イーサリアムとは?今度どれくらいになる?ビットコインとの違いは?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

現在世界中で取引されているビットコインの次世代仮想通過として「イーサリアム」と呼ばれる仮想通貨があります。

 

イーサリアムとは、仮想通貨の名称として使っている人も多いようですが、正しくは「イーサリアムプロジェクト」という新しい仕組みを生み出そうとする計画・組織があり、その計画に必要なアプリケーションやソフトウェアのことをイーサリアムと呼びます。

 

このイーサリアムプロジェクトで使用される仮想通貨のことは「ether(イーサー)」と呼びますので、本来仮想通貨の名称として使うのであれば「イーサー」と呼ぶべきなのです。

 

しかし、イーサリアムという名前の方が浸透しているため、仮想通貨自体もイーサリアムと呼ばれる場合が多いようです。現在このイーサリアムがビットコインに次いで非常に高い価値を持つ仮想通貨となっており、新規参入する企業や個人が増えています。


イーサリアムの今後の成長性はあるのか?

イーサリアムとビットコインとの違い

イーサリアムは比較的新しい仮想通貨で、2014年頃から取引が行われてきました。当時の1Eth(イーサ)あたりの価値は25円ほどしかありませんでした。まだまだ高額になるかどうかはわからない状態だったと言えます。

 

しかし、3年経った2017年には1Eth=46,000円ほどにまで値上がりしたことで、非常に期待値の高い通貨として注目され始めています。

 

値上がりの理由としてはマイクロソフトなどの世界を代表する大手企業と提携していることがあります。大手企業と提携したという安心感からイーサリアムで通貨を購入し、取引を開始している人が増えたようです。

 

さらにマイクロソフトと提携したことをきっかけに、多くの超大手企業がイーサリアムを使用しての取引を開始しているというニュースも流れています。それもイーサリアムの価値そして安心感を高めている理由の一つとなるでしょう。

 

イーサリアムも常に値動きをしていますので、価格の上昇・下落などのリスクは伴います。しかし、今後ビットコインに成り替わる通貨になるのではないかと期待する人々の参入が増えれば、より一層利益を生む通貨となるかもしれません。

 

ただ、イーサリアムは新しい仮想通貨ですので、ハッキングなどの危機にさらされてしまう可能性も否めません。その点に関してはマイクロソフトとの提携によって、セキュリティシステムもより頑強なものにアップデートし続けていくことでしょう。

 

現状、イーサリアムはビットコインに次いで世界第2位の時価総額を持つ仮想通貨です。今後も伸びを見せ続ければビットコインに並ぶ、あるいは追い越す可能性すら秘めている仮想通貨でもあります。今後の動向が注目されています。

イーサリアムとビットコインの違いは?

イーサリアムとビットコインとの違い

イーサリアムはビットコインのシステムにさらに新しいシステムを追加した仮想通貨であり、より信頼性や利便性を追求しています。購入方法はビットコインと変わりません。

 

イーサリアム保有者との売買、他人からイーサリアムをもらう、イーサリアムのプログラミングを行う(採掘やマイニングと呼ばれる作業)ことで獲得できます。マイニングに関しては現状、業者などを中心に行っており、個人でやるのが非常に難しくなっているようです。

 

取引の方法などもビットコインとは変わらないのですが、イーサリアムを管理するシステムにビットコインとの大きな違いがあります。

 

ビットコインの従来のシステムである「ブロックチェーン」。後述しますが、簡単に説明すると、「世界中で取引されたビットコインの履歴をビットコインの保有者全員が確認出来る台帳のようなシステム」があります。

 

このシステムで、不正な取引が行われていないかなどを全員で監視するのです。イーサリアムはこのブロックチェーンに加えて「スマートコントラクト」と呼ばれるシステムを取り入れています。

 

スマートコントラクトとは「契約の内容や条件までも台帳に記録する」システムです。仮想通貨に限らず、何らかの契約をする際には、契約する双方が納得する条件(値引きや特典など)が付加される場合が多いです。

 

ビットコインのブロックチェーンでは「取引したという事実」が履歴として残るだけでした。詳細な取引における条件までは確認できません。しかし、イーサリアムのスマートコントラクトでは、契約の条件までも履歴として残ります。そのため、企業間取引で使用されることが増えています。

 

これによって、取引した双方がその条件を守らなければならない証拠のようなものになるのです。この条件を無視した場合、取引が正しく行われていないと証明することができます。このように、契約の条件まで台帳に記載されるというのがイーサリアムとビットコインの大きな違いです。

 

イーサリアムはビットコインのシステムを応用し、さらにオリジナルのシステムを加えた仮想通貨です。まだ新しい通貨ということで知名度の高さや参入している人々の人数もビットコインの方が上回っています。

 

しかしシステムの画期的さや、安全面、今後の価値の上昇などによってはビットコインに成り替わる仮想通貨になると予想できます。

 

また、イーサリアムを購入するにはビットフライヤーという国内取引所で気軽購入することができます。こちらのページにてコインチェックの利用方法をサポートしているので参考にしてください。

>>>セキュリティ対策もバッチリ!<<<
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめ無料シグナル

泉忠司氏がカンボジアツアー?0円から1億円プロジェクトとは?

2019.04.04

BitHi(ビットハイ)取引所の開設方法は?入出金やトレード方法も!

2019.04.03

ノアシティの場所は?ホライゾンマニラ埋め立て開始?完成はいつになる?

2019.02.19

川越諒太郎(ホワイトハッカー)リブートプロジェクトは詐欺?口コミや評判は?

2019.02.19

暗号資産とは?名称を変更した理由や税制変更の可能性は?

2019.02.17








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です