仮想通貨ダッシュ(DASH)とは?特徴や将来性をまとめてみた!









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

仮想通貨のダッシュ(DASH)とは、Evan Duffieldが開発し、2014年1月に開始された仮想通貨です。Xcoinという名で登場しましたが、DarkCoinに変更され、2015年にはダッシュ(DASH)となりました。

 

ビットコインなどと同じく、ブロックチェーンを利用した分散型仮想通貨で、最近は急激な価格の高騰で注目を集めています。POWを採用していて、発行上限は2200万。


ダッシュ(DASH)の特徴や将来は?

ダッシュの将来性や特徴

匿名性が高い

ダッシュ(DASH)はダークセンドと呼ばれるトランザクション形式で、コインミキシングという手法を使っています。

 

送信者と受信者の間に管理ノードというプールのようなものがあり、そこに他の送信者のコインもシャッフルして元がどこかわからなくしてから送金される仕組みなので、外部から送受信者を特定できない仕組みになっています。

 

送受信の総量は同じなので、混ぜても正確に送受信されますが、第三者が情報を盗み見しようとしても、たどり着くのはプールで、その先の経路を調べることはできなくなっているのです。

 

なので、誰のダッシュ(DASH)が誰に送られたかわからない仕組みになっているのです。ビットコインは取引履歴が全て公開されています。

 

(暗号化された)アドレスから、(暗号化された)アドレスにいくら送金したのかが、ブロックチェーン(台帳)にすべて記載されており、閲覧できるようになっているのです。

 

もちろん暗号化されているので個人の特定はできないようになっています。

即時取引(承認の早さ)

ビットコインと比べると歴然で、ビットコインの送金スピードは最短10分。もちろん、私たちがお店で買い物をするのに使用するときはクレジットカードと同じように一瞬で済みます。

 

この最短10分というのは、コインが移動し決済が完全に完了するまでの時間となります。

 

比べてダッシュ(DASH)は公式サイトによると約4秒。この速度は2015年「InstantSend」を導入したことにより向上しました。P2Pの分散されたコンピューターの中から承認用のマスターノードを選出し、作業を一任することで高速承認ができます。

 

ノードというのはP2Pネットワークで繋がれている個々のデバイスのことをいいます。ビットコインは世界中のノードに競わせて決済を完了するので10分はかかります。

 

ダッシュ(DASH)は承認作業をするマスターノードが初めから決まっているのと、マスターの承認のみで済むので早いのです。このマスターノードになるには、1000DASH以上を担保し、24時間サーバーを動かし続けるという条件が必須になります。

 

マスターノードになると承認作業の報酬として手数料の45%をマスターノード同士で分け合うことができます。

将来性について

2014年に公開された当初、1000円を超え騒がれましたが、数ヶ月で下がりました。2016年に入るまでは変動もなく推移していましたが、2016年に入ると徐々に上がっていき、3月には5000円を突破しました。8月末では37000円という大暴騰です。

 

この要因は「monero」というこちらも匿名性の高い物が暴騰したことと、新通貨の「Zcash」が登場したこともありますが、実のところはわかっていません。

 

ダッシュ(DASH)がLamassu社と業務提携を結んだことも一因でしょう。Lamassu社は仮想通貨専用のATMを提供している企業で、世界で30%のシェアを持ちます。

 

日本には東京の西麻布や六本木にDASH通貨対応のATMが設置されています。

 

InstantSendによる即時決済は徐々に海外を中心に日常にも広まっています。台数はまだまだ少ないようですが、海外ではDASH通貨が使用できる自動販売機もあるそうです。

 

Amazonではビットコイン同様DASH通貨でもギフトカードを20%オフで購入できます。

 

他に日本ではダッシュ(DASH)で決済できるサービスはないようですので、今のところは投資か個人輸入など、海外ショッピングでの決済でしか使えません。

 

なので、日本国内においてダッシュ(DASH)はビットコインに比べてまだまだ認知度は低いのが現状。

 

ですが、2017年4月には日本の取引所でも購入できるようになりました。今後ダッシュ(DASH)が使える場所が増えていけば日本での保有者も増えていくことでしょう。国際的には浸透してきているので、期待が大きい通貨です。

 

ダッシュ(DASH)はビットコインにないような匿名性と速度を評価されているので、大手企業も注目しています。

 

また、将来的に金利も受け取れるという「DASH EVOLUTION」が開始されること、DASH公式ウォレットがApp Storeでダウンロード可能になったことでますます期待が膨らみます。

 

すべての仮想通貨に求めることは、国の隔たりもなく万国共通で通用でき、信頼性がある事、安全である事、日常生活で使える利便性があることです。今後仮想通貨が全国で広まるのは遠い事ではないと思います。

 

仮想通貨に関わらず投資(投機)にはハイリスクハイリターンになる場合がありますので、購入される方は安心安全な取引所にて購入しましょう。

 

信頼のおけない代理店などでの購入は詐欺のリスクも高くなります。そして、日々の情報収集や動向も見逃さないようにしたいですね。

 

また、ネムを購入するにはビットフライヤーという国内取引所で気軽購入することができます。こちらのページにビットフライヤーの利用方法をサポートしているので参考にしてください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめ無料トレードシステム

仮想通貨のステーキングにCoboWalletやBinanceウォレットが対応!

2019.08.14

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です