仮想通貨を購入する前に知っておくべきことは?

おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

こんにちわ!当ブログをご覧になってくださり、ありがとうございます。管理人のまさとです!Twitterもやっています!このブログを見ているということは、仮想通貨(暗号通貨)にとても興味を持っていることは間違いないですね。

 

僕は暗号通貨と出会ったのは2016年1月でした。たぶん、比較的早い段階での参入だと思います。そこからいろいろ勉強してきましたが、痛い目も良い目も合ってきました!

 

そこで僕があなたへ向けて『仮想通貨を始める前に知っておくべきこと』をお伝えしていきます。余計なお世話かもしれないですが、とても重要なことですから、最後までお付き合いくださいね!


仮想通貨の購入前に知っておくべき注意点とは?

本当に仮想通貨で稼ぎたい!という気持ちがありますか?本当にそうであれば、知っておくべきことや注意すべきことがあります。それでは、ここからスタートしましょう!

全ては自己責任だということ

まず、仮想通貨は絶対に稼げれる保証はありません。これは、仮想通貨の売買は投資・投機のために、全て自己責任です。

その仮想通貨をどう売買するかを決定するのは、あなた自身だということを忘れないでください。もちろん、仮に損をしたとしても誰かのせいにしないことです。

 

これを守れないようであれば、仮想通貨を買わない方が良いかもしれないです。よく僕も「どの仮想通貨がこれから上がるかな?」と聞かれることがありますが、必ず最後に「自己責任でね!」と付け加えます。そして、本当に分かって欲しい人には「その質問自体がナンセンスだよ」と伝えています。

 

あくまで、僕の意見も、他のブログの意見も、あなたが最終的に売買の判断を下すときの要素の一部でしかありません。最終決定するのは僕でなくて、あなただということを忘れないでください。

 

基本的には、仮想通貨取引所内にあるSNSで会話されていることは、その人の都合がいいように情報をねつ造した物を流している”ポジショントーク”で構成されていると考えて良いでしょう。

そういった情報に右往左往されてしまう人は確実に損をしてしまうといいです。ひとつ信念を作ってそれを元に仮想通貨に投資することをおすすめします。

 

投資スタイルは人それぞれですが、大まかにどんな投資スタイルがあるかまとめているのでご参考までに。

⇒仮想通貨の投資方法はたくさんある!初心者におすすめする投資スタイルとは?

仮想通貨はバブルに状態にあるといわれているが、、、

バブルと聞くと、あのバブリーな時代を生き抜いてきた人たちからすると、酸いも甘いも知っているという感じではないでしょうか?現状ですが、ハッキリ言い切りますが仮想通貨はバブルであると思ってください。

定義上はバブルということですが、個人的にはまだバブルにもなっていないと考えています。ですが、バブルだと思って行動した方が、はじけた時のリスクを回避できますからね。

 

なぜ、バブルになっていないと言えるのか?ですが、それは結果論だからです。あの恐ろしいバブルを経験した人たちも、その時バブルだと思っていたでしょうか?

弾けたあとで「あ、バブルだったんだ」と気づいたはずです。新しいことが起きたときに盛り上がって、そして弾けていく。仮想通貨という新しいモノが誕生したことで、それがどれだけ大きくなるかは誰にも分かりません。

 

過去のバブルをみると「ITバブルに似ている」と指摘する人もたくさんいますね。そのことについては、「仮想通貨はITバブルと同じように弾けてしまうのか?」(準備中)の記事をご参考ください。

本当にITバブルのように弾けるかは分かりませんが、ITバブルがはじけた2001年ことからいうと、今はその市場は大きく成長しています。ITは人間に欠かせないモノとなっていますね。

 

将来的に仮想通貨が、そうなる可能性は大いになるということです。ブロックチェーンの世界もまだまだこれからいろいろな開発が行われることでしょう。

表面的に見たときには「バブル」と見えるかもしれないですが、それはひとつの視点から見たらの話です。いろいろな視点で見るとまた違った見え方をするものですよ。それでいいと思います。

後発組は不利だということを意識しよう!

