ノアコインが詐欺と言われる理由は?何倍になると予想されるか?

おすすめ取引所
▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!▼

【1位】CROSSexchange BTCの価格に左右されなXEXトークンが売り!

【2位】BITPOINT 安全・安心なセキュリティが売りの取引所
  
【3位】GMOコイン リップル/ライトコインなどの購入におすすめ。

まず、ノアアークコインに関して話す前に理解して頂きたことがあります。それは、ICO(Initial Coin Offering)はベンチャーキャピタルに性質がとても似ていることです。

 

そのプロジェクトや企業を応援したいから、将来事業が大きくなりそうだから出資します。そして事業が成功したときには、出資者には配当がありますね。10倍なりそうだから投資する!という稼ぐことももちろん大切ですが、その事業を応援したい気持ちも大切だと感じます。

 

もちろんベンチャーに投資するため、その事業自体が破たんすることは多々あることです。過去を見てもICOで上場されないといったコインや、上場しても地を這うような値を付けている暗号通貨も多く見られます。全くの電子クズな仮想通貨もありますね。

 

厳しいことを言いますが、上がったら神様、下がったら詐欺、と思う人は参加しない方がいいという世界になります。もし悪い方向へ行くと、文句をいう人も言われる人も不幸になるため、それだけは考えてください。

 

決断したのは自分自身です。それは自己責任になります。が!その自己責任も良い情報、悪い情報を与えられた上で判断しないとフェアではないと思います。良い情報しかない状態での自己判断(ある種洗脳か?w)と、双方の情報・視点がある上での「自己判断」という言葉は意味が変わると思いますので。

 

ということは理解しておいてください。そして、現状の生活が苦しい人は絶対に参加しないでくださいね。あくまで投機ですのが、最悪吹っ飛んでも大丈夫なお金を使ってください。借金してまでも、やるべきことでは全くありませんから。借金してまで参加した人ぶっとんでしまった人の噂もたまに聞きますので。

ノアアークコインの悪評について

ノアアークコイン(以下ノアコイン)ですが、良いこともあれば、悪いこともあります。これまで、ノアコインを否定してきた人も多いです。当サイトではノアコインに関しては肯定的な意見を述べてきましたが、ここで否定的な意見があることについても挙げておきます。

 

その良い情報や悪い情報も含めて、投資するに値するか?という判断を行ってくださいね。それでは、ノアコインに対して否定的な意見があるため、その内容を自分なりにまとめてみました。個人的には「買い」です。もちろん、プレセールで購入しています。

 

ノアコインの情報を知りたい方はこちらより登録しておいてくださいね。ノアの公式サイトへ登録できますから。

ホワイトペーパーが見当たらない?

このホワイトペーパーですが、いわゆる事業計画書みたいな物です。PDFなどで数十ページに渡り、計画を書いています。もちろん、全てのICOでホワイトペーパーがあるのか?というと無いICOもあります。

 

殆どの場合は存在します。あったからといって、その計画がとん挫しないとも限りません。ホワイトペーパーがあるから安心だ!ということを言っている人が一部いますが、その計画が実現できるのか?ということが重要ですね。

 

それに対してノアコインのICOには、ホワイトペーパーが見当たりません。一度目にしたんですが、現状は取り下げられている状態です。その点、事業の不透明さがあり、精査しずらい、または論外という意見があります。この点をかなり痛烈に批判している人も多いです。

マーケティング手法

ノアコインは泉忠司氏が総代理店になって広めている状態です。販売部門のTOPとしてノアファンデーションに加わっています。ノアコインは、代理店制度という販売形態を設けています。三次代理店までありますが、それがねずみ講に似ている仕組みだと批判の対象となっています。

 

余談ですが、携帯ショップもこの代理店方式で展開されています。私たちの普段の生活でもこの代理店方式と言われるビジネス展開されている商品やサービスは意外と多いです。知らない人が多いだけですが、ノアコインに関してそれらと同じです。

 

そして、一番大きいのはインターネットビジネスに多く使われるプロダクトローンチによる販売です。その中にも、ADAで800倍を稼がせた!など、嘘ではないですが、煽り的な商法で行っている点が多く批判されています。これを気嫌う人は多いですね。

 

このマーケティングの裏には泉氏を操っている人がいると考えている人もいます。ようは、泉氏は依頼されてやっていて、自身も巨額な報酬をもらっているのだとか。これは噂ですが。

ノアコイン&ウォレットをどこの誰が制作しているのか?

