TRON(仮想通貨)今後の将来性は?取引所や買い方は?チャートも調査!




すっかり仮想通貨の市場は2018月に大きな下落を見せたことで熱が若干冷えたような気もします。12月下旬に取引を始めたり利用を開始したユーザーは今頃大きな含み損があることでしょうね。

 

韓国はとても仮想通貨が盛んな国です。日本よりも全然熱心に取り組んでいる人が多いですね。それは、韓国の経済状況が大きく関係しているんですが、それはまた別のお話しで。ということですが、ここでは最近、時価総額ランキングに急上昇してきたTRON(トロン)について情報をまとめてみました!

 

疑惑があったり、製作者がある意味クレイジーだったりと、とても話題が盛りだくさんな仮想通貨ではありますwそれでは、よろしくお願いします!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼


【1位】Zaif(ザイフ)コインチェックからの乗り換えするならZaif!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)老舗定番の取引所ならこちらです!
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。


 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

TRONの今後はどうなる?将来性はあるのか?

こちらの記事をご覧になっているということは、TRONについて少なからず興味があるということでしょう。TRONですが、どういった仮想通貨かというと、これは中国で作られた中国銘柄の仮想通貨になります。

 

特徴的には、TRON(トロン)を使って簡単に動画やゲームなどのエンターテインメントをアップロードできるプラットフォームを作るということです。現状の媒体として似ている物はYouTube、AppStoreなどがあげられます。そのプラットフォーム上で流通する仮想通貨がTRXという単位で表示されています。

 

TRONがなぜ注目されているのか?ということですが、これはICOが数秒で終了したことが原因です。そのため、かなり注目が集まっていましたね。もちろん、市場に上場された瞬間に爆上げして、売り抜いた人たちにより、下落して地を這う草コインになったことは有名な話でもあります。

 

発祥は中国でJustin Sun(ジャスティン・サン)が創業・制作を行っています。日本企業との提携があるなど噂があり、徐々に草コインから抜け出していきました。日本に来日した時に、提携を匂わす発言をしていますから。ちょっと戦略的な部分がありますよね。

 

ただ、中国本土のアリババとの提携もあるのでは?ということで大きな話題になっています。それが実現するのであれば大きな値上がりが期待できます。

TRONのスペックや価格上昇を予想!

名称 TRON(トロン)
通貨単位 TRX
リリース日 2017年8月28日
発行上限 1000億TRX
取引承認システム
創業者 Justin Sun
公式 TRON(トロン)公式サイト

こちらが基本的なTRONの概要になります。リリースされてまだ5か月程度ですが、これからの仮想通貨だということが分かります。

 

先ほども述べましたがホワイトペーパーが盗作容疑?という情報もありますが、期待されている仮想通貨だということは間違いないでしょう。盗作疑惑が本当であれば、今頃、地を這うような、どうしようもない通貨になっていることは間違いないです。

 

一時期、1TRONが40円近い金額を付けたこともありますが、現状は10円前後を記録しています。今後の価格ですが、そのまま40円は更新すると予想します。2018年2月2日現在で5円程度です。

 

あくまで当サイトの予想ですから外れることもありますのでwこれから、仮想通貨の市場が右肩上がりで伸びることもありますが、本当にアリババや日本企業と提携していることが事実のなのであれば、大きく値上がりすることは間違いないでしょう。

コインチェックから乗り換えるならZaif

TRONを取り扱っている取引所や買い方は?

TRONを取り扱っている取引所はいくつもありますが、日本人が購入しやすいのはバイナンスと言われる海外の取引所です。操作性も良くてストレスなく利用できますが、、、英語表記なので少し慣れる必要があるかもしれません。

 

グーグルクロームで翻訳すれば問題なく日本語表記はできますから、ぜひTRONを入手してくださいね。バイナンスの口座開設は別記事にてまとめていますので、ご参照ください。

バイナンス(Binance)登録・入金方法は?使い方や日本語表記は?

さいごに。

TRONはこれから成長していく仮想通貨のひとつとして取り上げて良いでしょう!2018年2月3日のタイミングだとかなり買いのタイミングで、手に入れておくことをおすすめしています。

 

あ、そうだ。仮想通貨ですが常に取引所に置いておくのはとても危険な行為になります。コインチェック事件のようなことにもなりかねないので!コールドウォレットというオフラインで保管しておく方法をおすすめします。

このUSBの様なモノがオフラインで仮想通貨を保管できますので、1台持っておけばとても便利ですね。オフラインにしておけばハッカーに盗られることはありえませんからね。




900倍になったMonaCoin
Zaif(ザイフ)

金融庁から正式に業務を認められた安心取引所!注目のMonaやPEPEが取り扱い中!







Risk上場で盛り上がる!
bitFlyer

日本一の仮想通貨取引所!セキュリティ対策もバッチリ!