仮想通貨は暴落した12月22日の起きたことは?









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

ここ最近、仮想通貨という言葉を聞くようになっていませんか?特にCMではビットフライヤーが大きくCMを流していますね。そういったことで興味を持つ人も多いようですが「なんか怪しい」と思っている人は、しっかり勉強することをおすすめします。

 

そんな仮想通貨ですが、価格が為替のように変動しています。その変動具合がとてもヤバいことになっていますね。例えば、仮想通貨に代表されるビットコインですが、1ビットコインが現在170万円程度(2017.12.28)です。

 

しかし、10日ほど前には220万円になっています。その後、急落して一時130万円まで値が下がりましたが、すぐに150万円、160万円と値を戻しています。

 

そんな中、「仮想通貨は暴落する可能性が高い」という人がいますが、何を根拠にそう言っているのでしょうか?


仮想通貨の市場が大暴落?

そもそも大暴落をどう定義つけるかということです。例えば、為替であれば1ドル5円も1日で下がれば大暴落というでしょうね。しかし、仮想通貨に関しては、そんなの比になりませんから。

 

2017.12.21に仮想通貨市場は過去最高の70兆円を超えました。22日には40兆円まで下げましたが、23日には60兆円になっています。これは尋常ではない値動きですね。28日には70兆円に近いところまで戻っています。

 

これを大暴落ということであれば、仮想通貨の市場は過去に何度か大暴落を起こしています。ですが、すぐにV字回復しています。それを3-4ヶ月スパンで繰り返して、底上げしている状態になります。

 

市場に参入した初心者が値が下げたことで焦って売りに出たりしたところを大口が刈り取るという構造になっています。

 

また、まだまだ市場規模が小さいために「仕手」が行われることも多々あります。ビットコインクラスになると時価総額を大きのでなかなか難しいかもですが、、、。

2107.12.22に起きた大暴落の原因とは?

この12月22日に起きた大暴落の原因ですが、あるマイナーが6000億円分のビットコインを売りに出たことが原因だと言われています。ですが、ビットコイン市場の2%ちょっとの金額になります。

 

これが引き金になったようですが、まだまだそういうことを聞くと「仕手」がカンタンに起きてしまう市場だということです。

 

これから、大手ファンドもどんどん参加してくることが予想できるので、さらに仮想通貨市場が大きくなり、投機のチャンスも増えてくることでしょう。

 

まだ、仮想通貨の取引所を開設していない人はZaif(ザイフ)をおすすめします。取引手数料が安いことがありがたいですね!

おすすめ無料シグナル

泉忠司氏がカンボジアツアー?0円から1億円プロジェクトとは?

2019.04.04

BitHi(ビットハイ)取引所の開設方法は?入出金やトレード方法も!

2019.04.03

ノアシティの場所は?ホライゾンマニラ埋め立て開始?完成はいつになる?

2019.02.19

川越諒太郎(ホワイトハッカー)リブートプロジェクトは詐欺?口コミや評判は?

2019.02.19

暗号資産とは?名称を変更した理由や税制変更の可能性は?

2019.02.17








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です