ノアコインについては、コインについては制作済みと公式より連絡がありました。ウォレットについても、いまトランザクションのシステムチェック中。とのことですが、これらを制作しているのはフィリピンのSATOSHI CITADEL INDUSTRIES(以下SCI)というフィリピンの大手ブロックチェーン会社が制作しています。

 

ということですが、このSCIがどれ程の技術力があるのか?疑問が残るという点です。ブロックチェーンがどこの誰が制作するかのポイントは重要なことです。が、僕のレベルでは、計り知れない点です。

 

世界的に見て、どんなレベルの会社なのかがハッキリ分からない状況です。SCIにブロックチェーンを作る力がない(技術不足)ために信頼性がないという人もいます。

 

ん?そのSCIってどこの会社だよ?聞いたことないブロックチェーンの会社だな、危ないから手を出さんとこ。っという感じです。それと比べ、イーサリアムの開発者がメンバーにいるよ!と言われるICOとは信頼性が全然違いますよね。

プレセール中に国家プロジェクトのように思わせた点

これはかなり大きいかもしれませんね。2期のセールス時に「国家プロジェクト」のように思わせた点が大きな波紋を呼びました。ランディングページの中にも「国家プロジェクト」と記載がありました。

 

そのことにつていフィリピン大使館に問い合わせた人もいるようです。その回答は「国家とは関係ない」と発言する事態に。この点においても当時見ていた僕としても、ちょっと言い過ぎかな?とは思いました。しかし、非中央政権が特徴の暗号通貨で国家プロジェクトで中央政権って矛盾しているなっとも感じていました。

 

正式には「国家規模のプロジェクト」ということでした。誇張された表現があったことは、泉氏の方からも謝罪のメールが来ています。そして、「国家プロジェクト」と思い購入の意思決定を行った人に対しては、全ての人を対象に、返金を行いました。希望者全員へ返金完了されています。

プロジェクト初期に賛同していた大手企業が撤退

プロジェクトの当初、フィリピン国内でも最大手の企業が複数社賛同しているということで発表がありました。ですが、プロジェクトが進む段階で数社が撤退したとも言われています。そのため、ノアコインのプロジェクトが成功しないと考えている人もいます。

フィリピンという地域密着型の暗号通貨に広がりがあるのか?

ノアコインに関してはフィリピンのために制作されています。基本的には、フィリピン国土、フィリピン人に向けたものです。暗号通貨の世界ではワールドワイドに使用されないと価値が上がっていかないと言われています。

 

果たして、フィリピンのみに需要があるだけで成り立っていくのか?という点を疑問視しています。それなら、ビットコインでいいじゃないか!という人もいますが、、、それはノアコインを取り巻くフィリピンと日本の環境をしれば理解できることです。

つまり、、、、何倍になるかというと、、、。

否定的な意見としては、ノアコインに関しては公開時はバーーーンと上がって、賢いホルダーたちは売り抜けて、あとは地を這う草コインになり替わると考えられています。

 

ここまでやって上場しないということはないでしょう。それこそ、詐欺で訴えられますからね。何かしら上場することは間違いないでしょう(僕の憶測)が、本当に10倍、100倍となるかは市場が決めるころなので確約はできません。

 

このような否定的な意見を聞いて、良い意見も聞いて投資する金額は決めていけばいいと思います。ノアプロジェクトが面白いな!と感じる人は投資すればいいし、悪い意見を聞いて危なそうだなって思う人は、スルーすればいいと思います。未来のことなんって誰も分かりませんし。将来的に暗号通貨が世の中か消え去る可能性もないとはいいません。

ノアコインを買うにはビットコイン必要に!

ノアコインを買うにはビットコイン必要になります。まだ、取引所を開設していない場合は、急いで口座の開設を行ってください。ビットフライヤーでもいいですが、現在は応募者が多数のために承認作業に時間がかかっているようです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

もちろん、ビットフライヤーに口座開設しておきましょう!ですが、他の取引所の方が早い場合もあります。複数に申し込みしておきて、早く開設できたところでビットコインを購入して、ノアコインの販売時に間に合うようにしておきましょう!

 

そこでおすすめな取引所としてはZaif(ザイフ)という取引所です。セキュリティもしっかりしている老舗なので信頼が厚い取引所になります。

もうひとつくらい申請しておいた方がいいでしょうね。そうなるとGMOコインをおすすめします。この3つの中で最もレートが低い取引所なので、ほかと比べると少しだけお得にビットコインを買うことができますので!

ということで、しっかりとノアコインを買うためにも事前に準備をしておきましょう!

関連記事

ノアコインのウォレットの使い方やエアドロップ方法を解説!

ノアコインの最新情報(2018.1月)!まだ詐欺だとか言ってんの?

ノアコインは詐欺?特徴を調査!最新情報や伊藤忠の動向も!

中国がブロックチェーンを認める!事実上、仮想通貨を認可か?

2019.02.15

有村ノブアキ(わらしべ長者)詐欺?注意点は?評判はいかに?

2019.02.15

仮想通貨バンク(泉忠司案件)運用益は?解約方法や評判は?

2019.02.15

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)仕様変更!使い方は?

2019.02.14

GGT・GGC(仮想通貨)上場取引所は?金本位制で爆上げ?将来性は?

2019.02.13








2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です