ハッキリ言って、後発組は稼ぐための難易度は上がると考えて良いでしょう。「投資10万円で1億行きました!」という人も中にはいます。ですが、誰もがそうなるとは限りません。時間が経ては立つほど、その可能性は低くなるでしょう。

 

2009年に生まれたビットコインですが、1BTCは0.02円程度でした。それが今では80万円超えています。つまり4000万倍。当時1万円分持っていた人は、、、4000億円。ここまで人はごくわずかでしょうが、そういった人たちがいます。最安の時に大量に買って市場に仕手をもたらす人たちを総称して『くじら』と呼んでいます。

 

普通に考えたら分かると思いますが、投資額10万円が1億円になったということは、それだけ市場の相場が上がったことになります。つまり、そこから更に伸びていくのか?という疑問が出てきますね。

じゃあ、参入しても稼げれないのか?ということですが、現在のタイミング(2017年-2018年上半期)であれば、まだ先発組と言って良いでしょう。あなたの友人周りがビットコインを持ち始めたら、もう大きくは稼げれないでしょうね。

 

また、市場が大きくなったといことは、あるタイミングで落ちる可能性も十分にあることも忘れずに!本当に黎明期に始めた人たちはまず、元本を割ることはないですが、これから参入の人たちは注意する必要があります。

 

ですがまだまだ、夢を追いかけることができる時期であるのは間違いないことでしょう。ひとつの目安としては『東京オリンピック』までということが言えます。

どうするか決めるのは、あなたです。仮想通貨を買わないと何も始まりません。しかし、損するのが怖い。。。という人はそもそも投資が向いていないために、仮想通貨に参入しない方が良いでしょう。賢明に貯蓄した方がいいですね。

相場がどんなトレードよりも激しいぞ!

これは、仮想通貨市場の大きな特徴ですが相場の乱高下がヤバいです。1Bitcoinの価格が1日で10万円変動することもよくある話です。つまり、短期間で大きく稼げる半面、大きく損失を食らうことも。

 

たとえば、先日ですが83万円の値を付けたビットコインが、1日もせずに70万円台前半になったこともあります。このときに売り抜けていなかった人はポジションによっては悲鳴を上げていることでしょう。

*ビットコインは100円からでも購入できます。1BTCはあくまで単位として使われているだけです。0.00000001BTCからの購入ができます。

 

株のようにストップ高・ストップ安と言われるシステムもないです。24時間365日動き続けている市場になります。そのため、指値などを入れて置かないと大損することもありますからね。

基本的には、これから市場が大きく伸びていくとされているので、投資スタイルとしては長期保有して値上がりを待つことがいいでしょう。トレードだとストレス溜まりますからね。

仮想通貨(暗号通貨)の市場はどれくらい大きくなるのか?

先ほどから「市場規模」という言葉が出てきていますが、現在(2017.11.14)では、仮想通貨の市場規模はトータル20兆円という規模です。この仮想通貨の根本を支えるブロックチェーンといわれるシステムを考えたときに、その可能性はすさまじいです。

金融、保険、決済など色々な分野に応用が可能になります。その市場規模は6000兆円とも言われています。今の市場規模は、米粒大の大きさくらいだということです。

 

ある専門家が仮想通貨市場は2012年にバブルだと言いまいした。そして、その経済学者は2013、2014、2015、2016はバブル。たぶん2017年も、、、バブル。(笑)

何が言いたいのかというと、あまりにも市場規模が大きいためにどこまでバブル的な値上がりをしていくかが分からないということです。

 

結局は結果論ですからね。ですが、まだまだ市場規模が伸びていく余地は多くあります。個人的な意見としてはまだまだ伸びるということは言い切ります。ですが注意するべき点は多々あるため、こらから解説していきますね。

詐欺もあるor無価値or未知なモノに価値が付いている可能性あり!

この項目について酷く怯える人は仮想通貨に投資しない方が良いでしょう。仮想通貨は将来どのように使われていくのか未知な部分がまだまだ多いです。携帯電話がショルダーフォンのころに今のスマホを想像できたでしょうか?

 

大げさにいうと、それくらい、それ以上に未来にどのような展望を見せているか分かりません。そして、現在流通している仮想通貨の中には『将来これ使われんの?』という疑問を持つような通貨もあります。

 

さらにいうと、意味が分からないとは思いますが公式サイトに『この通貨には全く使い道がないです。』と発表しているにも関わらず、取引所で普通に売買されている不思議なことが起きています。

 

それこそ、無価値ですね。未知すぎます。さらには、残念なことに詐欺も横行しています。先日、全国ネットで報道されたクローバーコインがそのいい例です。クローバーコインについてはまとめているので参考までに。

クローバーコインは詐欺なのか?銀行口座が凍結され活動停止?

僕も「詐欺だ!詐欺だ!」と叩かれていたADA(エイダ・カルダノ)と言われる仮想通貨を買っていましたが、今では上場されて買った当時よりも60倍以上になっています。そういった本物も存在はします。

ADA(仮想通貨)爆上げした理由は?今後はどこまで上がるのか?

そういうことなので、冒頭にもお伝えしましたがすべては自己責任です。詐欺にあおうが、どうなろうが全ては自分が決めたことですからね。、、、、とちょっと厳しく言い過ぎたかな?

