仮想通貨のインサイダー取引は犯罪?怪しいICO案件の見分け方は?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

皆さんは仮想通貨のインサイダー取引をしたことはありますか?実はそれは犯罪の可能性があります。

 

今回は仮想通貨のインサイダー取引についてや、怪しいICO案件の見分け方について紹介をさせていただきますので是非最後までご覧ください。

仮想通貨のインサイダー取引は犯罪?

仮想通貨のインサイダー取引について紹介をさせていただきますが、先に言っておきますと犯罪ではありません。そもそもインサイダー取引が何なのか紹介をさせていただきます。

 

インサイダー取引というのは金融証券の取引で規制されている取引であったり、価格などに影響を与えることを知っている状態で特定有価証券などの売買を行うことをインサイダー取引と言います。

 

普通のインサイダー取引であれば犯罪にあたるため下記のような罰則が与えられます。

  • 個人の場合は5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、またはこれらの併科
  • 個人の場合は得られた財産の没収または追徴
  • 法人の場合は行為者を罰する他、当該法人も5億円以下の罰金

 

では、どうして仮想通貨のインサイダー取引が犯罪ではないのかと言いますと、政府から出された回答としては「ビットコイン」などの仮想通貨は「通貨」や「有価証券」には該当しないと現在(2017.11)ではなっています。

 

そのため、上記で紹介させていただいたように金融証券販売法には触れていないということになり、仮想通貨のインサイダー取引は犯罪ではないということになります。

 

つまり、仮想通貨でインサイダー取引を取引してもよいということなんですが、逆にインサイダー取引をすることって可能なの?と思う方もいらっしゃると思います。が、いろいろな人脈を広げていくと思わぬ情報が手に入ることもあります。

 

ICO見極めるためには「真実」を知らなければいけないんですが中々正しい情報は手に入らないです。仮想通貨に限りませんが詐欺合う可能性はあります。

 

ここからは、その中で怪しいICO案件を見分けるためにはどうすればいいのか紹介をさせていただこうと思います。ひとつの目安として考えてくださいね。


怪しいICO案件の見分け方とは?

怪しいICO案件の見分け方について紹介をさせていただきますが、下記にまとめさせていただきました。

  • 絶対儲かるというのは危険
  • 知らない仮想通貨を業者から勧められる
  • HPなどが明確にされていない
  • 金融庁の職員などが出てくる
  • インターネットに情報が出ていない
  • 限定の先行販売を行っていると言ってくる
  • 有名人の名前を出してくる
  • 人から紹介される

絶対儲かるというのは危険

詐欺のICO案件というのは実際に沢山あるんですが、見分ける方法として「絶対儲かる」という言葉は危険です。想通貨や投資などもそうですが、絶対という言葉は危険です。

 

実際に絶対儲かると言って儲かっている人というのはおらず、大体の人が詐欺に引っかかっています。つまり、安易に儲かるならやろう!と思うのは危険だということです。

 

投資のためにリスクは付き物です。そのリスクを話していない人は信用しない方がいいでしょう。僕は人に案件を紹介するときには「絶対」とは言いません。

 

可能性があるということ、投資だから投資金額がパーになることもあると必ず説明しています。ただし、リスクの割にはリターンが大きすぎるのは皆さんも知ってのことですね。

知らない仮想通貨を業者から勧められる

知らない仮想通貨を業者から勧められることがあるのですが、仮想通貨を販売するのであれば、登録業者以外は販売を認められていないこともあり、電話などで購入を勧められた場合は危険です。

 

電話でセールされた被害があったことは、まだ聞いたことがありません。しかしながら、お年寄りをターゲットにこの類の詐欺が起きることがあるかもしれませんね。

 

この仮想通貨は今後絶対に価値が上がるから購入しといた方がいいよと言われると怪しいです。

HPなどが明確にされていない

HPなどの情報があまり明確にされていなかったりする場合も危険です。本当に仮想通貨として成り立っているのであれば、どういった技術を駆使しているのか、どこに運用しているのかといったことを書いていることが多いです。

 

