仮想通貨のアルトコインとは?なぜこれほど多く種類があるのか?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

仮想通貨の中には「アルトコイン」と呼ばれる仮想通貨が存在します。アルトコインの正式名称はalternative coinで、略してaltcoin(アルトコイン)と呼ばれています。alternativeとは日本語で「代わりになる」という意味があります。

 

アルトコインとは「ビットコインの代わりになる仮想通貨」という意味なのです。アルトコインという特定の仮想通貨があるのではなく、ビットコイン以外の仮想通貨の総称をアルトコインと言います。こちらで紹介しているイーサリアムもアルトコインの一つです。

 

ビットコインは、マイニングというコンピュータでの作業を通してコインを発行します。これは個人レベルでも可能な作業のですが、ビットコインの発行上限は2100万枚までと定められており、それ以上のビットコインが市場に出回ることはありません。

 

投資家たちとしてはよりたくさんのビットコインを発行し、たくさん流通させた方が儲かる可能性が高くなります。しかし流通するコインの上限がある以上、稼げる限界もあるのが現状です。

 

そこでビットコインが発行上限に達してしまった場合、さらなる投資の方法となり得るアルトコインが数多く生まれました。アルトコインはビットコインのシステムを踏襲しながらも、さらに使い勝手を良くしたり、安全面を強化したりするなどして差別化を図っています。

 

アルトコインの種類はどんどん増え続けており、現在では2000を超えるアルトコインが存在するとされています。ただ、中には市場に出回っていないコインもあるそうで、その数も把握しきれてはおらず、すべてのコインが高い価値を持っているとも限らないようです。

 

取引所の数もビットコインと比べて少なく、むしろ使い勝手が悪いコインさえもあります。なぜアルトコインはたくさんの種類があるのか?正確な数が把握しきれないほど種類のあるアルトコイン。なぜアルトコインはこんなにもたくさんあるのでしょうか?その理由は大きく分けて3つあります。


仮想通貨で儲かる可能性が高いから?

アルトコインとは

アルトコインも取引開始時点ではその存在すら認識されていないので、購入にかかる費用は非常に安いです。誰も購入していないコインであれば0円で購入可能な場合もあるでしょう。その後、アルトコインの購入者や取引の数が増えていくと、価値が2倍3倍と膨れ上がっていき、購入時点の価値を大きく上回り利益が出ます。

 

世の中に認知され始めたばかりのアルトコインであれば購入にかかる費用が安く済むので、少し値上がりするだけでも利益が出やすいです。そのため投資家たちも儲かる可能性を考えて新参のアルトコインを購入します。このようなニーズに応えるためにアルトコインが日夜生まれているのです。

 

そういった投資家たちのニーズがある以上、アルトコインを作り出した企業あるいは技術者たちも、事業として収益化できる可能性を見出しています。そのため新規にアルトコインを作り、参入するケースも増えているのです。

 

安く購入できたアルトコインも価値が上がらなかった場合は利益になりませんので、投資家たちも、アルトコインの制作者たちも本当に今後価値が上がる可能性があるのか厳しく判断しなければなりません。

ビットコインのシステムを応用しているアルトコイン

アルトコインとは

ビットコインはどこかの組織が一元管理しているものではなく、世界中のプログラマーやエンジニアたちが技術を持ち寄り作り出されたシステムです。そのため、ビットコインの基礎となるシステムの構築方法などはすべて公開されています。

 

知識と技術のある人が見れば、ビットコインのシステムを自分で再現することも可能なのです。基本となるシステムが作れれば、あとはビットコインやその他のアルトコインにはないサービスや価値を付加して差別化を図れば、新しいアルトコインが完成します。

 

参入障壁がそれほど高くないからこそ、たくさんの技術者がビットコインの代わりになるアルトコインを生み出そうとしているのです。

ビットコインのシステムを応用したい開発側

アルトコインとは

ビットコインは新しい概念の通貨として認識されています。ビットコインを支えるブロックチェーンなどのシステムは非常に斬新なものです。こう言ったビットコインのシステムを他の事業や社会貢献などに応用するべく技術を学びたい技術者も多く見られるようです。

 

新しいアルトコインを生み出して、その売買によって得られる利益が欲しいのではなく、ビットコインのシステムを学び、実装することで、他の試みに応用していくための実験としてアルトコインを作ったというケースもあるようです。

 

基本的には1番の儲かりそうという理由からアルトコインを生み出している技術者が多く、結果として数え切れないほどのアルトコインが出回る現状につながったのだと思われます。

 

ただ、アルトコインそのものから利益を得ようとする技術者ばかりではなく、ビットコインの技術を他に生かすべく実験の目的でアルトコインを作った技術者もいるようです。

 

今後はそのような社会貢献へ繋がるような開発を行っている人たちが日の目を浴びるときがやってくるでしょう。その時代がこれから徐々に現実になってきていますね。これからが本当に楽しみです!

おすすめ無料トレードシステム

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16

泉忠司氏がカンボジアツアー?0円から1億円プロジェクトとは?

2019.04.04








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です