DMMビットコインの口座開設や入金方法は?取引手数料や注意点も調査!









おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

2018年になった多くの日本企業が取引所の開設を行っていますね。それだけ、一般大衆へ広がりを見せているようです。1年前までは全く知らないという人も今では仮想通貨を持っている人もいるかもしれません。最近では、ビットフライヤーやコインチェックがCMを流しています。

 

つい先日からですが、モデル・タレントとしても活躍しているローラさんを起用してDMMが取引所のCMをついに流し始めましたね!これから、さらにビットコインが広まってくることは間違いないことでしょう。ここでは、そんなDMMビットコインについて、口座開設や入金方法などをまとめていきますね。

DMMビットコインはどんな特徴がある取引所なのか?

このDMMビットコインは名前からわかるようにDMMが行っている事業になります。DMMといえばオンデマンド系がとても強い企業ですが、いろいろな業種へトライしている企業としても有名ですね。特に新しいモノへは積極的に参戦する印象があります。FXの取引所も有名です。

 

DMMビットコインの特徴ですが、現物取引では「ビットコイン/円」「イーサリアム/円」「イーサリアム/ビットコイン」のみを取り扱っています。もちろん、準備はしているでしょうが、これからさらに現物で取り扱うことができる仮想通貨も増えていくことでしょう。

 

最大の特徴としてはアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)でレバレッジ取引が可能だということです。その種類も現状は14種の通貨ペアでレバレッジ取引が可能です。アルトコインというのであれば、最も豊富な種類を扱っています。そのため、大きく稼ぐことも可能だということです。

取り扱っているアルトコインは6種類

取り扱っているアルトコインですが、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ネム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュの6種類になります。それも仮想通貨でメジャーなコインたちですね。取引量もうかなり多いし、信頼性が高いコインを選んだことが分かります。

アルトコインというと2000種類上もあると言われています。中には全く価値がないモノも多いです。その理由としては、プログラマーなら少し知識があれば作れてしまうからですw

 

それに価値があるかはマーケティングやコインのセキュリティレベルなどいろいろなことが関わってきます。そういうことを考えると、その6つはかなりしっかりしているので問題ないでしょう。DMMビットコインを開設していない人はこちらからどうぞ!

さまざま手数料が無料!!

DMMビットコインは、販売所や取引所としては後発組になります。そのため、先発組にどうやって勝つのか?という戦略を練る必要があります。そうなったときに、どこで他社と差をつけるのか?ということを考えるのが商品開発になるわけです。

 

DMMビットコインの場合は、他社に負けない、もしくは上を行っている無料を実施することで顧客を掴もうとしていますね。多少、それで損をしてもお客さんが付くことによって稼ぐことは将来的には可能ですから。その無料の項目を挙げてみました!

  • 取引手数料
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 出金手数料
  • ロスカット手数料
  • クイック入金サービス

これらのことが無料になります。DMMビットコインならではの項目とすれば、出金手数料、クイック入金サービスが無料なのは、とても魅力的に感じますね!ロスカット手数料・取引手数料も、トレードを行う人からするとありがたいことです。

取引所として口座開設行っておくのはとてもいいでしょうね。ビットコインを買うだけでも入金手数料が無料なのでとても嬉しいかぎりです!口座開設はなんとたった5分でできるようなので気になる人はチェックです!

口座開設の手順

まずは、DMMビットコインのサイトでメールアドレスを入力してください。そうするとメアドに登録作業を進めるお知らせメールが届きます。こんな感じのメールですね。

クリックするとパスワードを設定する画面に移動します。そちらで任意のパスワードを設定していください。

そうすると、、、、はい!もう口座開設が完了しました!5分で口座開設!という言葉も嘘では無かったですねw

この画面になれば無事に口座開設が完了したことになります。あとは「マイページにログイン」よりDMMビットコインへ入っていきましょう!

DMMで入金してビットコインを購入してみよう!

DMMビットコインに日本円を入金するには「本登録」を完了させる必要があります。ここまでだと、まだ仮登録で実際にサービスを利用することができません。本登録の手順をまず見ていきましょう。本登録が完了すれば入金してビットコインが買えます。

本登録の手順

サイトにログインするとこちらの画面になります。「[未登録]こちらから本登録をおこなってください」をクリックしましょう。そうすると本登録が開始されます。

こちらの画面になります。このページは下にとても長いです。各所に登録すための必須事項があるのでひとつづつ入力を行ってください。

入力が終わり確認ボタンを押すと「申し込み」が出てきますので、こちらをクリックしてください。

そうすると本人確認書類の提出を求めらえるので、しっかりと提出してください。

そしてこちらのページに移動します。ここではコードを発行するをクリックします。そうすると登録された携帯電話にSMSにより認証コードが送られてきます。6桁のコードを入力して「認証する」をクリックします。

こちらの画面が出てきた一連の作業は終わりになります。あとは、本人確認のためにDMMビットコインより郵便が届きます。その郵便物を受け取って本登録が完了となります。

このようにハガキが届いていないとこの画面になりますので、はがきの方を待っておきましょう。あとはハガキの受け取りが完了すれば入金ができるようになります。ハガキは郵便書留で来るために不在時には、不在票が入るようになります。無事承認が完了したら入金してみましょう。

こちらが承認画面になります。6桁のコードが郵送物に書いてあるので、それを入力すれば完了となります!

このようになれば口座開設手続きが全て完了したことを意味します。お疲れ様でした!

DMMビットコインで入金してみよう!

 

ハガキが来たら承認コードを入力しましょう。そうすると、DMMビットコインの利用が制限なく行えます。こんなハガキが届くはずですから、待っておきましょう!そうするとビットコインを買うことができるので!承認作業が終われば今度は入金してみましょう!日本円入金は2つの方法があります。

日本円入金(銀行振込)

こちらのりそな銀行へ入金しましょう。DMMビットコイン側で入金の確認ができれば、サイトに日本円が反映されます。振込が完了してから1日かからない程度で反映されています。それでは遅い!と感じる人は、次のクリック入金をおすすめします。

日本円入金(クリック入金)

クリック入金ですが、各行オンラインバンクのサービスにて即時に入金を反映させることができます。DMMビットコインの場合は、いろいろなところが使えるようですが、ザイフやGMOコインなど別の取引所のことも考えているのであれば住信SBIネット銀行をおすすめします。他のところでもクリック入金が使えますのでおすすめです。

 

以上で、口座開設から入金までの流れをまとめてみました!DMMビットコインの口座開設を行うにはこちらからどうぞ!

おすすめ無料トレードシステム

NoahCoinが消滅?BTCNEXTへの入金方法やいつまですればいい?

2019.06.16

フレッド小野(バリューブレイン)口コミ評判は?7FCを運営する会社?

2019.05.23

クリプトピアが破産!セントラリティ保管した日本人多数?

2019.05.16

ChiliZ(チリーズ)上場は6月末!バイナンス上場か?ICO価格を確認!

2019.05.16

泉忠司氏がカンボジアツアー?0円から1億円プロジェクトとは?

2019.04.04








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です