仮想通貨が大暴落の理由は?ビットコインのある問題が原因?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

2017年7月に仮想通貨市場が大きな下落を招いていますね。6月には市場規模が10兆円を超えたということは、仮想通貨に興味がある人は知っての通りかと思います。また過去にも市場が大きく下落したことがありますね。

 

しかしながら、今回の下落の原因とこれまでの原因は全く異なると言っていいでしょう。その原因は、ビットコインにあります。その真相について解説していきます。


ビットコインが分裂する?

仮想通貨 暴落の理由

原因を話すとビットコインが分裂する可能性があり、その分裂するときに一部のビットコインが消失するという話があるからです。分裂するかどうかの真相は分かりませんがそのような噂が出てくるとビットコインに投資してた投資達が資金回収するのは目にみえています。

 

それが、他の仮想通貨にも飛び火して市場全体が下落している状態。これが2017年7月に起きている大きな下落の原因です。これまでいくつか起きてきた暴落の理由は中国経済が大きく影響を受けてきたことが原因です。

 

しかしながら、ビットコインが分裂しないにしろ、大きな転換期を向かえているのは間違いないことです。ソフトフォークするか?ハードフォークするか?

 

どちらかのカスタマイズが行われることは確定しています。それが分裂を起こすかも?と言われています。それが物理的にビットコインを分割するのか?結局はハードフォークによりビットキャッシュという新たな仮想通貨が誕生しました。

 

イーサリアム、イーサリアムクラシックのような感じで分かれてしまうのか?どうなるのかは分かりません。ソフトフォーク?ハードフォーク?という聞きなれない言葉出てきましたが、まず、これを知るためにはビットコインの仕組みや限界を知る必要があります。

この記事が読まれています。

20代の僕がたった10万円でマンションを一括購入した方法とは?

Bitcoin Cash(BCH)の存在意義は?BTCとの違いやマイニングの特徴!

ビットコインの仕組みと限界とは?

仮想通貨 暴落の理由

ビットコインは、送金の手段としてとても便利なことは知っていることでしょう。地球の裏側にいる人間へ、数分-30分程度で送金できて、手数料も数十円程度と言われています。

 

しかし、じつは、ビットコインには1秒あたりのできる取引回数が決まっています。それは1秒に7回。1日にで計算すると約60万回の取引が限界値となっています。最近では、ビットコインが使用されるようになり、その取引回数が急増しています。

 

取引回数が増えることでで起きる現象は、

  • 送金時間がかかること
  • 手数料が増えてしまうこと

この2点を上げることができます。

ビットコインが今のように流行る前は、10分も送金に時間がかからず、手数料も数円から20円くらいでした。しかし今は時間がかかると1日経過することや手数料も150円くらいまで高騰しています。利用する方からすると不便な状態へ向っているとも言うことができますね。

 

この問題は、これからのビットコインの発展についてはクリアするべき課題となっています。その課題をクリアするための方法として、ソフトフォークするのか?ハードフォークするのか?ということが議論されています。

 

このビットコインのバージョンアップについては、8~11月末の間に行われると言われていますが、8/1に実行されるだろうと巷では言われていますね。このビットコインの仕組みは、ブロックチェーンで取引を記録する必要があるのですが、それを担っているのがマイナーといわれる人たちです。

 

この人たちが、ビットコインのと取引が円滑に進むように強大なコンピュータでブロックチェーンの仕組みを運営しています。世界中にマイナーと呼ばれる人たちが存在しています。その運営の見返りとして、私達がビットコインを使用したときに支払う手数料が配当される仕組みです。

 

この一部のマイナーの中には今回のグレードアップに反対する意見もあり、無理やりビットコインを分裂させるかも?ということも噂されています。

ビットコインのハードフォークとは?

仮想通貨 暴落の理由

ブロックチェーンとは、取引記録が一つの箱に記録されて暗号化されます。それがいくつも連なる様子からブロックがチェーンのようにつながっている様子からブロックチェーンと言われるようになりました。

 

たとえばビットコインの取引を記録する箱ですが、これ自体を大きくするという考え方があります。箱を大きくすることで取引回数の最大値を上げようとする考え方です。ハードフォークには根強い反対意見が多いですね。ハードフォーク起きると極端な話、ビットコインの総量すら変えるようなことも可能になります。

 

ビットコインを含めほとんどの通貨が数量に限りがあります。ほしい人が増えれば、量が決まっているので価値があがることは分かりますね。その総量すら変更ができてしまうハードフォークは反対する人が多いです。

ビットコインのソフトフォークとは?

仮想通貨 暴落の理由

ハードに対いてソフトなので、改良の具合がソフトなのか?というように思うかもしれませんが、そう思ってもらっても大丈夫です。ビットコインのソフトフォークですが、1秒あたりの取引回数を増やすように改良するということです。

 

ソフトフォークをやることによって、取引回数が増えても対応ができるようになります。

関連記事

BitcoinUnlimited(ビットコインアンリミテッド)特徴や将来性は?リリースされる?

Monero(仮想通貨モネロ)とは?今後の展開や将来性・特徴を調査!

どちらが採用されるのか?

仮想通貨 暴落の理由

ハード、ソフトですが近々にどちらの改良が施されるのかは分かっていません。いえ、正しくは決まっているけど、私たちのところに来るのはフォークが行われたあとでしょう。現状、分かっていることは、2017年8~11月までの期間のどこかでビットコインが改良されるということだけです。

 

ただ、この改良が施さることによって私はビットコインの価値は上昇すると考えています。フォーク前と後は現状のビットコインの価格はガクンと今よりも値下がる可能性が高いです。一部の情報では1ビットコインが10万円前半まで落ちるのではと言われています。

 

しかし、考えてください。ビットコインは、フォーク後はこれまでより悪いところが改善されている状態です。前より良い通貨になっているということができます。現在は、ビットコイン価値は1コイン30万円ちょいで価値が頭打ちしています。

 

しかしながら、このフォークしたあと長い目で見ると大きく値を上げていくことは間違いないでしょう。東京オリンピックまでには1ビット1000万円の時代が到来するという人も少なくないですね。もし、フォーク後に10万円台まで値を下げるようなら迷わず私は買い足します。*結局は一瞬20万程度に触れただけでした。

 

このようなチャンスは数多くないですからね。今後のビットコインの動向がとても楽しみです。しっかりと情報収集していきましょう!ビットコインはビットフライヤーで購入がおすすめです!セキュリティーもバッチリです!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
おすすめ無料トレードシステム

仮想通貨のステーキングにCoboWalletやBinanceウォレットが対応!

2019.08.14

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です