暗号資産とは?名称を変更した理由や税制変更の可能性は?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

仮想通貨、ビットコインといえば、おそらくでは殆どの人が効いたことがあるでしょう。コインチェックのNem流出事件がきっかけに知れ渡った?と思いますが、この仮想通貨という名称は変更されるでしょう。

 

というのも、国会の答弁で藤巻議員と仮想通貨の議論を行っているときに「仮想通貨ではなく暗号資産と呼ぶ」と前おいてから答弁を行っています。名称を変更したのはどうしてなのでしょうか?


暗号資産とは?名称を変更した理由は?

そもそもですが、仮想通貨と呼びます!といったのは政府です。仮想通貨法と呼ばれている法があります。それは「資金決済法」です。

 

勘違いしている人がとても多いため解説しておきますが、仮想通貨法といわれている法律ですが、仮想通貨のために作られたものではありません。

 

昔からある法律で、そこに仮想通貨という言葉が追加されただけです。多くが取引所業者に対しての法律となっており、個人はそれほど大きく影響されることは書かれていません。

 

話が少し逸れてしまいましたが、暗号資産とは「仮想通貨」のことです。もちろん、資金決済法でも仮想通貨から暗号資産と呼称が変更されるでしょう。

 

この暗号資産と呼ぶと言った理由ですが、「世界基準ではCrypto Asset(クリプトアセット / 暗号資産)」と呼ばれています。仮想と言っているのは日本人くらいです。

 

そのため、世界基準に合わせたということでしょう。


暗号資産の税制変更の可能性は?

そして、名称を変えたことで税制改正となるのでしょうか?現状ですが、暗号資産は個人の場合は雑所得になります。そのため、法人を設立して暗号資産を業務として取り扱い法人税で節税する人が多いです。

 

暗号資産においては日本では通貨として認められています。価値保存・価値尺度・交換媒体があるワケです。

 

しかしながら、現状の法律では細かすぎる税金の計算方法が問題となっています。仮想通貨同士の交換でも利益確定、損益通算が出来ない、少額の決済でも利益確定、、、、利便性が全くありません。法律面からみると日本では仮想通貨を使いたくない人が殆どでしょう。

 

この利便性を妨げることでイノベーションをも妨げるとして声を大にしているのが冒頭でもでてきました藤巻議員です。伝説ディーラーとよばれる元JPモルガン出身の方ですね!

 

現場でバリバリやってきた実績ある方なのでとても知識が豊富です。日本経済について日銀・大臣・省庁と答弁を行っていますが藤巻議員が終始圧倒しています。

 

そして、三木谷社長率いる新経済連盟が仮想通貨規制で金融庁に提言しています。暗号資産に関しての不自由な税制を改めるべきだと主張しています。

 

この新経済連盟とは楽天株式会社の三木谷社長をはじめ、サイバーエージェント藤田社長、クラウドワークス吉田社長など、名だたる企業が参加している連盟です。

新経済連盟の会員一覧

言ってしまえば、高額納税会社ばかりと言って良いでしょう。お得意様ばかりということですね。そこからの提言のため無視するわけにはいかないでしょう。

 

そのため、暗号資産に関する税制改正が進むと期待されます!しかしながら、、、暗号資産の税制を改正したからといって日本政府の税収が上がるのか?というとそうではありません。日本政府に税改正してもあまりうま味がないため改正されないだろう、、、という意見も見られます。

まとめると

暗号資産とは仮想通貨のことです。安倍首相が呼び名を暗号資産と改めると発言しました。

 

税制に関しては新経済連盟が改正するように金融庁に提言書を提出しています。理由としては、現状の税制では利用に不便なため、イノベーションを妨げるということです。

 

税制改正されたら、たぶんですが、、、多くの人が日本円に利益確定して使うと思います。そして経済効果があると思うのは僕だけでしょうか?今後の税制の動きも要チェックですね!

おすすめ無料トレードシステム

仮想通貨のステーキングにCoboWalletやBinanceウォレットが対応!

2019.08.14

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です