、何も必要ありません。ステークプールにエイダを入れておくだけで良いです。そして、気になるのは配当がどれほどあるのか?ですよね。

 

これに関しては、現状では全く明かさせていません。明かされているのは、保有量と保有期間(コインエイジ)によって決まる。というこの2つです。

 

保有期間が長い方が優位性が高い項目となるでしょうね。長期保有者はADAを長い目で投資している人なので優遇されるべきと考えるのは自然ですね。

 

現状、僕たちができることといえば、エイダを買い増して、ダイダロスに保管しておくことだけです。


仮想通貨ADA(Cardano)ステーキングはいつから?

最も気になるのは、このステーキングがいつから開始されるか?ということです。既にステーキングはテスト段階にあります。有志を募ってステーキングのテストを行っています。

 

現状ですがそのテストがどこまで進んでいるのかは不明です。デバックしながら修正していくという作業を行っている為、どれほど時間がかかるのか正直見えないところがあります。

 

昨年の夏にもステーキングがもうすぐ始まると言われていましたが、そうなりませんでした。2019年内に始まればいいかな?くらいで思っています。このステーキングが始まったというニュースが流れるとエイダの価格が上昇するのは目に見えていますね。

まとめ

カルダノプラットフォームにあるダイダロス(ウォレット)では、エイダ保有数、保有期間でエイダの配当を受けることができます。ステーキングプールにエイダを保管することで配当を受け取れます。

 

しかしながら、どれくらいの配当があるのか、ステーキングが始まるのはいつになるか、ということに関してはまだ未定で公にはなっていません。今後の開発次第では時間がかかることも想定されます。

 

最新鋭の技術のため、開発期間が長引くことは仕方ないことでしょう。今後もカルダノ財団から発表される報告を楽しみに待ちましょう。

おすすめ無料トレードシステム

仮想通貨のステーキングにCoboWalletやBinanceウォレットが対応!

2019.08.14

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です