仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは?特徴と将来性はあるのか?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

様々ある仮想通貨の中に「NEM」というものがあります。NEW ECONOMY MOVEMENTが語源になっており、訳通り「新しい経済の動き」という意味があります。

 

2014年1月にutopianfutureという人物により企画され、2015年3月31日に公開されました。通貨の単位は「XEM(ゼム)」発行総量は8,999,999,999XEMで1600人の投資家に均等に分けられました。新規発行はありません。


ネムの特徴とは?

NEMはビットコインのブロックチェーンをより良く改良したブロックチェーンです。ビットコインのPOW(Proof of Work)とは違い、POI(proof of Importance)によるハーべスティング(収穫)というシステム。

 

POIとは、通貨の保有と取引の量に応じて報酬(通貨の発行)が発生するシステムです。NEMを保有している人たちが取引をしないと報酬を得られない仕組みになっているので、保有しているだけでは報酬が得られません。

 

この報酬はランクに応じて決まります。これをハーベスティングと言い、ランク付けは以下の量で決まります。

  • XEMの残高
  • アカウントから送金された量
  • 取引の回数

ハーベスティングは10,000XEM以上持っていないとできません。そして「EigenTrust++」という評価システムを利用しているので、NEMに参加するユーザー(ノード)は評価されます。

評価が低いユーザーは報酬も低くなるので、悪質な参加者(ノード)が出にくいのも特徴。このシステムによる低消費電力・セキュリティの強固は注目の点です。

ネムの将来性は?

仮想通貨に関しては今後の普及も期待されていて、今後世界的にメジャーな通貨になっていくのではないかといわれています。その中でもNEMは有力な仮想通貨です。

 

その理由として、ビットコインのブロックチェーンをより良いものにしたということはもちろん、「カタパルト」というアップデートが期待されていること。

 

「カタパルト」は、現在開発が進められているmijin(テックビューロ社が独自開発したブロックチェーンのプラットフォーム)の次世代コアで、ブロックチェーンの核心部分「チェーンサーバー」とAPI呼び出しの「APIサーバー」を分離・開発言語をJAVAからC++へ・通信プロトコルをsocketに実装するというもの。

 

これらによって1秒平均3000件、最高1秒4142件の取引処理を行うことが確認されています。クレジットカードの決済の速度に近いので、即時の認証を必要とするものや医療など、今後決済以外の様々な分野に普及されるのではないかと注目されています。

 

現在最速のリップルでは1秒に1000件なので、3倍にもなる速度ということで大いに期待もされています。NEMの処理速度の速さと共に期待値が大きいのがセキュリティ。

 

プライベートブロックチェーンを利用することができるようになれば、機密情報などのデータベースの処理に利用できるようになり、パブリックブロックチェーンで監視もできるという双方にもプラスになるシステムです。

 

また、取引所Zaifの運営元であるテックビューロ社が行うICOに期待がかけられています。NEMはmijinによってテックビューロ社が発行する「COMSA」というトークンを保持する予定で、「COMSA」が今後日本で展開される、企業を対象とした資金調達のICOで「仮想通貨利用者」と「仮想通貨市場に参入した企業」との橋渡しをするというのに非常に有望だとみられているのです。

2017年8月にはテックビューロ社朝山社長より、「mijinは銀行・ファイナンス・ポイント・エネルギー・不動産・ロジスティクス・行政・社内セキュリティ・認証とほぼ想定されるすべての分野での実験が揃った」と述べています。

 

NEMをベースにしているmijinが普及すればXENが上昇するのは必須です。テックビューロ社朝山社長はNEM財団の理事であり、テックビューロ社はNEM財団と提携しています。

 

朝山社長がNEM財団の理事に就任した際には、「NEMとテックビューロは今までにない速さで前進し、mijinとNEM2つのブロックチェーンプロダクトを世に広めるべく尽力して参ります。」と話しています。

 

元々開発に日本人が参加していたことや日本企業のテックビューロ社が関わっていることもあり、NEM押しの日本人は多いです。しかし、まだまだ開発途中のところもあり、海外での取り扱う取引所も少ないのでこれからさらに良くなっていく伸びしろがあると期待されます。

 

2015年4月に0.03円だったNEM。2016年1月に1円まで上がりましたが2017年2月まではほとんど動きがありませんでした。そして、2017年4月には2円だった価格が、8月末には37円まで上昇し、9月14日にはまた18円まで下がり…。と、なかなか読めませんが、上がり下がりが多いのは仮想通貨の特徴なのかもしれません。

 

2017年10月、COMSAのICOが行われた後、COMSAを利用する企業がどんな大手になるのか、どのくらいの数になるのか、そして、カタパルトの実装がいつになるのか…それによってはNEMの価格も間違いなく高騰してきます。

 

もちろん、投資(投機)にはリスクがある場合もありますし、あくまでも価格上昇は予想であって、確実なものとは言えません。どちらにしても、今後の動向に注目しつつ、無理のない範囲で安心安全な取引所で行うことは大前提ですね。

 

また、ネムを購入するにはビットフライヤーという国内取引所で気軽購入することができます。こちらのページにビットフライヤーの口座開設をサポートしているので参考にしてください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめ無料トレードシステム

仮想通貨のステーキングにCoboWalletやBinanceウォレットが対応!

2019.08.14

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16








3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です