仮想通貨の担保でもあるブロックチェーン技術とは?分かりやすく説明!

おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

ビットコインの取引はすべてブロックチェーン技術というもので管理されています。ブロックチェーン技術とは「分散型台帳技術」と呼ばれるものです。

 

従来の金融機関などでは、利用者間で行われた取引情報はすべて中央管理者に集められ、中央管理者が台帳に記録していくというシステムを取っていました。ブロックチェーンはこの中央管理者をおかず、台帳を複数のデータベースによって管理します。ビットコインの取引をすべて記帳し、すべてのデータベースに反映させていくという画期的なシステムです。

 

そのため、北朝鮮がミサイル実験を行うなどの政治的な動きでも値が変動します。日本が有事になれば日本円が危うくなります。そういうことで、日本円をビットコインへという心理が働くこともよくある話ですね。

 

ビットコインの取引は、幾つかの取引履歴をまとめたものブロックと呼びます)を一定時間ごとに台帳に記録し、その記録がすべての分散したデータベースに反映され、閲覧可能となります。

 

ブロックチェーンで記録された履歴は暗号化され、詳細部分までは公開されませんが、ビットコインの利用者であればデータベースの閲覧が可能となっています。

 

これによって不正取引がないかを利用者全員で監視できるのです。不正取引の温床となりやすいビットコインだからこそ、より厳重な監視体制を置かなければなりません。

 

もし中央管理者を置いた場合、その人物あるいは組織が不正を行って台帳の内容を改ざんする可能性もあります。そういった事態を防ぐべく、ブロックチェーン技術が用いられているのです。


担保でもあるブロックチェーン技術の不安要素は?

ブロックチェーン技術を分かりやすく説明

ブロックチェーンの不安要素として、本来分散したデータベースに同じ情報を記帳しなければならないにもかかわらず、記帳漏れが発生してしまうなどの場合があります。記帳漏れがないよう、記帳する取引履歴を決めるマイナーという人々がおり、彼らはデータベースの維持管理業者として「マイニング」という作業を行います。

 

マイニングとは、記帳するブロック内のデータ(トランザクション)が正しいものかどうかを判断するマイナーを一人決め、その人が取引履歴の整合性を確認したのち、自分のデータベースに記帳することで、他のデータベースにも同じ内容を反映させる作業のことを指します。取引の整合性を判断し、記帳する更新権限者を一人決める合意形成が記帳までの過程に入るのです。

 

この一人を決めるためには「Proof of Work」という、コンピュータで計算式を解く作業をマイナーたちに競争という形で行わせ、そのスピードが速かった人を台帳の更新権限者とします。反対語は「Proof of Steak」です。

 

計算はコンピュータによってほぼ自動的に行われますが、そのスピードはコンピュータの性能によって左右されます。これによって人的な誤差が生まれないように平等な計算ができる仕組みになっています。

 

更新権限者には報酬としてビットコインが提供されます。これを事業として行っているマイニング業はという企業や団が存在するほどです。

 

その他に、過去の取引情報から、より多くの取引を行っている1名が更新権限者となる「Proof of Importance」、より多くのコインを持っている人が権限者となる「Proof of Stake」などの方法で選出する場合もあります。こうして信頼のある更新権限者を決めることで、記帳内容の信ぴょう性や記帳漏れを防ぎ、ビットコイン利用者に安全性を担保しています。

 ブロックチェーンのデメリット

ブロックチェーン技術を分かりやすく説明

より信頼性のある更新者を都度選定することで、不正な取引を見逃さないようにしたり、ビットコイン利用者であれば閲覧可能な台帳を使うなど、ブロックチェーンが安全性の担保となることで、ビットコインを始めとする仮想通貨の取引が世界中で盛んに行われるようになりました。

 

しかし、ブロックチェーンにもデメリットがあります。

 

取引履歴の更新権限者を決める都合上、権限者の決定までに約10分ほどの時間を要してしまい、台帳の反映や取引自体の完了までに時間がかかってしまうことがデメリットです。中央管理型のシステムならば、更新権限者がすでに決まっているので、直接取引内容を記帳すれば完了します。

 

取引完了までのスピードは非常に早いです。

 

しかし、ブロックチェーンでは、更新権限者を毎回「Proof of Work」などによって厳選しなければ、不正な記帳をしようとする人物に権限を渡してしまう恐れがあります。

 

この過程を省いてしまうと、金銭的な損失を被る利用者が出たり、ブロックチェーン並びに仮想通貨そのものの信頼を落としてしまったりする事態になりかねません。取引1つ1つに対して都度更新権限者を決めるために10分以上の時間を要していたのでは、すべての取引を記帳することなどできません。

 

その問題を解消するべく、複数の取引を1つのブロックにまとめることで、更新権限者を決める回数を減らしています。それでもやはり時間がかかると感じる利用者は多いようです。

 

取引完了に時間がかかるのが、従来のブロックチェーン技術を用いているビットコインの特徴の一つでもあります。現在はビットコインのブロックチェーン技術を基に、さらに改良したブロックチェーン技術を使って取引の管理をしているアルトコインも出現しています。その代表例はライトコインですね。こちらでライトコインについてまとめています。

 

複数のデータベースで取引を管理している斬新なシステムであるブロックチェーン技術ですが、信頼によって運用されている面が強いので、より厳密な精査を取引完了までの過程に組み込まなければなりません。それによって生まれる時間のロスをいかに減らしていくかが今後のビットコインの課題になると思われます。

 

このブロックチェーン技術について分かりやすく説明するにはかなり難しいことですね。やはり多少は専門用語を勉強しておかないと分からないことも多くあるようです。今回はかなり技術よりな話のために初心者にはハードルが高い感じがしています。

 

あとは専門的な話になると51%の問題もありますが、これはかなり可能性は現状では低いのであまり問題視しなくていいので割愛しておきます。この文章が理解できるようになれば、間違いなく初心者からは卒業していることでしょう。

 

ビットコインですが、日本国内取引所で最もお得に買えるのはGMOコインになります。スプレッドが狭いので両替するときの手数料がかなり安くなっています。まだの人は開設することをおすすめします!

中国がブロックチェーンを認める!事実上、仮想通貨を認可か?

2019.02.15

有村ノブアキ(わらしべ長者)詐欺?注意点は?評判はいかに?

2019.02.15

仮想通貨バンク(泉忠司案件)運用益は?解約方法や評判は?

2019.02.15

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)仕様変更!使い方は?

2019.02.14

GGT・GGC(仮想通貨)上場取引所は?金本位制で爆上げ?将来性は?

2019.02.13








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です