仮想通貨の今後(2018)価格予想は?狙い目、期待、需要を調査!

おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

2017年は暗号通貨元年と呼ばれていました。2018年に暗号通貨を知ったという人も多いのではないでしょうか?CMでは、ビットフライヤーが見ない日がないくらいにCMを流していることも知っているでしょう。

 

ですがまだまだ「ビットコインってなに?」というのが世間の声ですね。株式・為替・信託など投資を行っている人ですら、知っているけど、まだまだ取り組んでいない人が多いのが現状です。

 

2018年になりましたが、まだまだチャンスはありますね!これから投機としてはもっともっとチャンスが増えていくことでしょう。ここでは、2017年を振り返って、今後期待できる狙い目の仮想通貨を見ていきます。


仮想通貨元年(2017)の総括は?2018年の価格予想は?

2017年の総括ですが、第1のビックウェーブが終了したといってもいいでしょう。仮想通貨を代表するビットコインですが、2017年1月の価格は、1,000ドル程度でした。そして、2017年内には20,000ドルまでに一時的に上昇しています。その上昇は20倍という状態です。

このように大きく価値を高めた仮想通貨が存在しています。20倍というのはかなり低いかもしれませんね。ビットコイン以外を見てみましょう。あくまで2017年内での価格を見て、今後の展望や期待をまとめてみました。

ビットコイン

 

先ほども言いましたが、ビットコインは2017年に20倍にもなりました。現状は15,000ドル(約160万円)あたりを推移しています。2018年ですが、同じように20倍にもなるか?ということですが、それは難しいと考えます。

 

それは、ビットコインのハードフォークの問題です。送金手数料の高騰や送金詰まりが大きな問題となることでしょう。そのあため、価格がそこまで伸びない可能性があります。ビットコイン以外のアルトコインの方が需要が高まる傾向にあるでしょう。

 

当サイトの期待値としては2018年は600万円程度まで伸びるのではないかと予測しておきます。まだまだ仮想通貨の基軸通貨という重要は変わらないと思われるためです。

リップル

仮想通貨ランキング2位のリップルです。最近の高騰でかなり稼いだ人が多いのではないでしょうか?リップルに関して言えば、上昇する要因が分かりやすいということから投資家達が投資しやすい仮想通貨だと言っていいでしょう。銀行系の需要によって価格が高騰しているため判断しやすい面はあります。

 

300円も突破して1000円という大台も見えてきたのではないでしょうか?まずは、500円を目指す感じでしょうか。2018年年末には、現状から数倍にはなると思われます。あとは、リップル社が所有しているリップルを市場にリリースした時にどのような反応を見せるかという面が不安要素になるくらいですね。

イーサリア

仮想通貨ランキング3位のイーサリアですが、2017年1月は10ドル程度、最高値は860ドル程度ということで86倍にもなっています。ビットコインよりもはるかに伸びが高いということが言えます。

 

イーサリアに関しては、今後プラズマチェーンといわれるカスタマイズが施されることで大きく伸びることが期待されます。2018年には25万円程度までは伸びると考えてもいいでしょう。たぶん、もっと伸びるでしょうが!今後需要が伸びていくことは間違いないですね。10万円の大台を超えてきたので、その日も近いことでしょう。

狙い目の仮想通貨は?

上位の仮想通貨であれば、数倍から伸びることは間違いないでしょう。市場規模が大きくなるにつれて自然とそうなりますね。ここで狙い目という仮想通貨ですが「ADA」「TRON」「Lisk」がおすすめできます。

 

ADAに関してはイーサリアム創業メンバーのチャールズ・ホスキンソンが開発責任者として担当しています。さらに、これまたイーサリアム創設メンバーのヴィタリックも参戦しているという何とも可能性しか感じられませんね。

先日には、フィンテックの重鎮たちが2月現在(100円)が2018年末には8000円程度になると言っています。話半分で4000円くらいまでは伸びる可能性がないとは言いません!なんせスケールの大きな仮想通貨ですからね!

 

TRONですが、日本ではあまり馴染みがない仮想通貨ですね。ですが、日に日にその規模は大きくなっています。それには、しっかりとした理由があります。このTRONですが中国の仮想通貨です。そこで、アリババ(中国のアマゾン的なサイト)と締結したとか、中国国内での需要がかなり高まっています。そのため、最近ではかなり飛躍しいますね!

TRONに関しては先日、ホワイトペーパーのパクリ疑惑が浮上しました。そのため、投資先としては不適ということで追記しておきます。

 

Liskに関しては、2018年3月頃に何やら大きな発表があるとか情報が出回っています。Liskベースで大きなICOが行われるとか行われないとか。もしも本当であればかなり高騰することが予想されますが、このタイミングでは買いということは間違いないでしょう。

さいごに。

価格予想と言いながらも全然外れると思います。この仮想通貨市場ですが、人類が経験したことがないあり得ないスピードで市場規模が大きくなっています。よくITバブルと似ているという人がいますが、レベルが桁違いです。ITバブルは精々6兆円程度です。仮想通貨は現状でも70兆円という桁違い。

 

それでも株式市場や為替市場からすれば微々たるものではありますが、これからその存在感を日に日に増してきますね。最近ではベンチャーキャピタルなどの参戦によって更に市場規模が大きくなることは間違いないですね。これから第2のチャンスがやってきます!

 

仮想通貨の口座開設が行えていない人は、Zaifビットフライヤーをおすすめします。初心者でも簡単に開設できるのでおすすめですよ!

>>>↓↓無料で口座開設はこちら↓↓<<<
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

中国がブロックチェーンを認める!事実上、仮想通貨を認可か?

2019.02.15

有村ノブアキ(わらしべ長者)詐欺?注意点は?評判はいかに?

2019.02.15

仮想通貨バンク(泉忠司案件)運用益は?解約方法や評判は?

2019.02.15

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)仕様変更!使い方は?

2019.02.14

GGT・GGC(仮想通貨)上場取引所は?金本位制で爆上げ?将来性は?

2019.02.13








1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です