ライトコイン(Litecoin)の特徴や発行枚数は?将来性を考えてみた!









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

仮想通貨にはビットコイン意外にも多くのアルトコイン(ビットコイン以外の総称)が存在しています。その中には、いろいろな特徴を持っている仮想通貨が多いですね。

 

イーサリアムであればスマートコントラクト、リップルであれば送金の速さなどビットコインにはできないことが搭載されています。

 

ビットコインが仮想通貨第1号というのは誰もが知るところですが、2番目にできた仮想通貨が何か知っていますか?じつは、ライトコイン(Litecoin)が仮想通貨で2番目に制作されています。

 

ここでは、そのライトコインの特徴や将来性について調査していきます。


ライトコインの特徴や発行枚数は?

一般社団法人日本クリプトコイン協会にライトコインについて紹介している動画がありましたので、参考に見ておきましょう。

 

このライトコインですが、じつは明確に開発者が存在しています。元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏が考案してい作成した仮想通貨になります。ライトコインはGithub上2011年10月7日にリリースされていますね。

 

ライトコインの大きな特徴としてはビットコインと比べると決済スピードが早く、実用性に重きを置いてある仮想通貨になります。じつはビットコインの次に有名であればいいという思想で考案されていますよ。

 

ライトコインの発行数量ですが8400万枚ありますビットコインの4倍であるために高騰しづらいことから一般の人が使いやすくなっています。現状を見れば値幅の変動もあるときはありますが、ビットコインほどは変動しません。

 

ビットコインが送金するのにかかる時間は10分程度と言われています。2017.8にハードフォークされたので取りあえずは処理速度が早まりました。それまでは1時間とか平気でかかる時もありました。

 

それに対してライトコインは2分で処理が終わります。たしかに、ビットコインよりも使い勝手がいいですね。送金して時間がかかれば確認するのに大変です。

 

発掘コストが安いというのもライトコインの特徴ですね。ライトコイン、ビットコインなどはマイニングという仕組みがあります。マイニングという仕組みがあるからブロックチェーンはブロックを作り続けることができます。

このマイニングというのは専門的な話になると難しくなるので簡単に表現しますが、ビットコインが上手く送金できるように裏で支えている人たちがいるということです。

 

送金のお手伝いをしているので、マイニングしている人(マイナー)にはビットコインが報酬として贈呈される仕組みがあります。マイニングするには難解な暗号を解く必要があるので、PCをカスタマイズしてマイニング行います。

これ、ぜんぶPCだと思ってくだいさい(笑)こんなことをやってくれる人たちがいるからビットコインは機能しているということです。めっちゃ電気代がかかります。

 

ライトコインについてはそのようなことはなく、比較的軽いPCでもマイニングを行うことができます。少し前までは自宅のPCでも発掘できるレベルでした。今は正直電気代の方がコストが高くなる状態ですが。

 

でも、まだそのレベルでできるためにビットコインと比べると省エネな仮想通貨ですね。このように、プルーフ・オブ・ステークという仕組み(マイニングして運営)で制作されている仮想通貨が多いですね。反対語としてはプルーフ・オブ・ワーク。これについては、こちらで解説しています。

ライトコインの将来性を考えてみた!

ライトコインで気になるのは今後の将来性ですね。ビットコインの二枚煎じで良いと割り切って制作されてはいますが、やはり根強い支持はあります。

 

ビットコインが問題がある場合は、ハードフォークなどの話題がそうですが、ライトコインへ資金が移動されることがあります。そのような退避場所として考えてもいいかもしれません。

 

不安定なときは、一番良いのは日本円やドルに変えておくほうがいいですけどね。特に下降ドレンドに入ったときは売り抜いた方がいいことも多々あります。ライトコインの将来性と言えることはビットコインが上昇していくのであれば、その間は同じように伸びていくということですね。

 

先日(2017.9)も1ライトコインが初めて10,000円という大台を超えたので、これからさらに伸びていくことが考えられますね。仮想通貨の市場が大きくなるので全体的に上向くのは間違いないことです。これから1ライトコイン2万、3万と目指すことは間違いないでしょう。

 

ライトコインを購入するにはコインチェックという国内取引所で気軽購入することができます。こちらのGMOコインより気軽に購入ができるので!国内で最も安い手数料に期待です!

おすすめ無料トレードシステム

仮想通貨のステーキングにCoboWalletやBinanceウォレットが対応!

2019.08.14

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です