そのようなことが書かれていないのであれば怪しいのでやめた方が良いです。ホワイトペーパーやロードマップなど、しっかり公表しているところは信用できるかもしれないですが、これも確実とは言いません。

金融庁の職員などが出てくる

信用させようと金融庁の○○という者なんですが、と言ってきて購入をさせて来ようとする場合があります。

金融庁の職員などが仮想通貨の勧誘を行うということはあり得ないので、怪しいと思ったのであれば絶対に購入しないようにしてください。

 

国は仮想通貨に対してかなり敵対しています。それも、ビットコインへの課税率をみれば分かりますね。マジでエグい税率をかけていますから。国も必死ですwが抜け道はありますね。イタチごっご!

ビットコインの税金対策に確定申告が必要か?抜け道はあるの?

そんな国の職員が絶対にセールスするわけがないので、常識的に考えれば分かりますね。

インターネットに情報が出ていない

インターネットに情報が出ていない場合も怪しいです。大抵の仮想通貨というのは話題になったりすることが多く、情報が全くでないということはあり得ないです。

 

そのため、インターネットに情報が出ていない場合は怪しいですので気を付けてください。いろいろなサイトが、その仮想通貨について書いていくことが予想できますから、それも参考にしてもいいかもしれないです。

 

基本的には人脈がなければインターネットの情報を頼りにするしかないです。英語ができる人であれば、情報を海外サイトへ取りに行くこともできますが、、、。

限定の先行販売を行っていると言ってくる

上場する前の仮想通貨であったり、セミナー参加者に向けて限定販売を行っていると言ってくる場合は怪しいです。どういった業者であるのか、仮想通貨の情報などがわからなければ購入をするのは危険なので怪しいと思ったら購入しないほうが良いです。

 

ですが、仮想通貨にはプレセールというものが存在します。株でいうと新規未公開株のような感じで公開前に購入できることもありますね。実際に僕はADAをプレセールで購入しています。現状は、購入時の10倍以上になっていますよ。

ADA(仮想通貨)がついに公開!購入方法や今後の展望が気になる!

詐欺詐欺と叩かれまくっていましたが、そいつらどこ行った?ってくらい居なくなりましたwまあ、公開が10カ月先延ばしされたので仕方ないです。

 

しかし、外国人が製作することを考えたら公開をずらすのはよくあることです。仮想通貨に限った話ではないですよね。

 

そのため、すべてが詐欺だと決めつけるのはよくありませんが、先日のクローバーコインの事件のことを聞いていしまうと怖くなるのは分かります。信用できる人から情報を得る人脈を作りましょう。

クローバーコインは詐欺なのか?銀行口座が凍結され活動停止?

有名人の名前を出してくる

有名企業であったり、○○公認と書いてあるのは危険ですので購入をしないようにしてください。有名人がICO宣言を行うことがありますが、相当危険なために手を出さないことをおすすめします。

 

また、ある○ローバーコインでは、所有者の大きなカンファレンスがあったときに、有名人の名前が入った花が飾ってありましたが、本人がTwitterで関係ないと訴えていましたw

まとめ

如何でしたでしょうか?今回は仮想通貨のインサイダー取引について紹介をさせていただきました。皆さんも仮想通貨を購入したりする際に気を付けなければいけないことは沢山ありますので、是非今回紹介させていただいたこと参考にしてみてください。

 

ここに書いてることがすべてではないですが、自分が納得してあくまで自己責任で投資していきましょう。あくまで、お金を出して投資する!と決めたのは自分自身ですからね。

 

それよりも今は、そういったリスクを取りたくない人は、ただ単に仮想通貨を持つだけでも良いでしょう。まだまだ仮想通貨は値段が上昇していきます。そうなると今のまま持っておいて価値が上がるのを待つだけですね!

 

こちらよりビットフライヤーという国内でも金融庁から許可を得ている取引所で仮想通貨を購入することが安全です。口座開設してみましょう!無料で開設できるので、とても嬉しいですね!善は急げですね♬

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめ無料トレードシステム

仮想通貨のステーキングにCoboWalletやBinanceウォレットが対応!

2019.08.14

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です