仮想通貨取引所(日本)比較!特徴や手数料の違いを調査!









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

今回は日本の仮想通貨取引所を比較したいと思います。各取引所の特徴や手数料の違いなどの紹介をさせていただこうと思いますので是非最後までご覧ください。

仮想通貨取引所とは?

仮想通貨取引所について紹介をさせていただきますが、取引所には「買い手」と「売り手」の仲介サービスをしている機関のことを表しており、スムーズに取引をするためには欠かせない機関です。

失敗しない取引所の選び方

失敗しない取引所の選び方について紹介させていただき舞うが、失敗しないためには下記のポイントが大切です。

  • 手数料
  • 安全性
  • 便利さ
  • 仮想通貨の取扱い数
  • 取引量

この5つが大切になります。手数料の安さであったり、安全性の高さ、便利さなどいろいろなポイントがあり、こういった所に気を付けなければいけません。一つずつ詳しく紹介をさせていただこうと思います。

手数料

まず最初に紹介をさせていただくのが、仮想通貨の取引をした際にかかる手数料の安さが大切になってきます。手数料が安ければ、それだけいくら取引をしてもお金が減ることがないわけなんですが、それだけで決めるのは危険で、他のポイントなども大切になってきます。

安全性

2つ目に紹介をさせていただくのが安全性です。つまりセキュリティ面のことなんですが、安全性が低ければ盗難にあう可能性もあります。なので安全性が高い取引所を選ばなければいけません。

実際に、海外取引所ではハッキングにあってBTCが盗まれしまう事件も起きていますが、基本的には保障などはありません。すべては自己責任で取引を行わなければなりませんね。しかし、国内の取引所では全額とまでは行きませんがある条件で保証しているところもあります。

便利さ

3つ目に紹介をさせていただくのが便利さです。取引所を使う時にパソコンやスマートフォンを使うと思いますが、スマートフォンなどを使うのであれば、簡単に使うことが出来る便利さが大切になってきます。また見やすさであったりといったことも便利さの1つになると思います。

仮想通貨の取扱数

4つ目に仮想通貨の取扱数が大切になってきます。仮想通貨の中にはビットコイン以外にも沢山の仮想通貨がありますので、その中でも大切なのは取引所がどれだけの仮想通貨を取り扱っているのかが大切です。数種というところもあれば20種類近く扱っているとこもあります。

取引量

5つ目に取引所でのユーザー数が大切になってきます。取引量が少なければ、価値なども変わりにくく、買い手や売り手にとってもマイナスです。実際に価格が安くなっている時に購入したいと思っている人や、高くなっている時に売りたいと思っている人がいるわけなので、取引量が多い取引所などを探したほうがいいと思います。

 

その上で、おススメな取引所5つを比較しながらランキング順に紹介をさせていただこうと思います。

おすすめ取引所ランキング!

いまでは、国内に多くの取引所が出来ています。それぞれ、一長一短です。トータルで見たときにどのサービスがいいかの?個人的な視点でランキングさせて頂きました!

4位:bitbank

bitbankの特徴ですが、手数料がマイナスというのが最大の特徴としてあります。取引を何度もする人から見てみると凄いメリットではないでしょうか?またビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアム、ネム、モナーコインなどを取り扱っており、GMOコインと比較をすると、やっぱりマイナスの手数料が違います。

3位:Zaif

Zaifの最大の特徴としては、bitbank同様に手数料がマイナスだということです。ただ、本人認証を行わなければマイナス手数料にしなければいけません。

またZaifは毎月口座から決まった金額を引き落とすことが出来て、そのお金で積み立てを行うことが出来るのが最大の特徴ではないでしょうか?自動的に行ってくれることもあり、手間が一切かからないのが良い所です。

銀行で積み立て貯金を行うよりも絶対にZaifで仮想通貨を積み立てた方が利率がいいですからね。この機能はとてもおすすめです。

Zaif口座開設はこちらから!

2位:bitFlyer

bitFlyerは日本国内で一番歴史のある取引所で、リクルートや様々な大手企業が出資をしています。また日本国内ではトップクラスの資本力を誇っており、安全性に関しては日本ではNo.1ではないでしょうか?

そういった理由もあり2位とさせていただきました。手数料は0.01%となっていて、取扱いの種類に関してはビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、モナーコインなど様々な仮想通貨を取り扱っています。

ビットフライヤーを詳しく解説!

1位:GMOコイン

特徴について紹介をさせていただきますが、ビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムなどを取り扱っています。また、期間限定で取引手数料が格安だったりします。

 

セキュリティ面では「分別管理補償」があるのが特徴としてあります。現在では取扱数などは多くありませんが、今後は順次拡大を予定しています。これから、かなり期待を持てる取引所です。

 

親会社があのGMOクリック証券ということで、とても安心感が強いですね。ビットコイン・イーサリアム・ライトコインの取引手数量は、ビットフライヤーやコインチェックよりも安いですね。

 

住信 SBI銀行とはクイック入金があるために、GMOコインへ即座に日本円を反映できます!コインチェックやビットフライヤーのような入金反映を待つというもどかしい時間がなくなります!

GMOコインを詳しく解説!

まとめ

如何でしたでしょうか?今回は仮想通貨取引所について紹介をさせて頂きました。特徴や手数料の違いについても紹介をさせていただきましたが、今回紹介させていただいた5つの取引所全てで良い所がありますので是非参考にしてみてください。

おすすめ無料シグナル

泉忠司氏がカンボジアツアー?0円から1億円プロジェクトとは?

2019.04.04

BitHi(ビットハイ)取引所の開設方法は?入出金やトレード方法も!

2019.04.03

ノアシティの場所は?ホライゾンマニラ埋め立て開始?完成はいつになる?

2019.02.19

川越諒太郎(ホワイトハッカー)リブートプロジェクトは詐欺?口コミや評判は?

2019.02.19

暗号資産とは?名称を変更した理由や税制変更の可能性は?

2019.02.17








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です