法整備が追い付いていないから無法地帯

仮想通貨というのは、まだまだ法整備が追い付いていません。2020年の東京オリンピックが行われるころには、たくさんの外国人が来ます。そして、たくさんビットコインで決済が行われることでしょう。

 

事実、渋谷にあるビットコインATMでは日に1000万円ほどのやり取りが行われています。言ってしまえば、そうやって使用されるビットコインへ課税させたいというのが政府の本音です。

 

そのため、急ピッチに法整備が行われていますが、2017年4月にはビットコインを通貨だ政府は認めています。このタイミングで、『モノ』ではなくて『通貨』になったということです。

 

ですが、ビットコインそのものへは課税ができない状態です。インターネット上で世界中の人が使っているため、そこに日本だけが課税をかける、、、というよりも監視体制が手に負えないでしょう。

 

もちろん、ビットコインを円に換金、、、通帳に入金したとすれば確定申告を行ってくださいね。そうしないと脱税になりますから。税の面については、こちらの記事で詳しく調べていますので、ご参考までに。

ビットコインの税金対策に確定申告が必要か?抜け道はあるの?

いまのところ何かあっても保証されない世界。

さきほどの話とも繋がりがありますが、この世界は何があっても保証されません。日本には国内に仮想通貨の取引所がいくつかありますね。Zaif(ザイフ)、コインチェック、ビットフライヤーなどからビットコインを購入する人が多いですね。

 

しかしながら、これらの取引所のビットコインがハッキングされて盗まれたとします。実は、取引所側が補償することはありません。規約読んでいますか?『自己責任ですよ』と書かれているために、それに了承した人が取引を行えるわけです。

 

仮に取引所にあった資産がゼロになっても誰のせいでもないです。取引所を訴えるなんてナンセンス。すべては自己責任のせかいですからね!ただし、独自の補償を行うとしている取引所があります。

 

ハッキングにて仮想通貨の盗難にあった場合は、コインチェックは仮想通貨であろうが日本円であろうが100万円分補償、ビットフライヤーは日本円のみ盗難されたら500万円まで補償されます。

 

これだけみると、口座開設するのならばコインチェックがおすすめですね。ですが、先日の事件で信頼はガタ落ちとなりました。

 

コインチェックやビットフライヤーは日本円⇒Bitcoinへ換金する時の手数料がとても高いです。

 

そういうことを考えるとまだZaifの方が手数料が安いためにおすすめできますね!

 

2017年に最も上昇した(900倍以上)Monacoinがあることや、Zaif、PEPEといった注目すべき仮想通貨ありますからね。Zaifのご登録はこちらから行えますので、今のうちに解説しておきましょう!

さいごに。

仮想通貨というのは、今はまだまだよちよちあるきの状態です。携帯電話で言うとショルダーフォンのタイミングだと思えばいいですね。若い人はショルダーフォン知らないかもしれませんw

 

それくらい、まだまだ未熟なところが多い市場ではあります。ですが、その分チャンスがめちゃくちゃ大きいし多いことは間違いないです。

 

普通のサラリーマンが突然、億り人になるような時代ですから。しかも、それが数万人単位で排出されつつあることは間違いないです。政府も仮想通貨に投資すれば財政がよくなるのになーーーw

 

そんなことは絶対にしないでしょうがwビットコインに関しては先物取引で扱うことが決まっていますね。そして、アっという間に200万円を突破しています。これから、どこまで価値を伸ばしていくかは分かりませんが、仮想通貨が衰退することはないでしょう。

 

現状は一部の人間がチャンスだとマネーゲームを繰り広げている感じはあります。しかし、そろそろの段階より一つ上のステージに上りかけていますね。これから、10万円が1000万円になるという話も全然不思議ではないですよ。

 

僕自身も20万円投資した仮想通貨が時価で1300万円ほどになっていますから。そういったレベルだと数十万人単位でいることでしょう!これから預金を銀行へ預けておくよりも、仮想通貨に両替しておく方が確実にいいでしょう。だって、銀行の金利って、、、、爆笑。

 

これからの仮想通貨という新しいお金の登場で生活が豊かに変わることは間違いないでしょう!それでは、また!

中国がブロックチェーンを認める!事実上、仮想通貨を認可か?

2019.02.15

有村ノブアキ(わらしべ長者)詐欺?注意点は?評判はいかに?

2019.02.15

仮想通貨バンク(泉忠司案件)運用益は?解約方法や評判は?

2019.02.15

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)仕様変更!使い方は?

2019.02.14

GGT・GGC(仮想通貨)上場取引所は?金本位制で爆上げ?将来性は?

2019.02.13








1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です